メイン

JRA

思てたんと違う!!

有馬記念は今年も惨敗・・・
レース前の予想ではダイワとマツリダで2強だと思っていたのだけど
もう完全なるダイワスカーレットの1強状態だったらしい。

ペースが緩まない消耗戦でも
実力のある前付けの先行勢が踏ん張ると思っていたら大間違いだった。
ダイワスカーレットの強さだけが浮き彫りにされたレース

2着アドマイヤモナーク
3着エアシェイディ
4着ドリームジャーニー

あたりは展開は有利でも実力的にちょっと厳しいかな・・・と思っていた組
先行勢がダイワスカーレットに掃除されて、差し馬が浮上してくるというパターン。
完全に先行勢の実力を見誤った自分の完敗でした><

まあ、まだ大井がある。
東京大賞典で取り返すからいいや(¬ε¬)

馬々の黄昏ブログランキング

有馬記念-前夜

一番好きな競馬のレース「有馬記念」
しかし今まで一度も当てたことがない。
ツインターボ、ウィッシュドリーム、メジロドーベル、サクラチトセオー、ファインモーション
幾多もの本命馬が沈んでいった。

しかし今年の有馬記念は違う!
ものっすごい自信がある!!

◎ダイワスカーレット
○マツリダゴッホ
▲アサクサキングス

でも、今まで15年以上有馬では夢や穴ばっかり狙ってきていたのに
本命・対抗を1、2番人気の馬で当てにいくのはどうよ?
とも思っていた。

思っていたんだけど、前売りオッズを見たらあらビックリ。
本線の3連複が40倍、3連単だと123倍
3連複10倍台、3連単50倍前後だと思ってたので嬉しい誤算

今年の有馬記念は前に実力馬二頭がいて、力勝負になると思っている。
勝負所からペースが上がった所で実力のない馬は後退していく流れ。
差し馬の台頭も考えたけれど、中山の直線を考慮すれば地力のあるGI馬が上位を占める可能性が高い。

カワカミ&サムソンにはもう往年の実力が望めない。
ドリームジャーニーでは少し心許ない。
スクリーンヒーローじゃ美味しくない。
コスモバルクよ、ここはシンガポールじゃない。

ならば▲にはアサクサキングスしかいない。
アサクサが溜めても伸びないことを知っている鞍上、四位洋文も心強い。
この馬には7回乗って菊花賞を含む2勝、重賞には6回乗って全て掲示板を確保している。
それでいてこの低人気。ここは絶好の狙い目!

そして金額配分にも迷っていた。
有馬の後に東京大賞典、SSフェスタがあるし、大井も大晦日までやっている。
ここは余力を残しつつ勝負しようか・・・とヘタレなことも考えていた。


しかし!!!

いつもブログを読ませてもらっているALADDINさんが

漢なら最低でも帯封はGETしなければならない!

と熱く語られていたのに感化されたので帯封を狙いにいきます!!!


2008有馬記念


取りあえず本線の3連単123倍×10,000円を前売りで購入。
あとはパドックなどを見ながら追加しようと思います。

馬々の黄昏ブログランキング

またルメールか!

超おめでとうございます。
エ女王杯とJCDで1,100万円の進上金お持ち帰りおめでとうございます(下世話すぎるおめでとう)

カネヒキリ
月、火、水くらいまでは本命だったんだけどなぁ…
武蔵野Sは全く追えずに0秒6差。
やはりあの走りを素直に信頼して、変わり身に期待しておくべきだったか。。

まあ、どっちにしろヴァーミリアンメイショウトウコンに負けるとは
露ほども思っていなかったので
どうやっても馬券は当たらないんだけど。

JCDの三連複の配当は7,040円、三連単が69,460円
三連単は組み合わせ的に三連複の15倍くらいつきそうなのに10倍にも届かず。
世の中には馬券上手が沢山いるんですね(´-ω-`)

自分の本命カジノドライヴは6着。
パドックや返し馬でもよく見えたけど結果はダメだった。
しかし今回はアメリカ帰りで出否が微妙な面もあったし
3歳最強ダート馬はカジノドライヴだと今日思ったので次回も狙います!

馬々の黄昏ブログランキング

ジャパンカップダート-前夜

今週はヴァーミリアンを負かせそうな馬は何かと考えていた。
サクセスブロッケンはJBCの時に、今年はヴァーミリアンに敵わないと思ったのでバイバイキーン♪

あとヴァーミリアンに勝てそうな馬は
底知れぬ魅力・カジノドライヴ、古豪復活・カネヒキリ、未知との遭遇・アメリカ馬3頭

そしてヴァーミリアンを負かせる可能性があると思っている5頭の中で
一番美味しくないと思っていたのがカジノドライヴ


なんだけど


カジノドライヴの調教をTVで見ていたら超絶にトキメいた!

鞍上の安藤勝己が調教後に興奮した口調で褒めていたとの報道も頷ける出来だった。

辛口の安勝が手放しで褒めるのは相当の事でしょう!
なんか今年の初頭にサダムイダテンとかいう馬がいたような気がするけど、よく覚えてない!

マイルCSのパドックを見ていた時にブルーメンブラットが最高によく見えて
そうか、GIを勝つような馬は素人目にもよく見えるのか!
とレース後に閃いたので、その閃きをここに生かしたいと思います。


◎カジノドライヴ
○ヴァーミリアン

☆3着候補のみなさん(出席番号順)
カネヒキリ
サクセスブロッケン
ティンカップチャリス
マストトラック
メイショウトウコン

カジノドライヴ→ヴァーミリアンから三連単で勝負!!!

今日の格言:
「GIを勝つような馬は素人目にもよく見える!」

馬々の黄昏ブログランキング

ジャパンカップダートの外国馬成績

ジャパンカップで大勝負したら転けたので不退転のJCダート
過去の外国馬成績を調べてみた。

2000年
ロードスターリング(米)6番人気3着
ユーカー(米)2番人気8着

2001年
リドパレス(米)2番人気8着
ジェネラスロッシ(米)7番人気9着
ディグフォーイット(米)12番人気11着
アエスクラップ(独)13番人気15着
キングオブタラ(仏)11番人気16着

2002年
リーバズゴールド(米)11番人気9着
アブリーズ(米)10番人気12着
レッドサン(香)9番人気14着
パプウス(独)14番人気16着

2003年
フリートストリートダンサー(米)11番人気1着
オウタヒア(米)13番人気9着

2004年
トータルインパクト(米)2番人気4着
オミクロン(独)11番人気15着
ヴォルテクス(英)8番人気16着

2005年
ラヴァマン(米)6番人気11着
タップデイ(米)9番人気13着
エキセントリック(英)15番人気16着

2006年
外国馬無し

2007年
スチューデントカウンシル(米)3番人気8着
ジャックサリヴァン(英)15番人気12着
キャンディデート(英)13番人気15着

■DATE
JCダート出走の外国馬22頭の成績は【1.0.1.20】
勝率 4.5% ワイド率 9%
二桁着順の馬は実に13頭。二桁着順率 59%

これだけを見ると、外国馬は上位人気に推されている事も多いし蹴るのが得策?

しかし、毎年のJCDにおいての最上位馬は全て米国所属馬
米国所属馬の成績は13戦して【1.0.1.11】
勝率 7.6% ワイド率 15.3%
二桁着順の馬は4頭。二桁着順率 30%

そして今年JCダートに参戦する3頭は全て米国所属馬
フロストジャイアント は今年の米GIサバーバンHを快勝
ティンカップチャリス は通算9戦8勝(GII一勝)と底を見せていない
マストトラック はハリウッドGCSを勝っているので、JCDを勝てば報奨金1億円がGETできる

うーむ・・・悩ましい・・・
全頭切りにくいんですけどー (・ε・;)
まだまだ悩みそうなジャパンカップダート

馬々の黄昏ブログランキング

外国騎手を買っていればいい?

そんな気がしてまいりました。。。

ミルコ・デムーロ!
日本のGIレースは皐月賞×2、ダービーに続いて4勝目

スクリーンヒーローはどう見ても2枚落ちくらいだと思ってたんですけど・・・
参りました(-_- )

もし蛯名正義が乗っていたら、JCを勝てたのかに興味があるけれど
それは考えても答えの出ない問題ですね。

今日はスクリーンヒーロー&ミルコ・デムーロに乾杯&完敗

馬々の黄昏ブログランキング

JC優勝騎手の名はドッシャー

残り200mでディープスカイがぶっちぎりで先頭
その後ろから二頭が追い込んでくるも交わせそうもない
と思った瞬間にディープスカイが失速
勝った馬の鞍上はドッシャー
金髪の嫁と歓喜の抱擁をするドッシャー

そんな夢を見た。

起きて出馬表を見ると

ドッシャーなんて騎手はどこにもいない (・ε・;)

予知夢キタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!!!

と思ったのに、全然きてませんでしたー


思えばGIレースの前日にそのレースの夢を見た事はあるけれど
それが正夢になった事なんて一度もない。

1994年のオークス週の水曜日
枠連1-1で777倍をゲットする夢を見た。
そんな話を友人にしていたら、枠順が決まって1-1の前日オッズが780倍!
これは正夢になるちゃうんかと!

当時のWINS横浜はGIの日は1,000円単位でしか買えなかったので
2人で500円ずつ出して1-1を買った。

結果
1枠1番メローフルーツ 13着
1枠2番テンザンユタカ 17着

ま、人生そんなに甘くないですよねー
(;・3・)〜♪

馬々の黄昏ブログランキング

ジャパンカップ-前夜

今週はジャパンカップの事ばっかり考えていたので
めっちゃ自信あるんですけどー
すでに当たる気満々の自分です(‐∀‐)

有力馬は5頭

1枠1番オーケンブルースリ
菊花賞の勝ちっぷりは強かったけれど、相手関係を考えると素直に飛びつけない。
同じようなメンバーでも、ディープスカイのダービーに感じたような世代レベルを超えた迫力は感じなかった。
今年の3歳レベルの中での菊花賞馬という感じ。
あとは1番枠が有利に作用しそうもないのもマイナス要因。


1枠2番メイショウサムソン
どうもオペラハウスの代表産駒テイエムオペラオーの晩年の成績がメイショウサムソンと被る。
能力が緩やかな下降カーブを描いているのなら
元々厳冬期の成績が芳しくないことを合わせて考えても、1着を取るのは相当厳しい予感。


2枠4番ウオッカ
東京はベストの舞台で不安点は距離だけ。
去年のJCでは、道中最後方から物凄い脚で突っ込んできたものの最後は完全に止まった。
ウオッカの今年のローテを見てもマイル〜2000mが最適距離と判断しているような使い方。


5枠9番ディープスカイ
マイナス点が一番少ないのがこの馬
この期に及んで3歳馬は2kg貰いというのは美味しすぎる。
天皇賞(秋)は折り合いを欠いた場面がありながらタイム差無しの3着
秋3戦目で、当初から陣営が目標と公言していたジャパンカップなら状態も最高潮。


7枠13番マツリダゴッホ
左回りがダメというよりも、恐ろしい程の中山適性
59kgを背負った今年2戦の勝ち方は明らかに地力強化の証
正直、今回のJCで3着にでも入れれば有馬記念は確勝級な気がする。


外国馬はJCを目標に来たというよりも、呼ばれたから来た感が満載なので消し!


自信の本命はディープスカイ
対抗は石橋守を買ってメイショウサムソン、▲はウオッカ
三連単9→2→4で大勝負! 押さえで9→4→2
あとは何もいらないくらいの勢いです!!!

馬々の黄昏ブログランキング

マイルチャンピオンシップ-前夜

先週の京都は内側も随分荒れてきて、枠別連対データを集計しながら
「マイルCSは外枠の差し馬が圧倒的に有利」という結論に達したのに
今週から仮柵を3m外側にずらしてCコース使用とか…

JRAの土川健之理事長には
ボクがデータを調べる前に、その事をこっそりと教えていただきたかった…
JRAの理事長の名前とか、たった今ググって知ったけど(¬ε¬)

ホントにGoogle先生はなんでも知っておますなあ…感服


マイルCSの本命は、初志貫徹でずっと前からスーパーホーネット
天皇賞(秋)をスキップして完全に初GI制覇に照準を合わせてきた。
実力NO.1の馬が信念の仕上げ。ここは負けられない一戦。

相手は牝馬二頭でずっと悩んでいた。
スロー~ミドルペースならブルーメンブラットだけれど
ここはマイネルレーニアの逃げに内からローレルゲレイロがある程度行く形
ハイペースは元々必至。
さらに必要以上のハイペースになれば尚良しで○キストゥヘブン

▲カンパニー
△ローレルゲレイロ

馬連1点勝負に△二頭を絡めた三連複と三連単
ド本線でヒットして天国へキスどころか昇天します!

馬々の黄昏ブログランキング

当たる後悔と当たらない後悔

エリザベス女王杯は○→◎→▲で的中
馬券的には馬複、三連複、三連単が的中
+25,000円くらい

うーむ…印の割りには儲けが少なかったなと…
当たることなんて稀なんだから(;´∀`)
たまに当たった時にはガッツリ獲りたいなと思うわけです。

リトルアマポーラが頭まで突き抜けるとはあまり考えてなかった。
秋華賞を叩いて状態アップが見込めるし
競馬ぶりから桜花賞やオークスの着順以上に力がある事はわかっていたけれど
それにしてもあそこまで完勝するなんて思ってなかった。
そう考えると鞍上の+αはかなり大きい。

自分にしてもルメールだから買ってたというのは間違いなくあるけれど
GIレースをあっさりと外国人騎手に勝たれるっていうのは10年前から全く変わらない。
JRAのジョッキーにももう少し奮起していただきたいなあと。

もうね…

リーディングジョッキーが体を張った出オチとかしてる場合じゃないんですよ!!

馬々の黄昏ブログランキング

エリザベス女王杯-前夜

大井ラストトゥインクルで散々だったのでエリ女で取り返します!
自分、JRAっ子ですから!!


◎カワカミプリンセス
去年の宝塚記念は衝撃的だった。
先行勢総崩れの中、早め先頭で完全に勝ちにいっての6着。
次走に予定されていた札幌記念に全ツッパでぶち込もうと思っていたくらい。

前走の府中牝馬Sのレース振りはちょっと物足りないけれど
ここはカワカミの底力を信じて本命。


○リトルアマポーラ
ぶっつけの秋華賞からエリザベス女王杯というローテーション
武幸四郎からクリストフ・ルメールという乗り替わり

馬の調子にも鞍上にも大いなる+αが望める。
加えて馬場悪化にも不安無し。
9頭いる3歳馬勢で一番上に来るのはこの馬でしょう!


△ベッラレイア
今年前半は今ひとつも復調してきた感じ。
ハマった時の差し脚はメンバー中ナンバー1

△アルコセニョーラ
平坦向きの末脚はここでも脅威になるような気がするのだけど
間違いなくワンパンチ、ツーパンチ足りない。
その点を武士沢騎手の新婚パワーで補えばあるいは!?

△コスモプラチナ
思い切った競馬で一発大きな風穴を開けるかもしれない。


あとはカワカミプリンセス、リトルアマポーラから下ろされた(?)
レインダンス@武幸四郎に期待しようかと思ったけど
騎手の逆襲に期待してもロクな事がないというのは過去の経験則なのよね。。。
でもレインダンスは雨さえ降らなければ面白い存在。

取りあえず雨でも晴れでも、カワカミプリンセス-リトルアマポーラが超ド本線!
あとはおまけ!

馬々の黄昏ブログランキング

アルゼンチン共和国杯-前夜

昨日は武蔵野ステークスを当ててピザを頼むつもりだったのにあっさりハズレ・・・
ピザは今日当てて食べます!

競馬なんて買わないでそのお金でピザを頼めばいい
という極めてもっともな説も存在しますが
そんな正論に目を反らしながらのアルゼンチン共和国杯

◎アルナスライン
ようやく騎手が乗り替わったかというのが第一印象

アルナスライン君はずっと好きで買ってきたので、
鞍上内田博幸ならば今まで以上に自信を持って買える!

トップハンデの58kgでもこのメンバーで負けて欲しくないし、実力を普通に出せれば勝てる!
同じ58kgで2着だった目黒記念より圧倒的に与し易い相手。

○スクリーンヒーロー
▲ダンスアジョイ
△エアジパング

相手はどう見ても横一線
それならば人気もそれほどなく、さらにハンデが軽い馬を買うのが常道かなと。
特にスクリーンヒーローは重賞実績もあるのに53kg
前走ハナ差のジャガーメイルとは、斤量差をさらに1kg貰った。

アルナスライン頭→スクリーンヒーロー2、3着での三連単勝負


配当金でアルゼンチンに家を買います!!

嘘です! 買いません!

それはさておき、アルゼンチン代表の監督はホントにマラドーナで大丈夫なんですか?
賢明なアルゼンチン国民にいま一番訊いてみたい質問(‐∀‐)

馬々の黄昏ブログランキング

武蔵野ステークス-前夜

なんだか今週はGIの谷間で週中の競馬報道もあまり盛り上がることなく
小室哲哉一色って感じのウィークデイだった。

その中の一つにこんな見出しを見つけた。
「極貧小室哲哉、食事はオリジン弁当、ハンバーガー、ピザ」
まあまあオリジン弁当とハンバーガーは置いておいてと・・・


ピザはブルジョアの食べ物ですからっ!!

宅配ピザとか高くてよう頼まれへんですからっ!


うむ、
余は今週、これだけが言いたかった(‐∀‐)


武蔵野ステークスは府中得意の◎エスケーカントリー
ダート2100mで上がり34秒5の豪脚を使える馬がマイルで通用しないとは思えない。
連闘で出走してきた意気も買いたい。加えて鞍上も良し。

相手は実績通りに○サンライズバッカス▲ユビキタス△アドマイヤスバル
このレースは3点で取れるだろうとかなり自信満々デス!

ガッツリ当てて夕食にドミノピザを頼みます!

馬々の黄昏ブログランキング

馬券もレースも熱かった天皇賞(秋)

ウオッカとダイワスカーレット強い!
天皇賞(秋)の勝ち時計は1分57秒2のレコードタイム。
シンボリクリスエスの従来レコードを実に0秒8も更新。
この牝馬2頭は本当に凄い。完全に女の時代ですね。

でも一つ気になったことがあった。
それはゴール20mくらい手前から安勝が横を見ながら少し流し気味に見えたこと
これでダイワスカーレットが負けてたら後味悪いなぁ…
と思っていたらハナ差負け…

あれはどうなんだろう?
あの局面から追っても馬のスピードは変わらないという安勝の理論なのか?
安藤勝己はたまにああいう騎乗をすることがある。

馬に乗った事がない身としてはわからないのだけど
100%ファンの視点として言わせて貰うとあれは非常によろしくない。
ダイワスカーレット→ウオッカで馬券を買っていたファンは後味がよくないでしょう。

20mを追わなかった所で馬の負担が大して軽減されるとは思えないし
最後まで追っていれば「負け」にも説得力が出てくる。

素晴らしい好勝負だっただけに
最後の最後に役者の一人が息を抜いたように見えたのが凄く残念。


自分の馬券はディープスカイ→ウオッカ→エアシェイディの三連単勝負。
マジで帯封を狙っていたので、直線を向いた時は物凄く熱かった。

でもこれだけ熱くなれれば外れても悔いなし。
レース自体もかなり白熱して、馬券を度外視して楽しかった。

ディープスカイはスタートしてからかなりの距離引っかかっていたのも影響した感じ
最後は力尽きて止まってしまった。
それでも3着。次走ジャパンカップでもまた期待します!

馬々の黄昏ブログランキング

天皇賞(秋)前夜

3強、3強と盛り上がっている天皇賞(秋)

3強で買っても配当が全然つかないので
まず一頭消さなければならない(断定口調で)

オミットしたのは大阪杯以来の久しぶりのダイワスカーレット
ここは目標にされる不利もあるし、そう楽なレースはさせて貰えないでしょう。

ま、なんだかんだ理由を付けた所で、結局自分はダイワが好きじゃないんだと思う。
今まで一度も本命にしたことないし(¬ε¬)

あの安定感抜群のレースぶりはビワハヤヒデを思い出す。
思えばビワハヤヒデも好きじゃなかった。。。
ビワハヤヒデに生涯唯一本命を打ったのが今回と同じ天皇賞(秋)
そして初めて連対せずに吹っ飛んでいったビワハヤヒデを思い出す(´-ω-`)

どうも優等生タイプは好きじゃないんだよなぁ…

本命はディープスカイ
3歳世代は弱いとか、走破タイムが遅いとか色々聞こえてくるけれど、ここは迷わず本命
3歳世代が弱いのは事実だと思うけど、この馬だけは別格。
1枠2番という枠順も、3歳馬で2kg減の斤量で出れるのもかなり有利でしょう。
直線抜け出したウオッカを目標に豪脚一閃!!

対抗はウオッカ
総合的には最も有利な立場にいると思うけれど
今期の武豊マジックで2着でしょう。
むしろ2着でお願いします。

3着候補は天皇賞に全力投球組を狙いたい。
エアシェイディ、カンパニー、ドリームジャーニーあたり。

特にエアシェイディを猛プッシュ!
去年の安田記念16着以降は条件を問わず大崩れなし。
オールカマーを見るに、今回は好位からの競馬になるはず。
枠を考えても、直線内から脚を伸ばしてくる。
3着候補に一番面白い存在。

三連単2-14-3で勝負!
前売りオッズは240倍。

男らしく帯封を狙います!!

ネットで買うから帯ないけど!!!

何が来るんだ菊花賞-前夜

しっかし難しい・・・

単勝1番人気はオーケンブルースリで4.1倍
最低人気はホワイトピルグリムで44.5倍

人気が相当割れているので、1番人気から買っても相当配当はいい。
馬単の1番人気はオウケンブルースリ→マイネルチャールズで約24倍

自信がある人にとってこの割れオッズは美味しいのだろうけれど
さっぱり自信のないボクにとってはあまり好ましくない・・・

穴を狙って手広く多点買いをしても、配当的にはたかがしれてるし
かといって、絞って1点あたりの投資金額をあげるほどの自信なんてどこにもないし・・・

悩ましすぎる (・ε・;)

ちなみに現状の最低人気はヤマニンキングリー→ドットコム→ロードアリエスの12→7→6で30114.2倍
18頭立て三連単の最低人気が300万馬券ていうのはかなり割れている。
これは秋華賞の影響もあるのだろうけれど。

しっかし難しい・・・(二回目)

馬はどう考えても大した差がない。
展開ひとつでいくらでも着順が変わる気がする。

こうなったら騎手で買うというのも有りか。
過去10年で5連対、過去5年で4連対の横典は外せないところ。
あとは岩田康誠、武豊、安藤勝己、内田博幸、小牧太あたりか。

ん?
地方出身騎手ばかりな気がとってもするけど気にしない( ・3・)~♪

あとは馬でマイネルチャールズとアグネススターチ
これを1番人気の内田博幸をオミットした騎手選抜5人と組み合わせて3連複7頭ボックスで遊び買い。

結果はともかく、自信だけはいつも満々なのに、こんなに自信のないレースは久しぶり。
GIじゃなかったら絶対買わない。
GIだと参加しなきゃいけないよなって強迫観念は本当に恐ろしいですね (・ε・;)

馬々の黄昏ブログランキング

男は黙って一点勝負!

府中牝馬ステークス
カワカミプリンセス&ヤマニンメルベイユ

2008府中牝馬ステークス

◎カワカミプリンセス 2着
○ヤマニンメルベイユ 14着

ヤマニンメルベイユは4角で早々に後退。
全然面白くなかった(;・3・)〜♪


秋華賞
ムードインディゴ&オディール

2008秋華賞

◎ムードインディゴ 2着
○オディール 9着

ムードインディゴは走ってくれたけどオディールは完敗。。

それにしても3着のプロヴィナージュ・・・
どうやっても買えない・・・
単勝147.2倍(16番人気) 複勝39.0-66.1倍(確定値6,210円)
三連単 1098万2020円

じ、じうまんきゅうせんはっぴゃくにじゅうばい!!!

こんなん100円でも取ったら馬券人生は向こう10年くらい安泰っすね(;´∀`)
平成4年1月15日が子供の誕生日とかじゃないと買えないけど(¬ε¬)

馬々の黄昏ブログランキング

敗戦、敗戦

毎日王冠のウオッカの逃げには驚いた。
最後は完全にスーパーホーネットに目標にされて2着。

自分の本命馬フィールドベアーは開幕週の馬場で絶好の2番手
そのまま4角を回るもズルズルと後退・・・
道中同じ位置にいたアドマイヤフジが3着だし、完全な力負け。
自分の予想もフィールドベアーも完敗でした><


京都大賞典はアルナスラインとトーホウアランで縛っての三連単を買って見ていた。
アルナスラインは道中後方から3番手を追走。
その1頭後ろにいたアドマイヤモナーク(安藤勝己)に3角手前から仕掛けられて完全に壁を作られた。

敵に回した時の安藤勝己は本当に怖い。
そして味方にした時の和田竜二はビックリする程頼りない(-_- )

そのまま直線に向いてもまだ為す術なく押さえられている和田竜二・・・
仕方なしに少し下げて大外を回しての5着。
騎手が違ったら確実に結果も変わっていたレース。

しかしこの後に逆転の大井トゥインクルがやってないと気持ちを持て余すんですけどー
毎週日曜日は大井をやっていていただきたい( ・3・)〜♪

馬々の黄昏ブログランキング

毎日王冠-前夜

毎日王冠は準GI的なレースというイメージがあるのだけど
今年はその『格』に似合うのはウオッカ一頭だけ。

そのウオッカ。他は何一つ申し分ないのに鞍上がいただけない。
今年の彼は負のオーラを満載している気がする。
斤量の57kgも、性差を考慮すれば牡馬の59kgと同じ意味を持ってくるわけで・・・

前売り単勝オッズ1.6倍
勝つとしても、楽勝という感じの勝ち方は出来ないはず。
どう考えてもこのオッズはリスクとメリットが見合っていないと思う。
それでもこのメンバーでは外せないし、ウオッカちゃんは2着候補筆頭で。


次の実績馬ドリームパスポートも引っかかる。
今年の冬に稲葉厩舎に移籍して5戦。未だ馬券対象になったことがない。
主戦・松岡正海が騎乗停止中で、鞍上には三浦皇成。

そろそろ『結果』を出さなければいけないはずなのに
ここで『新人騎手』というカードを切ってくるのにどうしても違和感を感じてしまう。。
三浦騎手の実力に何の疑問もないけれど、「この一戦」に結果を求めるならもっと適した騎手がいるはず。
何故ここで『三浦皇成』なんだろうとちょっと考えてしまうので押さえまで。

色々色々考えて本命はフィールドベアーにすることにした。
春から好調をずっと維持。ローテも適度に間を開けて使っているので疲れもないでしょう。
調教絶好。ここは勝負と見た(・∀・)
ウオッカとの馬単12→3(45.3倍)で勝負!

あとはワイド転がし
フィールドベアーウオッカでは4倍しかつかないので却下!!!
相手はドリームパスポート&トーセンキャプテン

2008mainichiokan.jpg

転がしまくって「東京都競馬株式会社」の株を買い占めます!!!

馬々の黄昏ブログランキング

スプリンターズステークス-前夜

自信の本命スリープレスナイトが断然の一番人気
午前2時現在のオッズは2.4倍
こんなに人気になるとは思ってなかった。。。

そして対抗のキンシャサノキセキが二番人気
単勝オッズ6.7倍、スリープレスナイトとの馬連は8.1倍…

ここまで人気になるとは想定外でした><
みんなファイングレインとかスズカフェニックスとかもっと買えばいいのに(;・3・)~♪

本当は1、2番人気の組み合わせなんて買いたくないけど、今は三連単がある。

▲ジョリーダンス
前走、初の1200mでの競馬で見所十分
安田記念3着の実績を見れば格負けはありえない。
今回は内側の経済コースを通ってきて、直線で活路を見いだす競馬をするはず。
それに内田博幸の剛腕が加わればここは絶好の狙い目!

自信の一点は14→15→3 159.0倍

あとは押さえ程度に
横典が異常に怖いスズカフェニックス
連続1分7秒台は自力強化の証タニノマティーニ
夏の好調子を持続しているビービーガルダン

明日の配当金で大井競馬場の前のマンション買います!!!

馬々の黄昏ブログランキング

眠れぬ夜

スプリンターズSの本命はもう決まっている。
スリープレスナイト(上村洋行)

ここ数年のマイル、スプリント路線は群雄割拠で絶対的な存在がいない。
連対馬の傾向も、調子のいい馬、臨戦過程が優れた馬が有利なのが顕著

それなら今年はスリープレスナイトでしょう。
去年の二着馬サンアディユとキャラが被るのもまたいい。

私、今回はもんのすごく自信があるんですけど!

そのスリープレスナイト
馬名の意味は『Sleepless Knight』
眠らない騎士。あるいは不眠症の騎士?(・∀・)

的な意味なのかと漠然と思っていたら違うらしい。
良く考えれば女の子なのに「騎士」ってちょっと変だし。

そして馬名の本当の由来がやたら素敵だった。

『Sleepless Night』
眠れぬ夜

由来は江戸時代末期の狂歌

泰平の 眠りをさます 上喜撰(蒸気船)
たった四はいで 夜も眠れず

表の意味は、お茶(上喜撰)を四杯飲んだら夜寝られなくなった。
裏の意味は、黒船(蒸気船)が四艘来港して、今までの平安が壊れそうで夜も寝られない。

この蒸気船と、スリープレスナイトの父クロフネがかかっている。

スプリンターズSでのスリープレスナイトちゃんには
その名の通り、ファンが興奮で夜も寝られないくらいの爆走を見せてもらいたい!
そしてボクに祝杯で夜も寝られないくらいの爆儲けを宜しくお願いします!(・∀・)

馬々の黄昏ブログランキング

神戸新聞杯&なんでも来い

いつの間にか2400mになってる神戸新聞杯…
いったいいつからなのかと思ったら去年からですか。。
去年からなら知らなくてもおかしくないね、うん( ・3・)~♪

今年の3歳馬は弱いと言われているけれどディープスカイだけは別格だと思っている。
毎日杯~NHKマイルC~日本ダービーはそれくらい強かった。
ここは不動の本命!
万全でなくても3歳同士なら負けてほしくない。

相手はペースが上がらなそうなので先行馬を重視
ダービーで自分から動いて2着を死守したスマイルジャック
ダービーの1、2着馬馬券1点で勝負!

押さえでブラックシェルヤマニンキングリーを絡めた3連複&単
払い戻し金で蔵を建てます!


オールカマーは難しいのでパス風味。
一番人気のマツリダゴッホは負担重量59kg
中山コースは大の得意でも敗因になりうる重量。

穴党としてはその方向性で予想したい所なのだけど
負かせそうな馬が見あたらないというこの事実…

レース名は「All Comer(なんでも来い)」なのに
メンバーはいつも通りな感じで、フレッシュさが全くないっすね(¬ε¬)

馬々の黄昏ブログランキング

セントライト記念の想い出

今でも覚えているセントライト記念は1995年
勝ち馬は中館英二騎乗の7番人気サンデーウェル

もう凄い自信でサンデーウェルは鉄板だと思っていた。
けれど相手が見事に抜け。
競馬の難しさを痛感したレース。

それから13年・・・
今年のセントライト記念は難しいからパス(¬ε¬)

代わりに簡単そうなローズSを買います!
本命はレジネッタ
サンデーウェルより自信あります(・∀・)

今年の上位陣はあまりレベル差が無いと思っているので、相手は使ってきた組を重視。
○ムードインディゴ
▲メイショウベルーガ
△ダイワスピリット

ムードインディゴは忘れな草賞馬
北海道で太めを叩かれて、休み明け二戦目。鞍上は主戦。
本番へ確実に歩を進めるためにもここは勝負がかりと見た。

人気のトールポピー、ブラックエンブレム、オディールは休み明けの上に
オークスは好走していても桜花賞は凡走している。
そう抜けて強いとも思えないので、オッズと量りにかければここは見送る一手。

馬券は三連単を買うと抜けそうなので、それは押さえに回して馬単3点買いで勝負!


万が一!


万が一外れるような事があれば



伊勢崎ナイターのオートレースグランプリで取り返します!

馬々の黄昏ブログランキング

背水の朝日チャレンジカップ

今週は重賞を4つともゲッツするつもりだったのに気付けば背水の陣・・・

今まで本命馬は総崩れ・・・
ドラゴンファイアー、スピニングノアール、マイネルフォーグ・・・
ユーたちはどこを走っていたんだと・・・今週一度もエキサイトしてないよ?

ということで今週一番の真剣勝負の朝日チャレンジカップ
関係ないけどマイフェイバリット朝日CC馬はヌエボトウショウです!

今年の本命はドリームジャーニー
このメンバーでは力が違うので、頭固定の三連単でいいと思うけど相手は難解。
穴っぽいのも見当たらないので点数を減らして勝負。

○トーホウアラン
▲ニルヴァーナ
△ホワイトピルグリム

スローペースを利してニルヴァーナが早め先頭に立つと予想。
そこに襲いかかってくるドリームジャーニー。
完全に交わされて戦意を削がれた所にトーホウアランorホワイトピルグリム

三連単はドリーム→トーホウ、グリム→ニルヴァーナ
7→8→2と7→3→2
二点買いで取れる!!


万が一!


万が一このレースまで外れるような事があれば・・・



大井に行きます(‐∀‐)

馬々の黄昏ブログランキング

安堵

先週末は一身上の都合で馬券はパス
買うとしたら北九州記念のスリープレスナイト(1着)だったのだけれど
相手がステキシンスケクン(9着)とレットバトラー(11着)だったので買わないで良かった。

マルカフェニックス(2着)は4、5番手くらいの評価だったけれど
パドックがよく見えたとしても確実にワイド転がしの相手にはしていなかった。

買えない日に当たらないのも好調の証だと思うことにしよう(・∀・)

馬々の黄昏ブログランキング

1コロゲット!

関屋記念は2点目のワイドが的中

2008sekiyakinen-t.jpg

2着リザーブカードと3着タマモサポートでワイド5-11は1,490円
目標の10万OVERまではもう2コロあればいけるか。

1点で買うよりも2点買いの方がイイ感じがするので、次回は7,400円の2点買い!

馬々の黄昏ブログランキング

関屋記念-ワイド転がし

懲りずにワイド転がし。
JRAの重賞なら日和らずに転がせます!!

◎リザーブカード
調教上々。休み明けは2戦2連対、休養2戦目も2戦3着2回
いきなりでも走れる気性。このメンバーなら格負けもない。

○フサイチアウステル
▲タマモサポート

関屋記念

そろそろ転がってくれないとつまらないよ?

馬々の黄昏ブログランキング

転がらず・・・

ワイド転がし一週目小倉記念は惜敗
ドリームジャーニー-ヴィータローザは1着4着
ドリームジャーニー-ニルヴァーナは1着6着

ドリームジャーニーには絶大な自信があったのだけれど、相手はあまり自信がなかった。
自信そのままの結末という感じ。

でもドリームジャーニー-ダイシンプランのワイドが360円つくならこれでも良かったかも。
結果論でしかない上、1番人気ダイシンプランには思いっきり目を背けていたけれど(¬ε¬)


あとは三連単でドリームジャーニー頭固定の6頭流しの馬券を買っていた。
しかし3着ケンブリッジレーザを買っていなかったのでドボン。

個人的に安藤光彰はまず買わないジョッキーなので今回も眼中になかった。
今風の言葉で言うとアウトオブ眼中?( ̄ー ̄)

馬々の黄昏ブログランキング

小倉記念でワイド転がし

ワイド転がし第一週
そして明日はパドックも馬体重も見れないので、先に買うことにした。
その分の保険を入れてワイド2点。
でもワイド転がしなら常に2点買いでもいいような気がする。
両方当たることだってあるわけだし。

しかしながらそんなクリーンヒットをしちゃった場合には
三連複とか三連単買っておけば良かったああああああああああああ
と欲豚的にはきっと思うけども(¬ε¬)


◎ドリームジャーニー
明らかに格上。それなのに前売り単勝オッズは5.0倍(2番人気)
3番人気サンレイジャスパー8.9倍、4番人気ミヤビランベリ9.7倍
ここらへんには絶対負けないと思うんだけど、オッズ的には意外と拮抗している。
これはどう考えても美味しい。


○ヴィータローザ
ロサードは01年小倉記念制覇、そして2年後の03年も優勝
ヴィータローザは06年小倉記念2着、2年後の今年も・・・あると思います!


▲ニルヴァーナ
過去小倉記念2番人気4着、小倉大賞典2番人気5着
今年のメンバーならもうワンパンチの上昇があって不思議無い。


馬券はワイドで二点
2008年小倉記念


馬々の黄昏ブログランキング

函館記念-前夜

函館記念難しすぎ・・・
どの馬に本命を打っても、説得力だけはある理屈を付けられそうな気がする。
センカクだけはどうやってもこないと思うけど(¬ε¬)

なんだか今夜は反抗期だったので、ハンデキャッパーに反旗を翻してみました(・∀・)ALL54kg

◎メイショウレガーロ
一にも二にも展開が向きそう。ハンデ、血統も良し。


○ブレーヴハート
稽古を付けている中谷騎手が調教師に自身の騎乗をアピールした前走を快勝。
ここはもう一度掴んだチャンスを生かしていただきたい。


▲ミストラルクルーズ
実績もあるし、函館の芝はかなり合いそう。前走からの上積みを期待。


三連単を買おうとすると絞るに絞れないので、無理矢理3頭にしてみた。
馬券はメイショウレガーロから馬連と馬単で2点ずつ


でも明日は関越ステークスの方が自信あり
ここは久しぶりでもシルククルセイダー
相手はマコトスパルビエロ、ドンクール、タガノエクリプス
もの凄く簡単に取れるね(・∀・)♪

馬々の黄昏ブログランキング

七夕賞&プロキオンS 激絞り

グラスボンバーから行こうと思っていた七夕賞
前売り人気を見ると結構な人気に推されている。
なんだか男らしくない(?)ので本命チェンジ!

◎ドリーミーオペラ
過去21戦して1着5回で着外14回
基本的に嵌るか、ぶっ飛んでいくかの極端なタイプ
左回りの前走には目を瞑って、ここは一発狙いたい所
福島最終週。荒れ馬場はかなり合いそう。


○グラスボンバー
8歳馬で57kgのトップハンデ
今年6戦して2着が最高でも、1秒以上負けたレースは一度もない。
前走エプソムカップでの3着を見ても、ここで3年ぶりの重賞制覇があっても。
ローカル開催は地元馬主を狙えという古い格言もある。


▲アルコセニョーラ
夏は牝馬、福島得意、鞍上中館
ノーマークには出来ない材料だらけ。
陣営も吹きまくっている。よほど状態が良いらしい。

ここは、ドリーミーオペラからの馬連二点で勝負!


プロキオンS
◎シルクビッグタイム
53kgの軽量で出走出来る3歳馬
遠征競馬も大丈夫というのはバイオレットSで証明済み
1月5日に56kgで京都1400mを1分24秒0で走れるならここでもやれる!


○ワイルドワンダー
1400mは完全にベスト距離
8枠というのも外枠が圧倒的に有利なこのレースのトレンドに乗っている。


▲サンライズバッカス
小回りの2300mが向いているわけがない。
前走は度外視。

シルクビックタイムから馬連二点、三連単二点!
これで明日は鉄板じゃ(・∀・)

馬々の黄昏ブログランキング

JRAとの電話

宝塚記念の15分前
重大なことに気付いた。
PATの加入者番号がわからない・・・
最近携帯を変えて、メモし直しておくのを忘れていた。。

でもエアシェイディはバッチリいい感じだしなんだか当たりそう(´¬`*)
ということでJRAのカスタマーセンターにTELしてみた。

ボク「すいません、PATの加入者番号がわからないんですけど」
受付「お名前よろしいですか?」
ボク「○○です」
受付「登録されてないですねえ・・・」

(;´∀`)


受付「住所よろしいですか?」
ボク「○○です」
受付「登録されてないですねえ・・・」


(;´∀`)


受付「電話番号よろしいですか?」
ボク「○○です」
受付「登録されてないですねえ・・・」

(;´∀`)


もういいです・・・

馬々の黄昏ブログランキング

宝塚記念-前夜

ここをズッポシと当ててCLUB A PATのGIランキングのTOPを取りたい所存であります。

◎エアシェイディ
7歳にして重賞初制覇。
前走の安田記念でも見せ場たっぷりの競馬。
スズカフェニックスと並んで追い込んできて最後まで抜かせなかった。

不安点もある。
前走は明らかにいらないと思えるほど入れ込んでいた。
それでも3着とは微差の4着にはビックリした。
今回は遠征競馬で王道路線のGIレース。
さすがに入れ込みがきついと勝負にならないかもしれない。

パドックを見て最終的にエアかメイショウで行くのか決めたい所


○メイショウサムソン
天皇賞のレースぶりを見ても衰えはなく、圧勝まであるかもしれない。
どうやっても対抗以下には落とせない。

14頭立て以下の宝塚記念は過去20年で14度あり
1番人気馬の成績は【8.6.0.0】
連対率100%というデータもある。


▲アルナスライン
今年3戦目というローテーション。メトロポリタンSの圧勝。
4歳世代で一番期待できそう。
ただ本気モードの武豊に対して鞍上は和田竜二。
申し訳ないけどメイショウサムソンより上に来そうな感じはしない。


△ロックドゥカンブ
△カンパニー
△サクラメガワンダー

馬券はエアとメイショウを軸に三連単フォーメーション
一番の穴馬はカンパニーだと思う。
エアシェイディと一緒に来て1000倍とか引っかからないかしら(*´ω`*)

馬々の黄昏ブログランキング

マジで! マジでえぇええ!!

自分、5月4日生まれなんですけど
ここ3週間くらい三連単が買えるレースでずっと5-4-7を買ってたんです。
最後の7は単純に好きな数字という理由です(;´∀`)

※過去の馬券集(クリックで拡大)
5-4-7 5-4-7 5-4-7


それで今日は朝から家にいなかったので買えなかったんです。
まあここまで言えば誰でもわかると思いますけど・・・
思いっきり来てました、5→4→7が・・・

阪神11レース三宮特別
三連単5-4-7 34,980円

結果を見ると、どうやら2着は同着で5-7-4も当たり馬券。
本当は7万円くらいの配当が約半分になっている。

10万馬券とか100万馬券だったら目も当てられない所。
3万円台ならあっさり割り切れる。
350倍で本当に良かったデス
まあボクの買ってる時に来るのが一番いいんですけども!

馬々の黄昏ブログランキング

お得な馬券の買い方?

CBC賞はテイエムアクションから買ってスリープレスナイトが抜け
でも複勝を取ったので収支は微妙にプラス。

そのテイエムアクション
来るなら3着だろうと思っていた。
実際に買ったのは一頭軸マルチだったけれど、来るなら3着だろうと思っていた。

ただ3着付けってどうなのだろう。
「1、2着は今いちよくわからないけど軸馬は3着濃厚だよ。」
これは絶対に理論として破綻しているような気がする。
軸馬を負かせそうな馬がいっぱいいるのに、3着には来るだろうという自信。
これは絶対におかしいと思うんだけど、そういう馬っているんだよなあ。。。


ところでその3着付け馬券
どう買うのが正しいのか今日のCBC賞で計算してみた。
本命はテイエムアクション

CASE1 三連単3着付け総流し(272点)
2-5-15 213,120円

CASE2 ワイド総流し(17点)
2-15 4,380円
5-15 4,120円

CASE3 複勝(1点)
15 810円

CASE4 三連複1頭軸総流し(136点)
2-5-15 42,940円

これを元に100円あたりの配当を計算すると
複 勝 810円
三連単 780円
ワイド 500円
三連複 315円

完全に複勝の圧勝。
複勝なら1、2着でも当たるのに三連単3着付けよりも高配当。
三連単はリスクを考えると今回の場合一番効率が悪い。
アッと驚く馬が勝てばドデカイ夢が見れるけれど、総流しを買うにはリスクが見合っていない気がする。

馬々の黄昏ブログランキング

何が来るのかCBC賞

5回走らせたら5回違う馬が勝ちそうなCBC賞
いつもなら買わないけれど、ただ今絶好調中なので買ってみますか。

◎トウショウカレッジ
これだけ混戦でかつ中京なら、全馬がある程度の色気を持って乗るはず。
それならば最後の最後まで我慢して大逆転という筋書きがはまりそうな気がする。
前走はもの凄い脚で全馬差し切ったトウショウカレッジ
肝の座った鞍上も魅力的。


○キョウワロアリング
前哨戦を使ってきた組は目標もCBC賞だろうし、他経由組よりも重視したい。
今日の中京は内外フラットな感じだったけれど、差し馬にとって邪魔されない外枠は良。


▲スピニングノアール
休み明けのTV愛知OPを叩いてCBC賞
実績からいっても55kgは有利な条件


△テイエムアクション
△リキアイタイカン

穴ならテイエムアクション
芝ても通用するのは6ヶ月半ぶりのシルクロードSで0秒5差からも明らか。
ただ切れる脚が無いので、上がり33秒台が必要な決着になると苦しい。
なので前はハイペースから消耗戦になると堅く信じることにする(・∀・)


馬券はトウショウカレッジから買おうと思ったら5.5倍で一番人気
4倍を超えると一番人気馬の信頼度は地に堕ちる。。。

ならばテイエムアクション一頭軸マルチで夢を見よう(*´ω`*)

馬々の黄昏ブログランキング

GIランキング暫定2位!

オッズマスターズグランプリ

JRAがインターネット投票会員向けに開催している
「オッズ・マスターズ・グランプリ」のGI部門で暫定2位になりました!!

まあ2位とはいっても211位まで同じポイントなんだけど( ・3・)〜♪
ちなみに同ポイントでの順位決定のメカニズムは全く把握してません。

説明書とか一切読まないタイプです!


100位以内に入ると賞品が貰えるそうで
その賞品が「金箔最高配当馬券的中証明書」(桐箱ケース付き)

金箔最高配当馬券的中証明書


うん。

別に欲しくないね (・ε・)


でも折角のチャンスなのでGIラスト一戦、宝塚記念もがんばりますか。
てっぺんを狙っちゃいます!!

馬々の黄昏ブログランキング

安田記念〜確変継続〜

2008yasudakinen.jpg

本命のニシノマナムスメは4角で早々と失速。

しかしパドックであまりにもウオッカが光り輝いていたので
最終レース用に残しておいた資金をウオッカ頭の三連単に回した。

ウオッカ→ニシノマナムスメ&スズカフェニックス&アルマダ流し

そしてレース
残り50でウオッカ→アルマダの1、2着はほぼ確定。
最後エイシンドーバーがギリギリ粘り込んでいたときは興奮した。
突っ込んできたエアシェイディは全く買っていないし。

エイシンドーバーふわふわさんおかぴぃさんのお二人が押していて
なんだか怖くなったから塗っただけなんだけど(・∀・)

三連単5→16→3は145,630円

なんだか思いがけない出来事が重なって当たった馬券。
前売りで買っていたら絶対に当たっていなかった。

ありがとうおかぴぃさん!
ありがとうふわふわさん!
ありがとうウオッカ!
ありがとうアルマダ!
ありがとうエイシンドーバー!

ボクは今日も元気ですヽ(*´∀`*)ノ

馬々の黄昏ブログランキング

安田記念と的場文男

明日は的場文男騎手が大井から久々に中央参戦。
なぜウチの文男を安田記念に乗せないのかと。。

鞍上が固定されてない馬の中では
ドリームジャーニーとかジャストフィットすると思うんだけどなあ。
池添と文男様じゃ10馬身は違うよ? マブで(・∀・)


明日は久しぶりに早いレースから参戦。
予想は完璧です!

2R ◎デルマアンタレス
5R ◎ランドジーニアス
7R ◎デザフィオ
12R ◎ガオウ

賢明な皆さんにはバレバレだと思いますがジョッキーは全て的場文男です!
あえて言うと鉄板です!!

でも9Rのマルダイビレーだけはいらないです。
これはどうしようもないです!


さて安田記念
◎ニシノマナムスメ
今日を見ていても府中のトレンドは真ん中内目
ならば外枠に固まった追い込みタイプには走る前から若干のハンデがある。

適鞍のマーメイドSを捨てての出走。
去年3着のジョリーダンスと比べても遜色はない。
重賞勝ちはないけれど日本馬相手に見劣りするとも思えない。
内側でじっくり溜めて、絶好のコース取りで直線弾ければ栄光のゴールも見えてくる!


○ウオッカ
ニシノマナムスメを本命にしておいてウオッカを無視はできない。


▲スズカフェニックス
オークス、ダービーで連続不利の武豊の逆襲が見物。


△アルマダ
△グッドババ
△ブリッシュラック
△スーパーホーネット


馬券は手広く馬連&三連複で勝負!

馬々の黄昏ブログランキング

さあ東京ダービーへ

2008derby-sanpuku.jpg 2008derby-santan.jpg

今日の日本ダービー
すっっっごく久しぶりに気持ちよく当たった!

三連複&三連単が100円ずつ
他にも馬連&馬単&ワイドが的中。
35万円くらいのプラス

最近外れまくりでレートを落としていたけれど
それでもこれだけプラスになるんだから大満足♪
今日は気分良く寝れそうですヽ(*´∀`*)ノ

しかしJRAプレミアム10はいい制度
計算したら通常とでは払戻金が24,000円くらい違った。
次は有馬記念で適用されるそうで、それはそれは遠い。
どうせなら安田記念で適用してほしいです(´¬`*)


そして日本ダービーが終わり、次は6月4日大井で東京ダービーが発走
ニックバニヤンを駆って、敬愛する的場文男さまのダービー初制覇が是非とも見たい!

この日は何があっても大井へ行きます!
そして今週2本目のダービー馬券を頂きます!!

馬々の黄昏ブログランキング

日本ダービー-前夜

全馬ケチをつけようと思えばつけられるメンバー構成。
それなら今度こそ初志貫徹でいこうと思いました。

◎ディープスカイ
今年の3歳馬で唯一「これは強い!」と思った馬。
毎日杯の強さは圧巻だった。

この時点で次走の本命は決めていたのに、
NHKマイルCでは雨が降って馬場が悪くなるならと
レッツゴーキリシマに浮気をしたら見事な快勝。

その時にもう浮気はしないと決めました><
今年のダービー本命はディープスカイ
君に決めた!


○スマイルジャック
タニノギムレット×サンデーサイレンスなら道悪OK
皐月賞で崩れたといっても0秒9差
それ以前の重賞成績は素晴らしいもの。
気分良く走ればこのメンバーでも通用する。

鞍上小牧太も桜花賞を勝って一皮むけたはず。
勢いに乗ってダービーでも活躍していただきたい!


▲レインボーペガサス
皐月賞で上がりNO.1の末脚を繰り出した馬はダービーで好成績。
アグネスタキオンはサンデーの最良後継種牡馬の地位を固めつつある。
この血統は要警戒が必要だし、何よりも安勝が怖いです!


△マイネルチャールズ
△ブラックシェル
△レッツゴーキリシマ


馬券はディープスカイ頭の三連単で勝負!!!

馬々の黄昏ブログランキング

まあ最悪外れても目黒記念がある。

目黒記念が外れても夜には大井がやtt・・・

日本ダービーの想い出

そういえば去年はフサイチホウオーから買って6万負けた⊂⌒~⊃。Д。)⊃
どこ走ってたんでしょうか・・・
自信満々だったんですけど (・ε・;)

最も記憶に残るダービーは2000年
アグネスフライトの勝ったレース。
このレースも自信満々でアグネスフライトの単勝1万円
アグネス-エアシャカールの馬連3万円、他1万円買っていた。

そして見事に単勝510円と馬連600円が的中!
5万円が23万円になって戻ってきた。
500円玉大の大きさの肉が4つで2,000円っていうお店で祝杯をあげたのを憶えている。

馬券が当たったから言いますけど

あれはいいレースだった!!


あとはサニーブライアンが二冠を達成したダービー。
これも自信満々にサニーブライアンから買っていたのにシルクジャスティスが抜け。。。
わしの人生、こんなんばっかりや・・・

勝った大西騎手は勝利ジョッキーインタビューで
次の目標は何ですか?」と問われて
誰もが「三冠制覇です!」と言うと思っていたのに
来年もダービー勝ちたいです!
インタビュアーも予想外の答えに二の句が継げないという素敵な出来事があった。

それだけダービーというレースは特別なのでしょうね。
でもどう考えても三冠制覇って言うよなあ_( ̄◇ ̄)ノ彡

馬々の黄昏ブログランキング

ボロ雑巾のようだ!

東海ステークス

全く当たらないことこの上ない!
今年のJRAの重賞レースで一つでも当たったんでしょうか?
全く記憶に無い!

まずは転がす気満々の東海S
どっからどう見てもスローペースの中、ゲイルバニヤンは後方待機策・・・
しかし勝負所から仕掛けて行きつつ、最後までよく頑張った。
これは引き続き狙いたい1頭にメモ。


東海Sが外れたのでやる気がなくなったオークスは
レッドアゲートから穴馬へと馬連&馬単を少額購入。

レッドアゲートは前目につけてよく頑張った。
実力は出せたのではないでしょうか。

これはトールポピーの恐ろしい斜行っぷりを笑うレースとしてメモ。

馬々の黄昏ブログランキング

オークス-前夜

それにしても大混戦。
本命馬は割りとあっさり決まったけれど相手が難しい。

なのでここは転がし大作戦を採用。
東海S→オークスへと単勝転がし。
払い戻しが間に合わないだろうから当たったら現金で代用。


東海S
◎ゲイルバニヤン 和田竜二
3連勝の勢いで臨んだアンタレスSは9着
しかし条件戦の強い勝ち方を見ていると、重賞では通用しないと見限るのはまだ早い。
前走で初めて重賞を走った経験値を見込めるし、距離が伸びるのは血統的にも良い。
中京2戦2連対、東京で1戦1勝と左回りは連対パーフェクト。

「ここで狙わないでいつ狙うのか!」
とボクの何者にも裏打ちされていない自信が言っている(・∀・)


優駿牝馬
◎レッドアゲート 内田博幸
フローラSは完勝。まだ奥の有りそうな勝ちっぷりだった。
出走馬中唯一2400mを経験してるのも強みだし、血統的に不安も全くない。
道悪になっても問題なさそうだし、ペースが上がらなければ前々の競馬も出来る。
一長一短がある今年のメンバーでも一番不安点が少ないと見る。


前売りオッズを見てみると15.2倍→5.9倍
3,000円スタートで転がしても27万円になる。

「JRA君、それくらいで勘弁してあげようじゃないか」
とソファーにふんぞり返りながら葉巻を噴かしたい気分( ̄▽ ̄*)

四角10番手以下の桜花賞馬

過去20年で桜花賞を4コーナー10番手以下から
差し切った馬のオークス成績を調べてみた。

1994年 オグリローマン 1人気12着
1999年 プリモディーネ 3人気3着
2006年 キストゥヘブン 2人気6着

該当馬は3頭。
いずれも人気には推されていても連対無し。
桜花賞は1600mなので当たり前と言えば当たり前だけれど
その中でも距離に壁がありそうな桜花賞馬が並んでいるのも気になる要素。

これを3コーナーで10番手以下まで広げてみると

1989年 シャダイカグラ 1人気2着
1995年 ワンダーパヒューム 7人気3着
1996年 ファイトガリバー 4人気2着

3コーナー手前から自力で動いた馬はオークスでも好成績。
一番の勝負所で自ら上がっていける馬はやはり強い。


今年の桜花賞馬レジネッタの3-4角の位置取りは10-10
じっと我慢の待機策が奏功した感じ。
距離適性もマイラー気質が強そうな感じを受けるし
過去の例を見ると2冠達成はちょっと厳しいか!?

馬々の黄昏ブログランキング

ヴィクトリアマイル-前夜

今日の京王杯SCを見ていて
キストゥヘブンが除外されなければ、かなり良い勝負をしていた予感
ルールだから仕方ないけれど、テンイムホウ・タニノハイクレアあたりが出れるのに・・・

そのヴィクトリアマイル
ウオッカが来たらしょうがない。素直に参りました。
7ヶ月ぶりのベッラレイアも買いにくい。これも来たら潔く諦める。


◎ジョリーダンス
7歳にして未だ衰えを知らない意気軒昂な牝馬
昨年の安田記念3着で府中実績、GI実績も十分

今年3戦目のローテーションも最高。
安田記念へ向けて余力を残すより、ここを獲りに来ているはず。


○ローブデコルテ
去年のアメリカ遠征以来調子を崩していたけれど、今年に入って持ち直してきた。
ここ3戦は短距離戦で好成績だし、父コジーンに母父シーキングザゴールド
去年のオークスで負かしたベッラレイアにマイルで負ける道理は無い。


▲ブルーメンブラット
前哨戦・阪神牝馬Sで唯一頭後方からぶっ飛んで来た末脚は魅力的
あとは2番枠から上手く末脚を引き出せるか。


△ヤマニンメルベイユ
△トウカイオスカー


馬券はジョリーダンスからの馬連を本線に欲張って馬単を少々、ワイドで押さえ
この所ワイド狙いが絶好調なので、ワイドくらいは当たりそうな予感!!

馬々の黄昏ブログランキング

NHKマイルカップ-前夜

良馬場なら自信満々にディープスカイ本命だったのに関東地方は雨
レースまでには止みそうだけれどパンパンの良は無理でしょう。

そうなるとメインまでの馬場傾向は要チェック
去年はメインまでにひたすら外枠有利、内枠総倒れの状況が続き
その流れがNHKマイルCにも引き継がれて14→10→18という入着順
4着以下も12番→11番→17番→15番と7着までが10番より外だった。


馬場を見て直前で少し変えるかもしれないけれど信念の前予想

◎レッツゴーキリシマ
勝ちきれない、末が切れない、馬名がいけてない、騎手が頼りない
の4無い馬と巷では言われている(?)が、ここはチャンス。
馬場が悪化すれば父メジロライアンの血がそれはもう大騒ぎ。


○ディープスカイ
今年の3歳馬戦を見て唯一インパクトを感じた馬
脚質から馬場不安でも対抗以下には落とせない。
血統的には重馬場でも問題はなさそう。


▲ファリダット
武豊が選んだ良血馬
去年のトレンドである外枠の差し馬というのも良い

△エーシンフォワード
△ブラックシェル
△アポロドルチェ


馬券はレッツゴーキリシマから馬連と馬単で勝負!

馬々の黄昏ブログランキング

天皇賞(春)-前夜

のっけから全然関係ないですが・・・
私、もろキュウの「もろ」はもろにキュウリの「もろ」だと思ってました。
昨日まで(;´∀`)


ということで天皇賞(春)
ずーっとアサクサキングスでいこうと思っていたのに
前売りを見たら断然の1番人気

四位洋文の1番人気にはウオッカの幻影が見えるので買いたくないのよね。。。
過去10年の1番人気馬の天皇賞(春)での成績は4勝、2着無し。
やはり本命にするのはやめようではないか。


◎アドマイヤメイン
2年前の菊花賞で1000m通過58秒7という空前のハイラップを刻んで逃げた馬。
それでも大きく失速することなく、菊花賞レコードを上回る時計で勝ち馬から0秒3差の3着

今回、GIで人気の無い馬に乗らせた時だけは好騎乗が期待できる福永祐一が鞍上
他のアドマイヤ勢との絡みを考えても今回は間違いなく積極策に打って出る。
自ら逃げても良し、スローでは逃げないホクトスルタンの作るペースに乗るも良し。
消耗戦のハイペースになれば一発があってもおかしくない。


○アサクサキングス
菊花賞馬は強いんです理論からして対抗以下には落とせない


▲ドリームパスポート
アドマイヤメインが逃げた菊花賞の2着馬。
ホクトスルタン&アドマイヤメインがハイペースを演出するなら大いに出番がある。


△ポップロック
△トウカイトリック

高橋成忠厩舎の今年初勝利が天皇賞(春)というのも美しいけれど
逆張り勝負は基本的に分が悪いのでサムソンは切り。


正直、競馬場の中心で鉄板と叫ぶほどの自信はないので
馬券は馬単&三連複
軸はアドマイヤメインとドリームパスポートで勝負!

馬々の黄昏ブログランキング

菊花賞馬は強いんです

皐月賞馬やダービー馬に比べて菊花賞馬には後の活躍馬が多い。
ヒシミラクルのように人気薄で菊花賞を勝った馬も、その後順調に活躍している。

ということで菊花賞馬が翌年の天皇賞(春)に出走してきた時の成績を調べてみた。

データは過去20年

メジロマックイーン1番人気1着
ライスシャワー2番人気1着
ビワハヤヒデ1番人気1着
マヤノトップガン2番人気5着
セイウンスカイ2番人気3着
ナリタトップロード2番人気3着
エアシャカール4番人気8着
マンハッタンカフェ2番人気1着
ヒシミラクル7番人気1着
ザッツザプレンティ3番人気16着
ディープインパクト1番人気1着
アサクサキングス?番人気?着

前年の菊花賞馬は11頭が出走して6勝、3着2回、4着以下3回
勝率54.5%、複勝率72.7%

そして天皇賞(春)は4歳馬が圧倒的に強いレース
過去10年で8勝、2着5回
今年の該当馬は菊花賞馬アサクサキングスと菊花賞6着ホクトスルタンのみ

過去のデータを見るとアサクサキングスは馬券から外せない

馬々の黄昏ブログランキング

愛想が尽きた皐月賞

いつものスローペース症候群全開の競馬で
川田将雅騎手騎乗のキャプテントゥーレが逃げ切った。

その皐月賞の1000m通過は1分1秒4
馬場差もあるけれど、過去20年で二番目に遅い通過時計
一番遅かったのはネオユニヴァースの勝った年の1分1秒7(チキリテイオー

今回は明らかに混戦だった。
事実10着までが1秒以内の着差に収まっている。

それをあんな楽に逃がして2馬身半もの着差をつけられる逃げ切り圧勝劇
キャプテントゥーレを1円も買っていない身としては激しく萎えた。。

またいつもの馴れ合いスローペースかと。
レース前にじゃんけんでもして誰が逃げるのか決めてるんですかね?

GIなのにつまらないレースが多すぎる。
好位につけていた騎手たちが何もせずに終了では
追い込み馬を買っている身にはもうどうしようもない。

馬々の黄昏ブログランキング

皐月賞-前夜

初志貫徹で皐月賞は ◎ベンチャーナイン

複勝ころがしももちろんベンチャーナイン
皐月賞ベンチャーナイン


スタートで内から先手を伺う各馬を、外からノットアローン、ショウナンアルバがかます展開
ハイペースでも中山2000mならば色気のある馬たちは早めに動く。

残り200m、脚が上がった馬が続々とバテる中
後方でじっと我慢していた馬に勝機が到来する。

という読み。


その中でもベンチャーナインが一番我慢が利きそう
着順は伴わなくても着差は常に1秒以内。
出走馬中最速の末脚をマークしたことも一度や二度ではない。

ペースが早くなるという大前提で考えると
人気を加味してベンチャーナインが一番面白い。

前走スプリングS出走時に小桧山調教師はこんなことを言っていた。
「今野騎手が確保できたので出走させることにした」

武士沢の意地がみたい。

馬々の黄昏ブログランキング

皐月賞は逆張りでいこう

皐月賞の舞台となる中山2000mはトリッキーなコース。
ウイニングチケット、メジロブライト、ジャングルポケット、タニノギムレット、アドマイヤムーン
人気に押され、その後にGIを勝つことになる馬たちも皐月の舞台にしてやられている。

去年のヴィクトリー、サンツェッペリンの結果もまさに傾向通りで、皐月賞は前が絶対有利。
それはみんな知っている。
ファンが知っていることは、もちろん騎手も知っている。

そして今年の皐月賞は大混戦。
先週の桜花賞では2桁人気の馬たちが1、2、4着を占めた。
抜けた馬が不在。
これは皐月賞も同じ。ならば展開次第で人気薄の一発があってもおかしくない。


では前にいきそうな穴馬を買うのかというとそれでは芸がない。


今年の皐月賞が確たる本命不在の大混戦なのは騎手も思っていること。

どの騎手も色気を持って乗るはずで
勝つために好位に付けたくなる心理が働く以上、前は確実に早くなる。
今回の皐月賞、いつもの馴れ合いスローペースは無い!

この大前提で考えると、穴馬は前よりも後ろ
腹を括って後方でじっと待機していた馬に、最後の最後でチャンスが回ってくる。
イメージとしては、ソルトレイク五輪ショートトラックのブラッドバリー

最後の直線残り100m
TVのフレーム外からあっと驚く馬が突っ込んでくるかもしれない。

大外からベンチャーナインと武士沢友治が突っ込んできたら・・・
と考えるだけで夢がある。

馬々の黄昏ブログランキング

桜花賞-惨敗

evafuku.jpg


桜花賞は完全無欠のハズレ・・・
レジネッタ、ソーマジックはともかくエフティマイアはどうやっても買えない。
過去クイーンC直行組はイブキパーシヴが連対したのみ。
しかもそのクイーンCで6着、前々走はOP特別で6着。
これはどうやっても理詰めでは買えない。700万円も納得です(;´∀`)

三連単はともかくjpn1で転がしまくろうと思って買った複勝がハズレ

うーむ・・・

この春は複勝転がしで楽しもうとしたのに・・・

また皐月賞から転がし始めるとしよう(・∀・)

馬々の黄昏ブログランキング

桜花賞-前夜

今春のGIシリーズで複勝転がしをすることにした。
今回は第一弾「桜花賞
ここで外れてはその後が全く面白くない。

宝塚記念まで転がし続ける所存であります(・∀・)


◎オディール
ハイペースで後方組有利の阪神JFでは四角2番手から勝ちに行って4着
スローペースで前有利のチューリップ賞では出遅れて追い込みハナ、ハナの3着

今年の桜花賞は混戦だと言われているけれど
その混戦の中でも頭一つくらいは抜けていると思う。

クロフネ、母キュンティア
マイルがジャストフィットしそうな血統背景
GIの大舞台でJRA一頼りになる鞍上・安藤勝己
圏内は堅いでしょう!

2008桜花賞


対抗以降は穴馬を並べてみる。
こちらは明日のパドックや気分で変わる可能性もあるので馬券はまだ買わない。

○エイムアットビップ
▲ソーマジック
△シャランジュ
△デヴェロッペ

馬々の黄昏ブログランキング

皐月賞の本命が決まったと思ったけれど・・・

ディープスカイ

先週の土曜日は馬券を買った日経賞よりも
買わなかった毎日杯の方にインパクトを感じた。

ディープスカイの勝ち時計は1分46秒フラット
去年のナムラマースの勝ち時計は1分48秒0。
ただしこれは稍重馬場なので参考記録程度。

それ以前の毎日杯は2000mでの施行なので
これも参考記録になるけれど、1800m時点の通過タイムは

2006年アドマイヤメイン1分48秒3
2005年ローゼンクロイツ1分50秒5
2004年キングカメハメハ1分49秒6
2003年タカラシャーディー1分47秒6
2002年チアズシュタルク1分49秒8
2001年クロフネ1分46秒9

あと200m走らなければいけないというのを考慮しても
過去との比較でディープスカイの記録は燦然と輝いている。

勝ちっぷりの鮮やかさにも目を奪われて、
今年の皐月賞の本命は決まった!

と思っていたのだけれど、今日の新聞に昆調教師のコメントが載っていた。

距離適性を考慮して皐月賞ではなくNHKマイルカップに向かう

アグネスタキオン
母父Chief's Crown

少なくとも1800mで快勝しておいて、2000mで音を上げるような血統背景ではない。
確かに2000mでは唯一の惨敗を喫しているけれども、これは稍重の京都。
馬場が響いた可能性だって、その他の可能性だって否定できない。
3歳馬は1月から4月の間に成長だってする。
ここは是非とも皐月賞にチャレンジしていただきたかった。

再び本命不在の皐月賞に戻ってしまった。。

馬々の黄昏ブログランキング

高松宮記念 惜敗

う〜ん、惜しかった・・・
買った馬券はスズカフェニックスキンシャサノキセキの馬連1-10
抑えでキンシャサノキセキの単勝を買っていた。

結果は
1着.ファイングレイン
2着.キンシャサノキセキ
3着.スズカフェニックス

馬連2着3着で外れ、単勝も2着で外れ。。
抑え馬券の正解はワイドだったらしい。

そのワイドは770円。
勝負馬券は1点勝負だし、7.7倍なら抑えとしては十分な配当だったけどこれは結果論。
残り100mの時点では「単勝はもらったぜ!」と思っていたわけだし(;´∀`)
キンシャサノキセキは追ってくるファイングレインの格好の目標になってしまった。

ファイングレインはこれで1200m4戦4勝。
1分7秒1の勝ち時計は、高松宮記念のレースレコードも更新した。
従来はサニングデールの1分7秒9なので、0秒8の大幅更新!
しかし明らかに時計の出る馬場状態なので、新星誕生という程のインパクトは感じない。
これからも短距離路線は群雄割拠の戦国時代が続きそう。

馬々の黄昏ブログランキング

高松宮記念前夜

混戦が予想されている高松宮記念
個人的には二強だと思っている。
スズカフェニックススーパーホーネット
この二頭の実力・実績が抜けている。

しかしぶっつけ本番で1200m戦も初めてのスーパーホーネットに盤石の信頼は持ちづらい。
人気になることも考えると今回は消し。
本命はあっさりとスズカフェニックスで決まった。

前売りの単勝オッズで見ると、他で人気を集めているのは
ローレルゲレイロ、ファイングレイン
しかしこの二頭は人気の割りに他馬との力差は無いと見ている。
一番人気から買うのに、この二頭では相手としての妙味が全く無い。


◎スズカフェニックス
去年の覇者で、安田記念5着、マイルCS3着
他馬とは積み上げてきた実績が違う。
高松宮記念はレベルの高いGIとは言えないので、ここは同馬の実力を素直に信頼。
1番枠も土曜日に芝のレース6戦中2勝。最終週でも内側の不利は無い。


○キンシャサノキセキ
今回は時計勝負が濃厚の中京競馬場の馬場状態。
ならばこの馬が大きく浮上してくる。
かかり気味のレースが多く、時に大ポカをやらかす事もある馬。
しかし全ての能力を全開にした時のパフォーマンスはいまだ未知数。
平坦の中京1200mは、そんなこの馬が完全燃焼出来そうな舞台


あと面白そうなのはマイネルシーガルブラックバースピン
マイネルシーガルにGIの時計勝負は辛い所だけれど
このメンバー構成ならそうハイレベルな決着になる可能性はそう高く無い。

ブラックバースピンは左回りで全ての勝ち星を挙げている左回り巧者。
中京を知り尽くしている鞍上中館英二も心強い。今年は地味に全国リーディング2位。


しかし自信満々なので、余計な馬券はいらないかなと。
スズカフェニックスキンシャサノキセキの馬連1-10一点勝負!
前売りでは23.2倍。
それだけつけば十分ですっ!!

blo_ran.gif

地域ギャップ

この間久しぶりに関西に行ってエスカレーターの位置取りに戸惑った。
関東だと右側を空けて乗るのだけれど、関西は左側を空けて乗る。
そういえば、そんな事を聞いたことあったなぁと思いつつ違和感はバリバリ。
まあ0.2秒でアジャストしましたけどね(・∀・)ノ

ちなみに愛知では関東と同じで右側を空けて左側に乗るらしい。


そして地下鉄がわかりにくい!
ちゃんと路線図を見て220円の切符を買って改札を出ようとしたら閉まる。
有人改札へ行って聞くと

「これはJRの切符で、ここは地下鉄の窓口なんです」
「梅田から地下鉄だと200円なんですけど、20円はお返しできないんですよ」
「でもここから通っていいですよ」

もの凄くわかりにくい。。。
地下鉄は地下鉄だけで走っていていただきたい!
地下鉄には何度か乗ったけれど最後まで意味不明だった。。。
あの複雑な路線を最初から把握出来る人ってそうはいないと思う。


その地下鉄でのエピソードを一つ
阪神競馬場でやられて、空きっ腹にゴリゴリとお酒を飲んだ後に地下鉄で移動した。
目的の駅に到着して、もの凄くトイレに行きたかったので一目散にトイレへと。

トイレを出て、駅から出ようと切符を探すも全く見あたらない。
さっきまで絶対にあったはずなのに・・・どこにもない・・・

ポケットというポケットを探しても見あたらないので
仕方なく駅員さんの所へ200円を握りしめて向かう。

「あのー、切符を無くしてしまいました・・・」


すると駅員さんはなんだかとても可哀想な人を見つめるような表情で


「そっちは駅の外側です」


あれれ〜改札から出た記憶が全くないよ (・ε・;)
地下鉄の駅って中と外がわかりにくい!(逆ギレ)
超ビックリした!

いやあ、お酒って怖いですね。。

blo_ran.gif

阪神競馬場見参

23日の日曜日に阪神競馬場へ行きました。
初阪神。
めちゃくちゃ綺麗でたまげました。

その阪神で1レースから買って外れ、外れのオンパレード
阪神ビギナーズラックがあってもいいのに・・・
これじゃいつもと何も変わらない

阪神競馬馬券

不調な時には遠征競馬がよく効くという
藤代三郎氏の提唱する遠征ショックはどこにあるのかと。

メインの阪神大賞典もポップロックからアドマイヤジュピタエイシンダードマンを軸に
三連単6点買いで勝負してドボン。。。

1レースから最終12レースまでいて的中したのは6レースの馬単1,440円のみ
初阪神は-27,000円でフィニッシュ


そういえば藤代三郎氏はこんなことも言っていた
遠征ショックは遅れてやってくる

今週の大井での爆発に大期待!

blo_ran.gif

気のないふりして横目でチラリ戦法

勝負レースがあまりにも当たらないので
このレースは勝負レースじゃありませんよー
軽い気持ちで買ってますよー

というアピールをしながら(誰に?)馬券を買ってみた。

レースは中山牝馬ステークス
本命はニシノマナムスメで1着固定の3連単フォーメーション
いつもはこの後に馬連だとか馬単だとか三連複だとかを買ってしまって
当初の予算を当然のようにオーバーするのだけれど、今日はそういうのは無し。

勝負の神様を騙さないといけないからね
( ・3・)〜♪

中山牝馬ステークス


さあ神様、今日の僕は遊びで買ってますよ
さあ神様、僕の馬券を当ててください(ノ≧∀≦)ノ

という下心丸出しの姿勢で望んだのだけれどあえなく外れ。
なるほど・・・神は全てお見通しってことか・・・

blo_ran.gif

今週の結果

土曜日
オーシャンステークス
◎サンアディユ(1番人気16着)
-5,000円

日曜日
仁川ステークス
◎カフェオリンポス(7番人気16着)
-4,000円

まさかの2レース中2レースとも本命馬がビリ・・・

土曜日のオーシャンSでのスターターは酷かった。。
明らかにトラブっていたのにゲートを開けて、結果大出遅れ・・・
挙げ句にスターターは「他の馬は影響なくゲートを出てくれた」とか胸張ってるし・・・

JRAは公正競馬を旗印にしているけれど、いつもファンの方を見ていない。

それでも日曜日の仁川Sを買ってしまうあたり、ファンの方にも問題ありまくり
一応5,000円買わないで4,000円にしたあたりが微々たる抵抗だったりするのだけれど
(;・3・)〜♪

blo_ran.gif

今週もまたいつもの通りに

中山記念で本命にしたエアシェイディは3着
最後の直線でプリサイスマシーンに進路をカットされる不利が生じたけれど
それが無くても2着馬との着差が詰まっていた程度。
今日は完敗。

ただ、じっくり大事に乗ってきた感じで
あまり勝ちに行く姿勢は見えなかったのが不満といえば不満。

どっちにしろ2着のエイシンドーバーを買っていなかったので
どうでもいいんですけど(;・3・)〜♪


阪急杯は狙うなら穴馬券だと思っていたので、どうやっても取れなかった。
馬券を買うならナスノストロークだと思ったけれど、少し足りない気がしたので自重
そのナスノストロークはスタートで出遅れて終了〜

しかし最後はメンバー中唯一の33秒台の末脚で6着まで詰めてきた。
冬から春にかけて調子の良い馬なので、もうしばらく追ってみても面白いかもしれない。

ナスノストロークの月別勝ち鞍
1月  1勝
2月  1勝
3月  1勝
5月  2勝
12月 1勝


blo_ran.gif

入金完了、中山記念

イーバンクに入金完了。これで買い漏らす事は無い。
買い漏らした方がお得だって話が無くもないけれど、無視無視( ´3`)

今日は中山記念
マイフェイバリット中山記念馬は文句無しにユキノサンライズ
増沢末男を背にメジロライアンを完璧に封じた逃げ足は本当に素敵だった。
芦毛のめちゃくちゃ可愛い馬でした。


明日の中山記念は4歳馬1頭に5歳馬が2頭
他は全て6歳以上で、9歳馬1頭に10歳馬が2頭という高齢馬の運動会。
本命は7歳馬にした。

◎エアシェイディ
7歳にして前走で初重賞制覇。
乗ってきたエアシェイディをこのメンバーでは止められない。
枠順、周りの脚質を見ても無理なく絶好のポジションに位置できそう。
あとは不利さえなければ、実力発揮に支障は全く無い。


○マルカシェンク
▲チョウサン
△カンパニー
△グラスボンバー
△アサカディフィート


馬券は三連単でエアの1、2着付け
エアシェイディ→2・7・8・11・12→2・7・8・11・12
2・7・8・11・12→エアシェイディ→2・7・8・11・12

計40点で非常に鉄板と言わざるを得ない!
問題はグラスボンバーあたりが来ないと高配当が望めないこと
ただそれだけ

blo_ran.gif

追い出しを我慢しすぎるバカは結果オーライでほくそ笑む


もう買う馬券は決まっているので

「あんまり早く行ってもレースまで暇だなぁ・・・」

と思い、家からWINSへ追い出すタイミングをギリギリまで我慢した。
そして最寄り駅に着いたらアナウンスが・・・

「只今強風の為電車が遅れております」

( ゚д゚)こいつはヤバイ・・・

幸いそれほど待たされることなく電車は来たのだけれど
元々がギリギリなので結構ピンチ。

そしてWINSへ着いてマークシートを塗っているとまたアナウンス

「只今東京11レースの発売を締め切りました」

( ;゚д゚ )えっ・・・

まだ3分くらいあると思って余裕ぶっこいていたら締め切られました><


そしてレース発走
ボクの本命のフィールドルージュ君はと・・・

( ゚д゚)さ、最後方・・・き、競走中止・・・

フィールドルージュ絡みしか塗っていないので、買っていたら全部紙くず
なんだか儲かったような気分で、颯爽とWINSを後にした。

blo_ran.gif

京都記念〜何気に背水の陣

明日当てないとイーバンクにお金が無い!
フェブラリーステークスを買う資金が無い!!

ということで明日当てます。
もし外れたら手数料210円払って入金するのは癪なので
電車代400円払ってウインズに馬券買いに行きます(・∀・)


◎ウオッカ
荒れ気味の馬場だけに大外枠になったのも良しととらえたい。
JCの疲れもあり有馬記念は惨敗も、JCは僅差の4着。
残り200mでは勝ってしまうのではないかと思わせた。

今回は有馬記念以来のレースで間隔も十分取れている。
THE・GIIともいえるこのメンバーにウオッカは負けない。

○ダークメッセージ
▲ドリームパスポート
△トウカイトリック
△トウショウナイト
△アドマイヤフジ

馬券はウオッカ頭の三連単のみで勝負(・∀・)

ウインズ行くのメンドクサイので当たりますように!!!

blo_ran.gif

買わない方が・・・

土日は忙しくてJRAは1レースも買わずじまい
しかしダイヤモンドSときさらぎ賞を結果を見て思う。

これは予想していなくてもわかる。間違いなく当たっていない!

1番人気のトップハンデ馬なんて絶対本命にしないし、最近のペリ江は全く買う気がしない!

良かった、良かった
買っていないだけなのに、ちょっと儲かった気すらする。

競馬歴16年の私、
どう考えても競馬で一番儲かるのは買ったつもり貯金だと思う

随分前からわかってはいる。

わかってはいるんだけど・・・JRAから貰いたいんだ!(魂レベルの叫び

blo_ran.gif

内田博幸と吉田稔

内田博幸騎手がJRAの騎手免許試験に合格
3月1日付けで中央移籍を果たす

大井競馬場で長年見てきて思うファン目線での感想としては
内田騎手の素晴らしい所は必ず最後まで追ってくること。

さすがに絶望的な位置にいる時は別だけれど
勝てないながらも馬券圏内に入れる可能性がある場合には全力で追ってくる。

この姿勢で何度も何度も嬉しい目を見たし
逆に最後の最後で猛然と3着に突っ込んでこられたり
もう完全に脚の上がっている馬を無理矢理豪腕で残されたりして
「そんなご無体な・・・」
と思ったことも一度や二度ではない。

しかし個人的な馬券を邪魔されようとも、その姿勢は素晴らしいの一語。
内田博幸騎手は、馬券が外れても諦めが付く説得力という武器を持っている。
これはファンが何よりも求めているもの。

大井ファンとして移籍してしまうことに一抹の寂しさは禁じ得ないけれど
2ヶ月のブランクもなんのその、一年目から関東リーディングを取っていただきたい!



翻って愛知の吉田稔騎手は3年連続の不合格

不合格の理由に付いては、きな臭い話が無責任に飛び交っている。
しかしそんな噂に信憑性を感じてしまうほど、不合格の理由が不透明なのも事実。

そもそも騎手経験者で二次試験に落ちているのは吉田稔騎手だけ。
それも3年連続で落ちている。
そして今年受けた新人騎手3人は見事に合格を果たしている。

試験が公明正大に行われているのだとすれば
新人騎手が合格して
通算2,000勝以上を上げている騎手が3年連続で落ちることがあるのだろうか?
それでなくても試験なんていうものは経験者が圧倒的に有利。

とても疑問を感じる。
JRAでは吉田稔をJRA所属にしたくないという思惑があって
後付けの理由で無理矢理落とされているという陰謀説の方に納得がいくのも事実。

しかし競馬マスコミはこの部分には全く触れない。
2月15日付スポーツ報知で吉田稔騎手について触れた部分は10文字×3行、不合格を知らせただけ。
JRAとしては真相を相変わらず闇の中に置いておきたいらしい。

blo_ran.gif

雪の共同通信杯

今日は競馬もオートも全滅・・・
オートは全く良いところがなかったし、競馬も軸馬が全く来なかった。。。
期待していた小倉9Rのボムシェルは7番人気で8着
可もなく、不可もなし・・・


明日は雪で順延となった京都と東京、そして南関は浦和競馬が開催
しかし東京競馬は本当に開催出来ないくらいの状態だったのか少し疑問
明日は建国記念日で祝日なので無理をしなかっただけな感じがとってもする。

月曜が平日だったら開催していたに違いないと思ったのはボクだけではないはず。
JC-DAYの週の3日間開催で金曜日にJRAを開催され、やれば出来そうな今回も無理矢理順延され・・・
可哀想な浦和競馬(´;ω;`)ウッ


それにしても共同通信杯は雪が多い重賞
エルコンドルパサーが勝った年はダート変更、ナリタブライアンが勝った年は雪で順延だった。

その年は一限目をさぼって華麗にWINS横浜に馬券を買いに行った記憶がある。
買った馬券まで憶えていて、ナリタブライアンカズサハリケーンの馬連1点勝負

なんだか昔の方が記憶が鮮明なのが不思議
その前のレースでサクラリュウセイを買ったことまで憶えていたりする。
そのレースの発走時は音楽の授業中で、隠れて携帯ラジオを聞いていたことまで懐かしく思い出した。

blo_ran.gif

懲りずに狙うぜ、小倉1200mを

100万馬券道を邁進する決意をした以上、一歩も引けない。
今週も小倉の1200m戦で100万馬券を狙う。
該当レースは9レースと11レース。
より勝負懸けは9レースの方。


小倉9Rサラ4歳以上500万下(牝馬限定)
◎ボムシェル
前走出遅れながら小倉の同条件で4着。
3角で落馬した空馬を避けるロスもあった。

そして何よりの強調点は血統面
昨日の小倉10Rの1200m戦でRahyの仔リッターヴォルトが快勝
2Rの1200m戦でも勝ち馬メインヴォーカルの母父がRahy
ボムシェルは父キャプテンスティーブで母父がRahy
小倉大賞典の時も書いたけれど、この時期の小倉はダート血統が好成績
その点で父キャプテンスティーブも心強い。

ただ唯一の不安点は出遅れ癖
外枠だった前回と違って今回は5番枠、出遅れて包まれたらゲームオーバー
出遅れ癖はオッズに織り込まれる以上、出遅れないことを祈るしかない。
出遅れさえなければ自信たっぷりの本命印!


馬券は三連単で5ボムシェルの頭固定
5→1・4・15・16・18のBOXで20点
あとは当日のオッズで5番頭から10,000倍台のオッズに無差別絨毯爆撃


小倉メインは休み明け馬が多いので前予想がしにくい
本命はドリームモアで動かすことは無いと思うけれど、相手が絞れない。
取りあえずボムシェルからドリームモアへと複勝を転がしたい

blo_ran.gif

小倉大賞典~ズレる

小倉大賞典の印
◎マイネルフォーグ
○シルクネクサス
▲アサカディフィート
△マルカシェンク

本命が穴馬なので他にも馬連や馬単を100円ずつ押さえていたりしたけれど
重視したのはこの4頭。

マイネルフォーグから買った3連複、3連単の相手はこの3頭のみ

なのに…

なのにぃぃぃぃヾ(>ω<)ノ"

痛恨一撃!
guiguiは縦目を食らった!

まさかのアサカディフィート、マルカシェンク、シルクネクサスでのワンツースリー
馬単   6,940円
三連複 8,660円
三連単 64,610円

うーむ…
マイネルフォーグは3着馬からクビ、クビ、クビの6着
人気(10番人気)に比べれば頑張ったけれど、この外れ方はちょっと悔しい。。

blo_ran.gif

荒れるはずの小倉大賞典

過去8年間の単勝の平均配当が1,713円
荒れるのが存在意義の小倉大賞典
今年も荒れます、きっと。

小倉大賞典では明日も上位人気を占めるであろう
サンデーサイレンス系が過去、意外なほど勝っていない。

小倉で施行されたここ8年間の優勝種牡馬は
パラダイスクリーク、サクラバクシンオー、スキャン、メイショウホムラ
アンバーシャダイ、コマンダーインチーフ、トニービン、サンデーサイレンス

8年前に直仔が一頭(ジョービッグバン)勝っているだけ
サンデー系は圧倒的な産駒数を誇るだけに、これはちょっと物足りない数字

勝ち馬を送り出した種牡馬はパラダイスクリークスキャンなどダート得意な種牡馬が目立つ
サクラバクシンオーアンバーシャダイ産駒もダートは下手では無いし
メイショウホムラは現役時代、完全なダート馬だった。

そして今回の小倉大賞典は最終週に施行される。
馬場の荒れも目立ってきたし
ここはやはり上位人気が予想されるサンデー系を蹴って穴狙いに走るしかない。


◎マイネルフォーグ
スターオブコジーン産駒の牡4歳馬
スターオブコジーンの代表産駒はニホンピロサート、ユーワファルコンなど。
芝、ダート共にこなせるし、距離適性が若干短めなのもこのレースの過去のトレンドに合っている。

ファイナルS、ニューイヤーSでは僅差の競馬を見せているし
ペースが上がりそうな上、外差しの決まりそうな馬場での12番枠は有利

相手を手広く流しつつ、マイネルフォーグの激走に期待

blo_ran.gif

なぜか勝負レースはこける

今日は徹夜明けで眠くなかったので東京の1レースから参戦
すると馬連14,050円がいきなりヒット!

認めたくないので今まで気付かないふりをしておりましたが

自分、遊びで買ったレースの方が遙かに的中率が高いです

欲を!

欲を言わせていただければ!!

勝負レースの本線で当てたいです!!!


その後、3レースと4レース外して仮眠

勝負レースは根岸S
本命馬はアドマイヤスバル
この馬に今日の勝負を賭けてみた。

すると3コーナーの勝負所でトウショウギアの故障の煽りを受けて
一気に最後方近くまで下がってしまい勝負はジ・エンド

と思ったらここからが凄かった。
大外を回して直線はグングン加速!
そして馬券圏内に突入する3着入線は大大健闘!!

というか不利がなかったら勝っていた可能性はかなり高い
それくらい受けた不利は致命的に映った。

不幸中の幸いは、勝ったのが1番人気のワイルドワンダーだったので
アドマイヤスバルが来ていても大して配当が付かなかったということか。。

blo_ran.gif

11,680円

荒れると読んだ小倉12R紫川特別の三連単の配当

三連単で118倍とか・・・めちゃくちゃ本命サイドです・・・
参りました><

馬券は14番のヴァーチュ(10番人気)を軸にして
外側有利な馬場だと読み、外枠の馬とで10000倍〜19999倍までのオッズにマークしまくった。

結果ヴァーチュは14着惨敗。。

軸馬で迷った18ベレッツァ(5番人気)は2着だったけれど
116倍ではどのみち買っていないのでどうでも良い。

とにかく荒れないことにはどうやっても取れないので、今回の100万馬券作戦は完敗でした。

blo_ran.gif

魔の小倉1200m

先週のふわふわさんのブログで小倉が大荒れと書いてあったので調べてみた。
すると大荒れレースが異様に1200m戦に片寄っていることがわかった。
まさに魔の小倉1200m、夢を呼ぶ電撃の6ハロン!

1月の小倉1200m戦 三連単発売レースでの配当

1月19日巌流島特別18頭2→10→430,380円77番人気
1月20日4歳500万下17頭10→15→7111,350円295番人気
1月20日エクセル博多開設記念18頭11→18→131,302,520円2230番人気
1月26日かささぎ賞16頭14→4→131,182,160円1279番人気
1月26日鳥栖特別18頭7→6→2836,940円2070番人気
1月27日4歳500万下18頭9→8→31,391,820円3080番人気
1月27日帆柱山特別18頭12→3→1120,420円4番人気

100万馬券が7レース中3本も出ている。
その100万馬券率は脅威の42.8%

これはもうトレンドにのるしかない!


Mission No.1 小倉1200mは100万馬券を狙え
今週の魔の小倉1200mにおける三連単発売レースは土曜2、日曜2の計4つ
この内土曜のレースは12頭立てと15頭立て、日曜9Rも15頭立て
これでは頭数が物足りない。

やはり狙うなら日曜最終の18頭立て紫川特別しかない!
このレースで100万馬券を狙う!

blo_ran.gif

勝負でこけて、遊びで笑う

勝負したフェラーリピサは爆沈の7着
若干距離が長いのは知っていたけれど、ここまで沈むとは・・・

4コーナーに向くまでは絶好の展開で、かなりトキめいていたのに・・・
完全に出遅れたロングプライド、59kgを背負ったボンネビルレコードにも差された。

勝ち馬から0秒4差とはいえ、ボクの予想もフェラーリピサも明らかに完敗でした。。


翻って予想外(!?)の好走をしたのがAJCCの本命馬トウショウナイト
4コーナーで手応えが全く無かった金杯とは違って、4角を余力十分に回ってきた。

そして一緒に上がっていったドリームパスポートに一旦は完全に離されて
さらには直線で進路を塞がれながらも、わずかに開いた隙間に飛び込んでの2着入線
渋いレースでした。

買ったのはトウショウナイトの単複のみなので、的中は複勝580円

AJC杯と平安Sでは、自信度も、入れた金額も全然違ったので今日は取りガミ。
でもトウショウナイトの激走が見れたので良しっ!!

blo_ran.gif

やっぱりダートが好き

AJCCには魅力を感じないのでトウショウナイトの単複のみ。
金杯での本命馬だし、馬体重が絞れた所でもう一度買ってみたい。
さすがに勝つのは厳しいだろうけれども。


やはり勝負は平安S
◎フェラーリピサ
前走門松Sは4着に終わったけれど、明らかに一番強かったのがこの馬。
1番枠が仇となってしまい、力を出し切る事なく終わった。

騎手は前回に引き続き岩田康誠
前走は取りこぼした感が強いので、今回はリベンジに燃えているはず。
鞍上にもプラスアルファが望める。

相手は非常に難しいので今回は自信のある単勝で勝負(・∀・)

blo_ran.gif

馬券は買いたいけれど・・・

今週は南関東の地方競馬は浦和開催
買いたいと思うレースが一つもなかったので1レースも買わなかった。

なので馬券買いたい病が発病(・∀・)
中央の土曜競馬でも買おうかと思案していたのだけれど
陣営の勝負気配がわからないのでとっても買いにくい。

というのも新聞を読めば聞こえてくる除外ラッシュの声
使いたいレースに使えなかったり、わざと除外されて優先出走権を取るつもりが滑り込んでしまったりと
各陣営とも対応に苦慮している様子。

これでは外野の一競馬ファンはすっごく買いにくい
馬の調子の善し悪しなどは、かなり結果に関わってくる部分が大きいし。

今のJRAの格付けは一発勝ち抜け方式なので、勝ち馬は自動的にランクが上がる。

今週行われる3場合計の条件別レース数はというと

500万下20
1000万下9
1600万下5
オープン2

来週には1000万条件の馬は今週より11頭増えるし、1600万条件の馬は4頭増える。
そしてオープン入りする馬が5頭増える。


特にオープン馬になると今週は重賞2レースのみしか組まれていないわけで・・・
もう明らかにレースが追い付いていない。
この事はもう随分前から言われているのに、一向に改善の余地が見られないのはどういうことだろう。。
4場開催に踏み切るとか、一日12レース以上施行するとか、何らかの策を講じていただきたい所

これだけの除外ラッシュだと馬券も買いにくいし、買うとしても勝負はしにくい。
自分と同じように考えて自重している人も多いだろうから、除外対策はイコール売り上げ対策にもなるのに。

blo_ran.gif

日経新春杯とハンデキャッパー

馬柱を見ながら日経新春杯の予想をして一頭よさげな馬をチョイスした。
成績の部分を見ながら選んで、ハンデを見たらビックリの55kg
◎グロリアスウィークはなんでこんなに背負わされているのでしょうか?

2着は2回あれど重賞を勝っているわけでなし、前走は1600万条件で4着
その前は重賞で9着、7着,8着・・・

前走でGIIを勝っている馬が57kgと56kg、そして去年の1、2着馬は両馬とも56kg
比較すればどう考えても54kgが妥当だと思うのだけど・・・
まあ、ハンデキャッパーにも高評価だと良い方向に思うことにしよう(・∀・)

ハンデ戦で大荒れを期待したいけれど力差が激しすぎるメンバー構成
相手は素直に人気馬のアドマイヤジュピタ、アドマイヤモナークの二頭
1-14と1-15の馬連とワイドで軽く勝負じゃ!


そういえば京成杯に出走するステルスソニック
新馬戦の出走直後にYOU TUBEにレース動画が上がっていたのをたまたま発見したので注目していた

確かに強い勝ち方
ただ勝ち時計が遅いので、相手が弱すぎてステルスソニックが際立った
という可能性も否定できないのが難しい所。

ちなみに新馬戦で5馬身差の2着に入ったベガスターカフェは次走11着
3着のシャンパンスコールはそれから出走していない

うーん・・・やっぱり難しい。
3歳重賞は見て楽しもう、馬券はパスパス♪

blo_ran.gif

生ファンファーレ

大井競馬のトゥインクル開催の後半3レースでは
ファンファーレ隊がレース前にファンファーレを吹いている。

彼らは開催中には毎日吹いているのに、何故かあまり上手くならない。。
以前は下手くそとハッキリ言えるレベルだったので、確かに進化はしているのだけれど・・・
カメのようなスピードで(;・3・)〜♪


そこへいくとJRAのGIレースの生ファンファーレは本当に上手い。
毎日調子の外れた大井のファンファーレを聴かされていると感動的ですらある。

例えば2007年ダービーのファンファーレ→YOUTUBEへ

2007年オークスのファンファーレ→YOUTUBEへ


うーむ、上手い。


それで去年初めて知ったんですけれど
NHKマイルCのファンファーレはさらに上をいく。
このレースのファンファーレだけは、世界に轟くNHK交響楽団の演奏。

これがまた別格の上手さ。

2007年NHKマイルカップYOUTUBEへ

2006年NHKマイルカップYOUTUBEへ

普段吹いている自衛隊の人たちなども上手いですけれど
やはりN響クラスになると素人耳にもハッキリと違いがわかる。

ちょっとテンポが遅いので、テンポの速いNHKマイルカップのファンファーレを今年は聴きたい。

blo_ran.gif

【おまけ】
1997年有馬記念ファンファーレ→YOUTUBEへ

最近知りましたけど、これは馬のいななきを表現していたんですね (・ε・;)
とても・・・わかりに・・・くい・・・です・・・

ガーネットSとかに道楽の話

ガーネットSの本命馬ベルモントサンダーはスタートで出負けしてジ・エンド
それでもスリーアベニューの36秒6に続く36秒7の末脚を駆使

36秒台の末脚を繰り出したのはこの2頭だけで、実力の一端は示したのではないでしょうか。
出負けしないでまともに出ていれば・・・と思わせる1戦ではあった。。


さて、ここからは関係の無い話
今日は法事の帰りにかに道楽で食事をした。
そのかに道楽がメチャクチャに混んでいてビックリ・・・

法事なので予約していたのですけれど、普通に入ると1時の時点で1時間待ち。
帰りの4時の時点でも入り口の所でかなりの人たちが待っていた。

なんでこんなに混んでいるのかといえば
ココリコの番組で「かに道楽のメニューを全て食べ尽くす」という企画がつい最近放映されたそうで
その番組が放映されてからというもの、凄い勢いで客が来ているのだと店員さんが言っていた。

法事の主催家の人が昨日、出席人数に変更があるので電話したのに
2時間半の間ずっと話し中だと言っていたのも頷ける混みっぷりにビックリした。。

TV番組の影響力はもの凄いのですね・・・

井崎脩五郎氏の予想がTV番組で発表された途端にその組み合わせのオッズが下がるのも当然か

blo_ran.gif

ガーネットステークス前夜

G3ということは秘かに国際指定レースなのですね。
外国馬は全く来る気配を見せないけれど(;・3・)〜♪


◎ベルモントサンダー
このメンバーで地力が劣るとは到底思えない。
大井と同じくらい走れればプリサイスマシーントウショウギアを物差しにしても見劣らない。
この2頭とは当時同斤で今回は3.5kg〜4kgの差がついている。
2勝している中山コースにも不安なく、石崎駿が落ち着いて普通に乗れば結果は出る。


○ヤマノルドルフ
6歳秋に条件戦を2連勝してオープン入り、7歳にして本格化の兆しを見せてきた。
差し、追い込みタイプが揃ったレースでこの馬の先行力は大きな武器
前走590kgのド迫力ボディに中身が伴ってくればさらに上が狙える。


▲スリーアベニュー
1200m12戦11連対 中山ダート2戦2勝 ダート重4戦4連対
去年の覇者は12kg増の休養明けを一戦叩いて当面の目標はこのレースか。
実績馬の中ではこの馬が一番有望そう。


△タイセイアトム
△トーセンザオー


三連単とか買っても全く当たる気がしない!
故にここは馬連とワイドを選択
ベルモントサンダーさえ圏内に来れば当たるハズです!!!

それなのに当たらなかったら死にます!
嘘です! 死にません!!

blo_ran.gif

ベルモントサンダーとフリートアピール考

日曜日の中山メイン「ガーネットS」に
我がホーム南関東からベルモントサンダーフリートアピールが出陣

ベルモントサンダーは元中央馬
中央24戦4勝 南関東4戦2勝(重賞1勝)

中央1600万条件で二桁着順を2回続けた後に、船橋・出川克己厩舎へと転厩
南関4戦目となる前走では、去年のJBCスプリントを勝った大井のトップスプリンター
フジノウェーブを破って重賞初制覇を飾った。

中央1600万条件では3戦して全て勝ち馬に1秒以上の差をつけられているが
これは全て関西圏で行われたレース。
輸送に弱かったり、環境が変わるのが嫌いといった力以外の要因があるのかもしれない。

交流重賞の成績を見ても今回のメンバーでは見劣り感はまるで無く
元ホームともいえる中山競馬場なら凱旋勝利があってもおかしくはない。


フリートアピールは道営2冠馬
南関東では18戦して5勝で重賞勝ちはおろか出走歴も無し

距離は万能にこなすタイプで、前走は大井1200mを好タイムで圧勝。
1800mでも1分51秒4という重賞レベルのタイムで2着馬を8馬身千切ったことがある。

しかし、大井の準重賞ですら2戦して6着と4着。
自分の形で気分良く走れないと脆い所がある馬で
ベルモントサンダーとの比較でも明らかに見劣とる。

初めての中山競馬場で、道営時以来久々の重賞では51kg+内田博幸でも厳しいか


南関好きとしてはこの二頭で決まるのが理想ではあるけれど、ちょっとファンタジーでしょうか。
一応馬連とワイドを少し買ってみるけれど(・∀・)

blo_ran.gif

ドバイワールドカップデー

ドバイワールドカップデーに日本から計130頭が登録しているらしい。

個人的には日本国内で出走して盛り上げてほしいけれども
日本の春競馬スケジュールは中距離馬やダート馬にあまり魅力的ではないので仕方ないか。。

しかし130頭の登録は凄い。
時代の流れというやつを痛感しますね。。


当日行われる国際競争は6レース

ドバイワールドカップG1ダート2000m
ドバイディーティーフリーG1芝1777m
ドバイシーマクラシックG1芝2400m
ドバイゴールデンシャヒーンG1ダート1200m
ゴドルフィンマイルG2ダート1600m
UAEダービーG2ダート1800m

この内、芝で行われる2レースは日本馬が優勝したことがある
ドバイディーティーフリーでは、昨年アドマイヤムーンが武豊を背に見事優勝
ドバイシーマクラシックは、ステイゴールドハーツクライが勝っている

メインレースのドバイワールドカップでは、トゥザヴィクトリーの2着が最高

やはりダート路線は壁が厚い。
特に米国のダート馬は本当に強い。
その中で日本国内には敵無しのヴァーミリアンがどれだけやってくれるのか?
去年は4着。明らかにパワーアップした今なら優勝しても驚けない。


あとはウオッカもワールドカップとディーティーフリーに登録している。
なんだかウオッカはどこでも登録しますね
なんだか節操無しって感じで素敵(・∀・)

今年の始動は京都記念からとのことで

最初に聞いた時はなぜ京都記念なんか使うのだろう・・・

と思ったけれどドバイに行くからですね、きっと。


これだけの豪華メンバーだと、JRAで馬券売ってくれたらもっと盛り上がりそうなのに・・・
さすがにドバイ国内で売ってないのに、日本の公的機関が馬券を発売するわけにはいかないですかね。

でももし発売するとしたら、実力以上に人気を集めそうな日本馬は全てぶった斬ります(・∀・)

blo_ran.gif

新年初当たり

うーむ・・・当たったときの方が後悔が多い。

今日の時点で口座の残高は1,800円。
金杯のような多点買いは出来ないので絞って購入。

買ったレースは京都メインの門松S
◎スリープレスナイト
○ドンクール
▲トラストジュゲム

この3頭の競馬だと思って、この3頭を軸に三連複と三連単。
そして抑えで馬連を購入した。

結果は
1着トラストジュゲム
2着スリープレスナイト
3着トーセンブライト

馬連5-12 7,340円

これを100円だけ的中。
3着のトーセンブライトは無印だったので三連複は外れ。。

収支は+5,540円


今日はすっごく自信があった。
ウインズ横浜まで追加で買いに行こうかと思ったくらい。

スリープレスナイト-ドンクールの馬連・ワイドを2,000円ずつ
スリープレスナイト-トラストジュゲムの馬連・ワイドを1,000円ずつ
ドンクール-トラストジュゲムの馬連・ワイドを1,000円ずつ

計8,000円

でもいつも自信あるのに来ないし・・・
今月はもう十分すぎるほどやられてるし・・・
わざわざ40分かけてウインズまで行ってお金減るのは辛いよなー・・・
と弱気になってしまった。

やっぱりそういう時の方が当たる。

しかし競馬をやっている人たちはわかってくれると思うけれど

何の後悔もない的中ってなかなか無い

blo_ran.gif

金杯で惨敗

今年も金杯は外れ・・・
なんだか今年も例年と同じ流れになりそうな予感・・・

しかし運命は決まっているものではない!
切り開くものなのだ!!(おおげさ


中山金杯は惨敗
狙ったトウショウナイトは4角手前で早くも一杯になって11着
ペースが上がった時に全く付いていけなかった。
調子や年齢から来るものもかなりありそうだけれど、もはや2000mは短すぎるらしい。

中山金杯



京都金杯は完敗
本命アドマイヤオーラは2着、3着カネトシツヨシオーも買っていた。
痛恨は勝ったエイシンデピュティを外したこと。
人気のエイシンを2頭は買えないと思って、考えた末にエイシンドーバーを取ってしまった。。。

それならキンシャサノキセキを切るべきだったか・・・
去年と全く同じパターンで、今年も彼は沈んでいった。
キンシャサは藤田伸二がただただ怖かったから切れなかった。。

京都金杯


なんだか地方も中央ものっけから不的中でよろしくない出だしだけれど


なーに今年はまだ始まったばかりだ( ̄ー ̄)

blo_ran.gif

一年の計は金杯にあり

10数年前は東西相互発売をしていなかったので
東西ともにレース名は同じ「金杯」だった。

それが相互発売をするようになったのでレース名も「京都金杯」「中山金杯」に。
最初はもの凄い違和感があったのだけれど、慣れって怖いですね。。

しかし自分にとって金杯は有馬記念と同じくらい当てたいスペシャルなレース。
なにか東西共に買うのは邪道な気がして、毎年どちらかの金杯だけを購入していた。

しかし今年の金杯はJRAプレミアム指定レースで払い戻し金に5%の上乗せが付く。
ならば初めて東西の金杯を買ってみよう。
そして両方当てて、新年からセーフティリードを取りたい(・∀・)


中山金杯
◎トウショウナイト
明らかに前走は叩き台
毎年この時期は調子がいいタイプ
逃げ馬不在でも金杯はスローペースにはなりにくいレース
1分0秒〜1秒の間の平均ペースが濃厚。好位につけて抜け出しを計る

○エアシェイディ
▲サイレントプライド
△トウショウヴォイス
△アサカディフィート
△???????

最後の一頭を当日にパドックを見て決めつつ
三連単1頭軸マルチで4トウショウナイトから印の5頭へ60点


京都金杯
◎アドマイヤオーラ
パンチの効いた穴馬が見あたらないので本命馬をチョイス
直前に熱発、休み明けの前走は力を見せた
ダイワスカーレットに勝って、弥生賞も勝った馬
皐月賞4着、ダービー3着。ここで足止めされるわけにはいかない


○エイシンドーバー
▲タマモホットプレイ
△カネトシツヨシオー
△キンシャサノキセキ
△???????

最後の一頭を当日にパドックを見て決めつつ
三連単1頭軸マルチで16アドマイヤオーラから印の5頭へ60点

今年は多点買いで高配当を狙います!(・∀・)

Club A-PATの憂鬱

今年のJRAも全て終わったのでClub A-PATの成績を出してみた。

ズタボロ・・・


■まずは競馬場別成績
競馬場別馬券成績

今年度でプラスになったのは札幌と福島だけ。
札幌は複コロで買ったフサイチパンドラの複勝、福島は憶えてない。

プラスになった理由は一つ
レース数を買わなかった競馬場でたまたま当たったから(;・3・)〜♪



■次は騎手別の成績
騎手別成績リンク

・・・

特にコメントすることはないです・・・


これで見ると、今年一番多くレースで買った騎手は蛯名正義
あまり好きじゃないのだけれど、安勝よりも購入レース数では上回っていることに驚いた。

来年はこの表を真っ赤に染め上げたい。ぜひ染め上げたい。とても染め上げたい。

blo_ran.gif

有馬記念はどうすれば取れたのか?

のっけからタイトルを否定しますけど
あれはボクにはどうやっても取れません(;・3・)〜♪

しかし思ったのは100倍とか300倍の本線に数千円を入れて
数十万〜百万オーバーを狙うのであれば
手広く100円流しをして大穴を引っかけた方が良いのではないかと。

今回の有馬で取れるとしたら、ダイワメジャーを3着に縛っての流し馬券。
例えばそういう買い方をした方が良いのではないかと。

今年の自分の競馬収支から考えるに
もし30万オーバーの馬券を1本取っていたら年間収支がプラスになる。

今年のGIレースは特に荒れていたし
その内の1本でも取れれば展開は大きく変わっていたという事。


そこで今年のGIレースの三連単配当を調べてみた

フェブラリーS54,210円
高松宮記念546,450円
桜花賞12,680円
皐月賞1,623,250円
天皇賞(春)306,390円
NHKマイルカップ9,739,870円
ヴィクトリアマイル2,283,960円
オークス57,000円
日本ダービー2,155,760円
安田記念63,140円
宝塚記念15,570円
スプリンターズS15,960円
秋華賞37,630円
菊花賞27,890円
天皇賞(秋)183,380円
エリザベス女王杯6,290円
マイルチャンピオンシップ24,050円
ジャパンカップダート16,310円
ジャパンカップ15,980円
阪神JF65,920円
朝日杯FS139,620円
有馬記念800,880円

この中の30万円以上の配当のレースでボクの本命馬が圏内に来たのは
デアリングハートヴィクトリアマイルだけ。。。

あれま・・・
買い方次第でなんとかなりそうなレースが、3つ4つはあると思っていた。
これは計画倒れもいい所でした・・・

しかし穴馬を2着や3着に縛っての多点買いはいいと思うんだけどなぁ・・・
年末の大井競馬で試してみよう(・∀・)

blo_ran.gif

年末GPシリーズ

なんだか有馬記念も外れて不愉快なので、年末GPシリーズに全参戦してやろうかと画策中

日にちレース名競技当落
12月23日(日)有馬記念競馬はずれ
12月24日(月)SS王座決定戦オートレース
12月24日(月)賞金王決定戦競艇
12月29日(土)東京大賞典競馬
12月30日(日)KEIRINグランプリ競輪

この内、スーパースターフェスタと東京大賞典は元々買うつもりだったので問題ない。
しかし賞金王決定戦とKEIRINグランプリは門外漢なのでさっぱりわからない・・・


競艇は前にイーバンクで競艇のネット投票会員になると1,000円プレゼントというキャンペーンをやっていたので、華麗に1,000円だけ貰って放置した(・∀・)
それから当然のように1レースも買っていないので700円くらい買っても良いかなと。
せこく+300円をキープして買おうかしら。競艇はわからないし( ̄∀ ̄)


競輪は親父の担当だったのでボクはやらないけれど、一応の知識はある。
しかしネット投票会員にはなっていないので、車券を買いに行かなければいけないのがネック。
調べてみると家から一番近くでは、川崎競輪場で売っているらしい。
行けたらこれも買ってみよう、700円。

もちろん700円に深い意味はない。

なんだかちょっと楽しそう。
700円くらいならギャンブルというよりもレジャー気分で楽しめるし。
年末はGPシリーズに全参戦する気概です!

blo_ran.gif

有馬記念が終わり【JRA終戦】

有馬記念、阪神ファイナルSが終わってJRAの全日程が終了
今年も散々な結果だった。。。


有馬記念は9番人気マツリダゴッホの完勝劇
3着はあると思っていたけれど、こんなに簡単に勝つなんて夢にも思っていませんでした。

今回は完全に内側の競馬
馬券圏内に入った3頭は、全て前につけて内側を通ってきた馬達
3コーナーで外を回った馬たちは見事なくらい完全に壊滅した。

人気馬が基本的に内側に固まっていたとはいえ、馬番1〜8番までが1〜8着を占めて、9番以降は9〜15着という極端なレース結果も今回の内側有利を証明している。

それにしてもTVで見ていて、レース後の場内の盛り上がりがほとんど見られなかった。
蛯名コールとは言わないけれど、もう少し盛り上がっても・・・と思うくらい静かに感じた。

中山競馬場にいたわけではないので、実際の所はわからないけれど
なんだか祭の直後にしてはいつもの盛り上がりがなかったように見えた。

まあ一番人気のメイショウサムソンは早々に沈んだし
前残りの競馬は、前を買っていない人間にはまるで盛り上がらないのでしょうがないのかもしれないけれど。


前から思っているけれど、有馬記念はレースの舞台を変えられないのでしょうか。
中山2500mはトリッキーすぎる。直線も310mと短いし。。。

天皇賞(秋)を中山で開催して、JC→有馬記念を府中開催にするのが簡単だと思うけれど、これは施行距離の調整が難しい。
ならば宝塚記念は内回り2200mだし、阪神競馬場の外回り2400mで開催するのも面白い。

でもきっとJRAはそんな改革案は出さないだろうから
せめて中山2500mを改修して、もっとスリリングな有馬記念用のコースを造ってほしい。

そうすれば有馬記念はもっと盛り上がるはず。

blo_ran.gif

有馬記念の本線を購入

直前でぶれたら嫌なので、取りあえず本線だけを先行購入

2007有馬記念馬券

メイショウサムソン→ロックドゥカンブ→ドリームパスポート&マツリダゴッホ
150倍と330倍。
当たれば一気に年間収支がプラスになる。

関東地方は昨日から雨模様
有馬記念も良馬場で行うのはかなり厳しそうな情勢
買ったのは雨でもマイナスが少なそうな馬達なので、個人的には馬場状態はあまり気にしてない。


明日パドックや馬体重を見ながら、本線を買い足すか、他への流し馬券を買うか悩もう。
なんだか今週一週間は有馬記念の為にあるという感じです(・∀・)

blo_ran.gif

3着欄をどうするか

有馬記念の本命、対抗馬は大体煮詰まってきた。
問題は三着欄。夢のグランプリで馬連とか買ってもしょうがない。
というか馬連じゃ相当ぶち込まないと今年の負債を取り返せない (・ε・;)

馬券は三連単で勝負!
今年の負債を一気に取り戻す所存。


有馬記念・過去十年間の三着馬(※年齢は現在の表記に統一)

1997年エアグルーヴ牝4O.ペリエ2番人気 3着
1998年ステイゴールド牡4熊沢重文11番人気 3着
1999年テイエムオペラオー牡3和田竜二5番人気 3着
2000年ダイワテキサス牡8蛯名正義13番人気 3着
2001年トゥザヴィクトリー牝5武 豊6番人気 3着
2002年コイントス牡4岡部幸雄8番人気 3着
2003年ゼンノロブロイ牡3柴田善臣3番人気 3着
2004年シルクフェイマス牡5四位洋文9番人気 3着
2005年リンカーン牡5横山典弘6番人気 3着
2006年ダイワメジャー牡5安藤勝己3番人気 3着


ダイワテキサスを除いて全て3歳〜5歳馬が占める
ダイワメジャー、ポップロック、デルタブルースあたりは過去の傾向では厳しい。
勝つ為に全精力を使う以上、年齢を増すと3着に粘る力が残りにくいのかもしれない。

そして展開や位置取りも鍵になる。
去年の勝ち馬ディープインパクトや、2000年テイエムオペラオーのように、四角10番手以下から勝ちきった馬はいるけれど、3着馬となると皆無。
4コーナーでは5番手あたりの絶好位からの流れ込みが多数を占める。
枠順的にも後方に位置しそうなインティライミ、チョウサンあたりを買うにはイヤなデータ。

2番枠で好位から競馬を進めそうなドリームパスポート
アメリカンボス、ダイワテキサスあたりとキャラが被る中山得意のマツリダゴッホ

3着欄の穴馬としてこの2頭をチョイスしたい。

blo_ran.gif

最内の歓喜、大外の悲哀

有馬記念の枠順が木曜日に発表
メイショウサムソンが1枠1番、ウオッカが8枠16番と明暗を分けた

16番枠は過去11回中一度も馬券圏内に来たことがないと
新聞に書いてあったので詳細を調べてみた。

1979年16ビンゴガルー3番人気 中止
1981年16ミナガワマンナ5番人気 9着
1983年16スイートカーソン15番人気 13着
1987年16マックスビューティ4番人気 10着
1989年16スルーオダイナ10番人気 8着
1990年16ラケットボール14番人気 16着
1992年16ライスシャワー2番人気 8着
1997年16アロハドリーム16番人気 12着
1998年16エモシオン9番人気 11着
2000年16メイショウオウドウ12番人気 8着
2005年16オースミハルカ12番人気 15着

まさに惨敗の歴史・・・
過去11回中の最高着順は8着。。。

比較対象として、1番枠のここ10年の成績も調べてみた

1997年1インターユニーク13番人気10着
1998年1マチカネフクキタル5番人気 13着
1999年1ナリタトップロード4番人気 7着
2000年1ツルマルツヨシ4番人気 中止
2001年1アメリカンボス13番人気 2着
2002年1シンボリクリスエス2番人気 1着
2003年1ツルマルボーイ6番人気 4着
2004年1ゼンノロブロイ1番人気 1着
2005年1マイソールサウンド15番人気 16着
2006年1ポップロック6番人気 2着

完全に好対照。
勝率が20%、連対率は40%を誇っている。

ちなみに1996年〜1987年の10年間の1番枠は【0.1.3.6】
やはり内枠が有利なのは間違いのない所。

ウオッカは中山向きには見えないし、3歳牝馬は軽視する方向なのであまり買う気は無かった。

しかし、この秋で一番調子が良いと四位騎手が語っていたし
ローテーションも秋3戦目でいよいよ本調子が出てくる頃でかなり怖かったのも事実。

でも大外枠に入ってしまったらもう買えない

blo_ran.gif

武豊のやる気がありすぎる

メイショウサムソン騎乗の武豊騎手が
なんだか自分を追い詰めるくらい吹いてて、超怖いんですけど。

東スポのインタビューで
JCは負けたというより、落としたという感じ。
 有馬記念だけは絶対負けられない。
 相手も強いが、いい状態だし、サムソンなら勝てると思う

 
他所でも武豊騎手の強気の発言が目に付いてきた。
レース前にここまで強気の発言をする事はそう多くないので、なんだかとっても怖い。

メイショウサムソンの中山競馬場での成績は3戦して2勝
中山コースは得意だと、陣営はもちろん評論家諸氏や新聞各紙の見解も一致
確かにコーナーを6つ回って、最後に急坂が控える中山2500mはサムソンに合っていそう。

陣営の気合いではロックドゥカンブメイショウサムソンでいい気がしてきた。

blo_ran.gif

マイケル・キネーンの心意気

マイケル・キネーン
アイルランドを代表する騎手
アイルランドリーディング12回獲得

今回の有馬記念ではロックドゥカンプの手綱を取る

これがとても怖い。あまりにも怖い。
南半球産のハンデがあるので、馬自身も斤量が通常より2kg軽い53kg
ますます怖い。

マイケル・キネーン自体は武豊安勝ペリエと比べて突出して上手いとは思わないけれど
今回は陣営に請われて有馬記念のみのスポット参戦

確かに勝った場合の進上金900万円は魅力的ではあるだろうけれど
人間なかなかお金の為だけではいつも以上の力は出ない。

これだけなら武豊の方がよっぽど怖い。

キネーンが乗ることはかなり早い段階(11月中)ですでに決定していた。

マイケル・キネーンによるロックドゥカンプの為の有馬記念

陣営のオファーを確実にマイケル・キネーンは意気に感じている。

自分の経験と照らし合わせても
自分の為より人の為にやってやろうと思った時の方が、やる気や力が出るもの。

馬7人3なんて過去の話。現代競馬は少なくとも馬5人5くらいになっている。
キネーンが120%の実力、200%の集中力を発揮すればロックドゥカンプの勝利も見えてくる。


しかし不安点も一つある。


どうもシナリオに出来過ぎの感が否めない

blo_ran.gif

3歳牝馬の有馬記念

メジロラモーヌの時代から、3歳牝馬の有馬記念での成績を調べてみた。

1986年メジロラモーヌ(2番人気 9着)
1987年マックスビューティ(4番人気 10着)
タレンティドガール(8番人気 12着)
1990年キョウエイタップ(10番人気 13着)
エイシンサニー(16番人気 14着)
1992年サンエイサンキュー(13番人気 競走中止)
1993年ベガ(6番人気 9着)
1994年ヒシアマゾン(6番人気 2着
チョウカイキャロル(9番人気 8着)
1996年ファビラスラフイン(4番人気 10着)
1997年メジロドーベル(3番人気 8着)
1999年フサイチエアデール(10番人気 9着)
2001年テイエムオーシャン(8番人気 6着)
2002年ファインモーション(1番人気 5着)

全14頭の成績をまとめると(競走中止が一頭)
1着2着3着4着5着6着7着8着9着10着以下
0100110235

上位5番人気まで支持された馬は5頭いて、いずれも圏外へと去っていった

過去に遡っても3歳牝馬で優勝したのは1960年のスターロッチ(9番人気)だけ
この非常に狭き門に挑む今年の2頭ウオッカダイワスカーレット
確実に両頭とも1〜5番人気に支持されそう。

過去のデータでは苦戦は免れないが、今年は基準外という感じもする。
64年ぶりのダービー牝馬と、そのダービー牝馬を寄せ付けなかった牝馬

かなり楽しみではあるのだけれど、自分はこのレースで3歳牝馬に本命を打つ気がしない。
1997年に3番人気に支持されたメジロドーベルと、2002年の1番人気ファインモーション
この二頭から馬券を買ってシルクジャスティスシンボリクリスエスの3歳牡馬になすすべもなく蹴散らされた記憶がどうしても消えない。

この時、1番人気や3番人気に支持された3歳牝馬はどう見ても完敗だった・・・
その記憶が抜けないので、3歳牝馬に本命はどうしても考えられない。

blo_ran.gif

馬券の買い方

今日は阪神カップだけ買ったら、当然のように外れ
でも今日は口座にお金が無いので、ALL100円単位で三連複を買っただけ。
三連複を4点お買い上げで総額400円。

残高25円

それでもかなり楽しめた。
10,000円買っても、3,000円買っても、400円買ってもドキドキ感は同じ。
それなら負け組は大人しく買っていた方が、精神的にも財布的にもよろしいです。

来週は有馬記念なので、さすがに最後の勝負をするけれど。


今日は400円しかなかったので均等買いをしたけれど、お金の配分って結構微妙

5点買いで予算が10,000円の場合

A 5000円
B 2000円
C 1500円
D 1000円
E 500円

ボクなら多分こう買う。
経験上本線で当たることは少ないので、均等買いが間違いなくいいとわかってはいるのだけれど・・・
まさかの本線で来たら悔しすぎるので、本線に半分。

でも濃淡をつける人の方が絶対多いですよね。

中でも自分の一番仲の良い友人は極端に片寄らせる。完全に本線集中型

A 8200円
B 800円
C 500円
D 300円
E 200円

こんな感じ。これは一発当たるともの凄くデカイ。
彼には何度ご祝儀を貰ったことか・・・

一度彼が絶好調の時があって、その時は当たれば10万オーバーでホント凄かった。
そのお金でキャバクラに通いまくって、嫁までGETしたのはまた別のお話。

blo_ran.gif

右脳派人間の阪神カップ

uno-sano.gif


なんだか、これが右回りに見える人は右脳派人間で
左回りに見える人は左脳派人間なのだそう。

どう見ても、右に回っているようにしか見えない

どうしたら左回りに見えるのだろうと思って10分くらい頑張ってみた。

彼女はずっと右回りだった。。。

これ、左回りに見える人いるのでしょうか!?
とちょっと疑心暗鬼を生ず(・∀・)


そんな右脳派人間の阪神カップ
スズカフェニックスは強い。
GIの前走もカンパニー(5着)に次ぐ33秒8の末脚で3着確保
今回は大幅に相手が弱化、マイルCSで下している相手も上位人気になっている。

しかし、ここは阪神競馬場
阪神は内回りだろうと外回りだろうと先行馬がアホみたいに有利。
春の阪急杯でもハナ差とはいえ、プリサイスマシーンエイシンドーバーの後塵を拝している。

今回スズカフェニックスには眠っていてもらいたい。
来ても配当つかないし(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

本命はそのスズカフェニックスを春の阪神1400mで下したエイシンドーバー
休み明けのマイルCSは見せ場無しの7着。一度叩いてGIIならやれる子。

対抗はアグネスラズベリ
夏の強行軍の疲れを取る為に、しばらく間隔を開けたのがいい方向に出そう。
1400mで5戦すべて3着以内、いこうと思えばある程度前にいける先行力もある。

馬券はこの2頭を縛って三連複と三連単
シンボリグラン、プリサイスマシーン、フサイチリシャール、ペールギュント


ここで一発当てて有馬記念の軍資金を稼ぎたい!

と思ったけれど

ここは控えめに買って有馬記念の軍資金を減らさない

という極めて消極的な作戦を採用することにした(¬ε¬)

blo_ran.gif

朝日杯FSの日の反省会

昨日の夜の午前3時過ぎに就寝して、起きたら16時だった・・・

すでに朝日杯は終了
馬券を買っている時間など、どこにもありはしない (・ε・;)
今日の反省点は寝過ぎ・・・13時間はいかがかと・・・


まあ朝日杯FSは元から買う気の無かったレース
例え買っていてもレッツゴーキリシマなんていう名前の馬は買わない自信がある

それよりも今日は阪神のメインレース、ギャラクシーSを買うつもりだった
スリープレスナイトで鉄板だと思っていた

当然起きた時間にはギャラクシーSも終わっているので
JRAのサイトでレース映像を見ながら結果確認

スリープレスナイトは4番人気で2着
勝ったのは初ダートのマイネルスケルツィ(3番人気)
馬連の配当は2,700円


微妙・・・

初ダートで3番人気とかとても微妙・・・

マイネルはきっと買わなかっただろうということにしよう

blo_ran.gif

鳴尾記念反省会

〜ハイアーゲームはどうしたら買えるのか編〜

今日の鳴尾記念はエイシンデピュティから買ったものの
1着のハイアーゲームが抜けで外れ

3着同着のアドマイヤ2騎も買ってないけれど
こちらは確信的に馬券から外しているのでまあしょうがない。。

ハイアーゲーム 牡6 56kg 藤岡佑介(初騎乗)
父サンデーサイレンス 母ファンジカ

過去の戦績
右回り 0.0.3.6
左回り 4.1.1.5

阪神芝 0.0.1.0

1800m 2.1.1.1

1年5ヶ月間の休養が明けて今回が3戦目

直近2戦の成績は
京都大賞典 7番人気9着
アルゼンチン共和国杯 7番人気6着


休養が長かったので6歳の12月といえども、あまり消耗はしていない
今回が22戦目の競馬
阪神競馬場でのレースはラジオたんぱ杯2歳S以来およそ4年振り

しかし長期休養明けの2戦がそれなりに良い競馬をしていてもここでは買いにくい
前走のアルゼンチン共和国杯は得意の左回り
0秒5差6着は休養2戦目でいい成績でも、競馬場が阪神に変わる今回は鵜呑みに出来ない

重賞ウイナーでもあるが、3年前の春の話
そしてハイアーゲームの勝ち鞍は全て左回りの東京競馬場で挙げたもの

うーむ・・・
なかなか積極的な買い材料は見当たらない・・・
馬券的に買えなくもないが、本命にするほどのパンチ力はどこにも見えてこない

これはフォーメーションの3着欄に残すことは出来ても
頭で買うのは自分にはどうやっても無理っぽい

穴馬の激走パターンは色々とあるので
それを掘り下げすぎてしまうと、データ的に買いだらけになってしまうが難しい所。。。

blo_ran.gif

爆穴上等鳴尾記念

有力馬に順調な馬が少ない鳴尾記念

菊花賞の疲労から中間楽をさせたドリームジャーニー
エリザベス女王杯を熱発で回避したレインダンス
先週に熱発したアドマイヤオーラは、さらに日本ダービー以来の実戦
札幌記念以来3ヶ月ぶりでテン乗りのアドマイヤフジ


まさに穴を狙ってくれといわんばかりの布陣

ありがとうございます


このレースで今年の収支をプラス域にググッと近づけます

本当にありがとうございます


本命は2枠3番のエイシンデピュティ
前走は寄ってきたバルクにちびって降着の憂き目を見るも、馬はそんな事は知らない。
降着の負い目などドコ吹く風で激走する。
前走後も順調な調整。岩田康誠が乗って2戦2勝

阪神1800mは内枠と8枠の3着以内率が極めて高いとJRAのサイトのデータも後押し

これで見ると連対率では4枠と6枠が激低
6枠の人気馬ドリームジャーニーシルクネクサスは華麗にオミット


相手はスローペースで決め手が生きそうなレインダンス
少ない産駒が驚異の戦績を収めているウォーエンブレムの子クランエンブレム

若干距離に不安有りでも、末脚は素晴らしいトウショウカレッジ
先団に付けて3着くらいに粘りこんでもおかしくはないフィールドベアー


エイシンデピュティからこの4頭への流し馬券
三連単は頭からで勝負!

blo_ran.gif

大逆転への望みはあるのか!?

今年の収支を見直してみた。
普段は吐き気がするから見ないようにしているのだけれど。。

今年の中央競馬の収支 -309,830円

その他、地方競馬とオートレースを入れた総収支はもう酷すぎ・・・
まさに惨状という言葉がよく似合う。

毎年、毎年、諭吉が虐殺されているのに
年単位で収支をリセットするから、反省が生きていない気がする。

でも馬券人生の総収支を常に見せられたらきっと生きていけない・・・
「忘れる」という機能は生きていくのに必要だからあると信じたい(;´∀`)

ということで今年の収支も12月31日で速やかにリセットする所存。


となると今年の収支を一気にひっくり返す大外強襲を決めるリミットはあと3週。
今年の収支が約-31万。
先団は非常に遠い・・・かなり離されている。

しかし届かない距離ではない!

しかし今週は2歳GIの朝日杯FS。
2歳戦で強力な差し脚を発揮するのは無理!

勝負は阪神カップと有馬記念になる。


レートを上げつつ本命狙いに走って傷を広げるか


爆穴を狙って派手に散るか


それが問題だ。

blo_ran.gif

白熱したジャパンカップ

うーむ…
魂のメイショウサムソン-ポップロックの1点勝負は2着、3着。

しかし最後の直線はなぜかウオッカを応援していた。
最後方からもの凄い脚。残り200mの段階では差し切れるように見えた。
4コーナーも最内からロスなく廻して、芝生の中程に進路を取ってからの鋭い切れ味。

今年のダービー馬の真価を見た一戦だった。

四位騎手は今回のジャパンカップやダービー、挑戦者の立場の時にはウオッカを見事に導くのに
1番人気を背負っている時は、安藤勝己騎手にやられっぱなしで見所の無い騎乗が目立つ気がする。

ウオッカは残念ながら残り200mで歴戦の古馬相手に少し脚が鈍ってしまったが、4着と大健闘。

勝ったアドマイヤムーンの岩田康誠騎手も格好良かったけれど
自分の目にはウオッカが一番光ったジャパンカップだった。


馬券は外れたけれどJCダート、ジャパンカップともにハイレベルでの白熱した好レース。
こういうレースを続けて見れるのならば、馬券を外しても競馬はまだまだ楽しい。

blo_ran.gif

ジャパンカップは1点勝負で

もうホームランを狙うのはやめた。
取りあえずヒットを狙おう。大振りしすぎて打率が酷すぎる…

それにしても今日のJCダート。ヴァーミリアンは強かった。
前走のJBCは大井で観ていたけれど、唸るほど強かった。
今回もそれに負けないインパクトで完勝、レコードのおまけ付き。
参りました。。。


話は戻ってジャパンカップ
ボクにはその昔、JCで外国馬にばかり本命を打っている時期があった。
ドラムタップスホワイトマズルレッツイロープ
すべからく惨敗…

しかし日本馬が圧倒的優勢になって久しい昨今。
全く外国馬を買う気がしなくなった。
日本馬自体が強い上に地の利まである。遠く欧州や米国から遠征してくる馬は辛い。


メイショウサムソン
前走の天皇賞では完勝。
目新しい対戦馬も外国馬とウオッカのみ。
他は勝負付けの済んでいる馬や休み明けのドリームパスポート。
一時は凱旋門賞を目指した馬として、ジャパンカップでは負けられない。


ポップロック
天皇賞では4角14番手から34秒4の末脚で猛然と追い込んで来るも4着止まり。
今年は国内で5戦して最低着順は前走の4着と非常に安定している。
前走の2000mよりも、今回の2400mにより適性が高いのは間違いない。
天皇賞よりレベルアップしているとは言い難いメンバー構成なら2着候補筆頭。


この2頭の前日オッズが馬連で6倍台。
これ以上買ってられません。
勝負は馬連の2-10 一点買い!

blo_ran.gif

そうだJCダートを買おう

今週はGIが二つ。
二つもあれば二倍当たりやすい。
今週あたり秋の連敗街道に終止符を打てそうな気がする。
というか今週当たらなかったら有馬まで突っ走りそうな予感が…ひしひしと…


メイショウトウコン
「武は武でもこーすろーだー!」 
と叫ぶ実況の声が聞こえます。
ええ、良く聞こえます。


フィールドルージュ
前走武蔵野SではレースNO.1の上がり34.8を駆使。
距離が500m伸びて、GIの緩まない流れなら末脚は更に生きる。
去年の3着馬、距離の壁もGIの壁も無い。


フリオーソ
ドラゴンファイヤーとの3歳馬比較では微妙も、南関好きとして船橋所属のフリオーソを重視。
今年の南関3歳馬の三強は全国区でも通用するくらい強い。
事実ロングプライドはJDDで既に退けている。


ドラゴンファイヤー
中央3歳ダート路線では今年の一番手。未対戦でもロングプライドより強そう。
非常にしっかりとした末脚は不発の不安を感じない。


スチューデントカウンシル
今年のアメリカは本気らしい。
毎年同じような事を聞いている気が激しくするけど(¬ε¬)


ヴァーミリアンは東京コースで2戦して3着以内が無いことだけを拠り所にして切った。


勝負は馬連でメイショウトウコンからルージュ、フリオーソ、ドラゴン
あとはドリーミーに三連単を押さえれば完璧♪

blo_ran.gif

JCダート、5年前の痛恨

忘れられないJCダートの痛恨は5年前。
本命はイーグルカフェ。
デットーリは競馬を始めたばかりの頃、中山で開催されていた「ヤングジョッキーズシリーズ」で初めて見た。
素人目に見ても明らかにモノが違った。
「この騎手は凄い、凄すぎる!」と思わせる技術と迫力があった。
ヤングジョッキーズシリーズでは4戦して3勝。圧倒的な力を見せつけて優勝していった。

イーグルカフェにそのデットーリが乗ると知って迷わず本命。
デットーリが乗れば5馬身は違う。

問題はそこから。
結果的に2着に入ったのは13番人気のリージェントブラフ。
馬連3-9は60,100円、馬単9→3は120,240円

これ、一回は塗ったんです…
ボクの大本線は1、3着のイーグルカフェ-アドマイヤドンだった。
一方3-9、9→3に塗ったのは100円ずつ。

100円なんて塗ってもしょうがないかと思って取り消し欄を塗ってしまった。
そして、その200円を本線の9→2に上乗せ。
あまりに痛恨すぎてマークシートを塗り直した時に居た場所すら憶えている。


レース結果は大井競馬場で知った。
その日は大井が開催していたので、ウインズ横浜で馬券を買ってから大井に行った。
大井で競馬オヤジ達がJCダートの結果を話していたのを聞いてしまった時には眩暈がした。。

あまりに痛恨すぎて競馬オヤジ達が話していた場所すら憶えている。

blo_ran.gif

最近の日曜日は憂鬱だ

なんだか日曜から今日までムダに忙しかった。。。
忙しいのは嫌いです><;

日曜日の結果
JRAにイーバンクの有り金を全部投入14,500円
全部マイルCSにぶち込む予定も、東京のメインを激しく買いたくなった。

当たった時のことを考えると予定金額は減らしたくないなぁ…

と思いつつ、どうせ当たらないから2レース買ってリスクヘッジ。
マイルCSに11,500円、霜月Sに3,000円

府中メイン霜月S
◎アドマイヤスバル
○クィーンオブキネマ

この2頭に絞る。最近激絞りがお気に入り。

レースはアドマイヤスバルが逃げ粘る所にトウショウギアが突っ込んでくる。
ちょっと遅れてクィーンオブキネマが続いてゴール。
馬連は見事に1着、3着。。

アドマイヤスバルの単勝560円×1,000円
クィーンオブキネマの複勝1,160円×600円

が的中。
払い戻し金は12,560円


続いてマイルCS
カンパニー1着流しで勝負したら見事にドボン。
内側は伸びないってばよ、福永くん。
まあカンパニーが来たところで、ダイワメジャーを1円も買ってないけど
(;・3・)〜♪

そして、久しぶりの的中に気をよくして予定外の最終レースを購入。
グリグリの1番人気の柴田善臣から買ったら華麗に飛んでいった。。。


今週は金曜日から中央が開催するのですね。
金曜日は浦和競馬も開催。せっかくの祝日開催なのに可哀想に…

blo_ran.gif

マイルチャンピオンシップ前夜

逃げ馬不在。
しかし、ここはローエングリンが逃げる。
陣営のコメントや調教を見ても勝つ気は皆無。

ローエングリンの魅力は小気味のいい、けれん味のない逃げ。
ならば引退レースの今回、後方侭では面白くない。
これぞローエングリンという逃げを見せてくれるはず。
スローペースにはならない。


カンパニー
2年前の優勝馬ハットトリックとちょっとキャラが被る。
切れ味はこのメンバーでも1番だと思っている。
直線が平坦の京都競馬場も得意にしており、枠も中程で絶好。
実績のある京都でこのメンバーなら一閃できる。

エイシンドーバー
春の京王杯SCではレコード勝ち。前目に付けての息の長い末脚は魅力的。
この秋鬼門の休み明けぶっつけ馬でも調教をしっかり積んでおり問題ない。
当レース3戦2連対を誇るルメールの手綱もとても合いそうで魅力的。

トウショウカレッジ
京都にも1600mにも良績が多く、まさにベストの条件。
デビュー時よりも40kg以上増えた馬体、そろそろ競争生活のピークを迎えてきた印象。
3着争いが混戦になった場合、どさくさに紛れて突っ込んできそうな雰囲気を漂わせている。
一番の穴はこれ。

アグネスアーク
キングストレイル


勝負は馬連の2-9
三連単はカンパニーを1着欄に塗って、エイシンドーバー2着流しとトウショウカレッジ3着流し
最後に押さえで単勝を買っておく。


いつもレース前は思うのだけれど…


すっごく当たりそう(・∀・)


blo_ran.gif

マイネルシーガルが好きなんです

マイネルシーガルが好きなんですよ。

彼に惚れたのは、いちょうS
スタートしてから300m付近で前の馬に挟まれて一旦ズルッと下がってしまったのに
そこから盛り返して先頭でゴールインしたレース。
素晴らしい勝負根性に感服した次第。

2006年いちょうS→You Tubeへ


いちょうSでは前にエアグルーヴも不利を受けて、同じようなレースをしていた事があった。
1995年いちょうS→You Tubeへ


当然、朝日杯FSはマイネルシーガルを応援するも5番人気で6着。
皐月賞も本命はマイネルシーガル。12番人気10着。
NHKマイルカップももちろんマイネルシーガル。6番人気8着。

ことごとく見せ場すら無かった。。。


しかし今秋、彼は一回り大きくなった姿を見せてくれた。

秋初戦の京成杯AHは四角9番手から鋭く追い込んで3着。
開幕週の馬場を考えると相当に強いレースをした。

そして次走の富士Sを快勝。

そして秋3戦目に満を持してGIのマイルチャンピオンシップにエントリー。

ここまで書けばおわかりのように私、マイルCSはマイネルシーガル



無印です!


いえね、マイネルシーガルは大好きなんですけど、どう考えても来る気がしないんですよ。

夏を越しての成長は嬉しい限りですけど、春のGIでは完敗でしたからね。
しかも皐月賞、NHKマイルCともにレベルが高かったとは言い難いレース。

切れる脚が無いので前走のような粘り込み競馬が理想でも、GIII戦の前走の着差はアタマ差。
総合的に考えてGIではやっぱり辛い。


馬券的には自信満々で無印。

こんなに威風堂々と言い切ったのにマイネルシーガルが連絡みしてしまったら
恥ずかしくてショック死するかもしれません…



【おまけの話】
ソンナノカンケーネ号が世間をちょぴっとだけ騒がせておりますが、
同じ馬主さんは「オッパッピー」という馬名も申請していたとか。
しかしJRAに却下されてしまったと夕刊フジの細江純子さんのコラムに書いてあった。

blo_ran.gif

馬券下手の反省部屋

ウオッカが取り消すのがあと30分遅かったらPATに残金がなく返還になって助かった。。

というのは机上の論理。
多分財布にあるお金を銀行に入れに行っていた。

それにしてもウオッカがいなくなり、残した馬は4頭。
スイープトウショウ、ダイワスカーレット、アサヒライジング、フサイチパンドラ
この4頭の内の3頭で1〜3着。
本命のフサイチパンドラは2着

何故これで馬券が外れるのかと自分に問いたい。
馬連も押さえていたが、ダイワスカーレット絡みはつかないから買わなかった。
買ったのは馬連と三連単のみで、ダイワ頭の三連単なんて買うわけがない。
予想は良くても馬券的には完敗の外れ。

三連複なら16倍が4点で取れていたと気付いたのは配当発表後。
三連複なんて戦前には眼中にないもの(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


そして柴田善臣クンはいつものように素敵だった。
スタートで半馬身〜1馬身程度の出遅れ。逃げると読んでいただけにこれは痛かった。
そこから2番手まで上がり、淡々と安勝のスローペースに付き合った挙げ句にドボン。
彼は何がしたかったんでしょうか。
勝ちに行くという姿勢を一度も見せることはなく、お約束のように消えていった…


善臣さんはGIに乗る騎手じゃない。
福島にでも行っていればいい。勘弁してくれ。


と思った秋の夜

blo_ran.gif

ダイワスカーレット三冠獲得!

ダイワスカーレットがエリザベス女王杯を快勝して、桜花賞、秋華賞に続いて今年の牝馬GI3勝目を挙げた。
ベッラレイアもローブデコルテも問題にしなかっただけに、返す返すもオークスの回避が惜しい。

それにしても稀代の名牝と称えられてもいいダイワスカーレットなのに、いまいちその迫力には欠ける。
いつもレース後に光るのはダイワスカーレットの強さというよりも安勝の巧さ。

今回も手綱を押さえながらの完全スロー逃げ。1000m通過は1分0秒6。
去年のシェルズレイの57秒4は例外としても、一昨年のオースミハルカが逃げたラップが1分ちょうど、3年前のメイショウバトラーは1分1秒0というラップタイム。
逃げた馬の格の違いから見ても、あまりに楽に逃がしすぎ。
なんでこんな楽に行かせるのかがわからない。


次はラップが一番落ち着く1000〜1400mのタイム
三年前 25秒1
一昨年 25秒8
去 年 24秒7
今 年 25秒4

ここでまたもや息を入れているダイワスカーレット。
もはやお約束の確勝パターン。

そこからは秋華賞と同じ。
エンジンを全開にして11秒台の連発で上がってくる。
これでは他馬につけいる隙などない。


穴党が、なぜそうなる前に手段を講じないのかと歯がゆく見ている前を
涼しい顔をしてダイワスカーレットが駆け抜けていく


勝ちタイムは超ハイペースの去年にはコンマ3秒劣るが
道中のペースが似通ったスイープトウショウが勝った年に0秒6差
アドマイヤグルーヴが勝った年には1秒7差を付けている。


安勝の腕を差し引いても、ダイワスカーレットはイメージ以上、相当に強い

blo_ran.gif

エリザベス女王杯前夜

ダメだ…

どうしても善臣が信頼できない…

別に嫌いではないのだけれど、GIレースで本命を打つ気にならなかった…


ウオッカ ※出走取り消し
四位洋文がウオッカの競馬に徹すればおのずといい結果が出るはず。
今まで安勝に凹まされてきたので。余計な小細工をしようとした時の方が危ない。
綻びさえ生じさせなければウオッカは強い。


アサヒライジング
レース展開を自分で作れれば古馬勢で一番前に来られると読んだ。
問題は逃げられるのかどうか。
逃げなくても問題は無いが、逃げ馬がいないなら主導権を握ってほしい。


フサイチパンドラ
基本的に前重視の今回の予想。3〜5番手くらいの位置取りか。
切れないがバテない脚は早仕掛けの好きな外国人騎手にピッタリ。
コスモバルクを真っ直ぐ走らせられる(笑)クリストフ・ルメールの手綱は魅力的。


ダイワスカーレット
ウオッカを下した桜花賞、秋華賞ともに安勝の+αが働いた印象。
今回の京都2200mという舞台設定は桜花賞や秋華賞よりもごまかしが効きにくい上、
力の抜けた3歳限定戦ではなく、初の古馬混合戦なのでそう簡単にレースは操れない。


スイープトウショウ
調子がいまいち読めないし、加齢による能力減退も心配。
さらには馬体重の不安もある。過去の最高体重は2006京都大賞典の470kg(2着)
前走はそれよりも10kg重い480kgでの出走。
ただ格は最上位。京都での爆発力は鬼脚という言葉がよく似合う。



と、ここまで書いていたらウオッカ出走取り消し。
今、馬券をIPATで買おうと思って塗っていた。
記入する時には大丈夫だったのに、購入画面で3番出走取り消しと出てきて買えなくなった。


ふーむ…考え直しが必要か。。。


◎フサイチパンドラ
○アサヒライジング
▲スイープトウショウ
△ダイワスカーレット

とりあえずの布陣はこれ。

柴田善臣を本命にする気はやはり起きない(・∀・)

blo_ran.gif

女王に相応しいのは誰か?

今週はウオッカとダイワスカーレットを負かせる馬は何かとずっと考えていた。

格的に考えるなら只一頭。
スイープトウショウしかいない。

牡馬を蹴散らして宝塚記念を勝っている歴史的名牝。
京都競馬場は過去10戦して6勝しており、京都コースのGIも二勝している。
エリザベス女王杯は4年連続の参戦。
過去3年の成績は古い方から5着、1着、2着。全ての年で最速の上がりをマーク。

正直データ上では、スイープトウショウに死角はない。

ただ気になるのが6歳という年齢。
去年のエリザベス女王杯でカワカミプリンセスはまだしもフサイチパンドラにも後れを取った。
1000m通過が57秒4というハイペースの中11番手から急追するも3番手での入線(2着)

それから一年経った今年のエリザベス女王杯。
今年3戦の結果を見ても、去年からの上積み成長は疑問。
一時は本命と考えていたけれど、馬体重が絞れてきたら押さえる程度に予定変更。


しかしスイープトウショウがGI3勝馬であることに変わりはない。
騎手は後方待機するスイープトウショウに最大限の警戒をするはず。

差しに構える有力馬にはダービー馬ウオッカもいる。
今回の施行条件でウオッカが自分のスタイルを崩すとは考えにくい。
今回のウオッカはまず待機策。去年のカワカミと同じ8番手くらいをキープすると読んだ。


そうなると展開面で浮上してくるのがアサヒライジング
しかし、ダイワスカーレットの外側に入ってしまったのが少し気懸かり。
2番手でも競馬は出来るが、望めば取れる主導権をあえてダイワに渡す必要は無い。

鞍上は柴田善臣。
「無難」という言葉がよく似合う一流ジョッキー。
ゲートが開いた直後の安勝のジェスチャーにあっさりとへたれる可能性も否定できない。

武豊から乗り替わっても問題は無いが、丹内から乗り替わっても鞍上強化という感じはしない。
そんな一流ジョッキー「柴田善臣」

しかし先手を取ってレースを作れれば展開はかなり味方する。
アサヒライジングはコースの得手不得手がハッキリしているお嬢様。
京都は間違いなく得意コース。彼女はかなり信頼できる。

ただ善臣が信頼できない。

それが問題だ!

blo_ran.gif

エリザベス女王杯の思い出

エリザベス女王杯を初めて見たのは1990年
横山典弘鞍上のキョウエイタップが最内から抜け出してきたレース。
GI初制覇の横山典弘騎手がゴール前でガッツポーズをして物議を醸した。

ゴール前でのガッツポーズは今ではよく見る光景だけれど、当時としては珍しかった。
横典は1週前の菊花賞でメジロライアンを駆って1番人気に応えられなかったという伏線もあった。

キョウエイタップの2着は1番人気のトウショウアイ。
そのトウショウアイの代表産駒がアイチャンルック。
南関東で活躍した牝馬で重賞はロジータ記念の1勝。

そんな彼女の晴れ舞台は2004年の黒潮盃
4コーナーでは最後方に位置したアイチャンルックは、そこから最速の末脚で迫ってきた。
見事にその年のダービー馬アジュディミツオーを差した所がゴール。
前にキョウエイプライドがいたので結果は2着も、アジュディミツオーに先着した衝撃は大きかった。
地方馬でアジュディミツオーに先着した牝馬はアイチャンルックただ一頭。


しかし、十年来の競馬ファンにはエリザベス女王杯は波乱のレースというイメージがあるけれど最近は全然荒れていない。

2000年代に入ってから、単勝4桁配当は去年のフサイチパンドラのみ。
しかも実質的には1番人気のカワカミプリンセスが勝っていたレース。

20番人気のサンドピアリスが勝った1989年の単勝は43,060円
それからも、キョウエイタップ(8人気 1360円)
タケノベルベット(17人気 9130円)サクラキャンドル(10人気 2650円)
と人気薄馬が勝利していたが、1995年から去年まではずっと単勝3桁配当。

古馬混合になった1996年以降の馬連平均配当は2,170円。最高は1999年の5,270円。
2強対決が騒がれる今年も過去の傾向通りなら波乱は含みそうもない。

そしてどうせ当たった事ないんだろうなと思いつつ過去の結果を見ていたら思い出した!
3年前のエリザベス女王杯で3連単53,750円をヒットしていたことを。。
なんだか相性の良いレースのような気がしてきた(・∀・)

blo_ran.gif

マークシートのお作法

この前久しぶりにウインズに馬券を買いに行った時のこと

50代後半くらいのおじさんが馬券を買っている発券機の後ろで待っていた。

機械「マークシートを修正してください

オヤジ「んだよー! ちゃんと塗ってあるじゃねーか!!

出てきたマークシートを確認して再度投入


機械「マークシートを修正してください」

オヤジ「なにがダメなんだよ!! 意味わからん!!!」


どうやら相当ご立腹の様子…

ちょいと興味が沸いたので、どんなもんだろうと覗いてみた。




marc.jpg




まさかの600円流し!

あまりにも前衛的ですo(>▽<o)(o>▽<)o


blo_ran.gif

アルゼンチン共和国杯の思い出

アルゼンチン共和国杯は痛恨のレース。
今を遡ること15年前の1992年アルゼンチン共和国杯。

自分の本命はミナミノアカリ。対抗にシャコーグレイド。
その他は忘れたけれど、家で塗ったマークシートをポケットに入れて家を出た。

そのまままっすぐウインズに向かえばいいのに、着いた先はなぜかパチンコ屋。
当時「ワイルドキャッツ」というスロットが大好きでよく打っていた。

少し打ってからウインズに行こうとしていたら、ダラダラダラダラ出たり飲まれたり。。
結局、もうウインズに向かわなきゃ間に合わない時間帯まで引っ張られたので

悩みつつも「どうせ当たらないだろうし、馬券買いに行くのやーめた。」

と買いに行くのを止めてしまった。

結局パチスロは1万円ちょっと儲かってご機嫌で帰宅。
その後レース結果を見て愕然とした。


第30回アルゼンチン共和国杯結果

1着.ミナミノアカリ
2着.シャコーグレイド
3着.ヘイアンワッスル

馬連2-3 13,410円


半ば放心状態のまま、ポケットに入れっぱなしのクシャクシャのマークシートを見ると…
2-3の欄には1,500円とマークしてあった。


正直お金よりも、万馬券を当てたという勲章を逃した方がずっと悔しかった。
結局、初めての万馬券はグルメフロンティアが勝った1998年フェブラリーステークス。
それから6年後のお話。

blo_ran.gif

いづこも同じ秋の夕暮れ

今日は天皇賞(秋)を前日に購入して大井競馬場へ突撃。

その大井競馬場、開門が2時40分。
入れ込み気味に2時半に着いたら凄い人。1000人近くいた。
皆さん入れ込んでますね(・∀・)

3,500円のスカイシートという指定席に入ったらかなりゴージャス。
さすが3,500円。かなり気に入りました。
万が一万馬券でも当たったらまた行きます (・ε・;)


さて、天皇賞の結果は意図的に仕入れないようにしていた午後6時。
そろそろネタバレタイムを通り過ぎ、油断の出てくる時間帯。
後ろに座っていた親父達が呟きました。

「武かよ…」

………

「聞いてしまった…」

そうですか…メイショウサムソンが勝ったのですね…
中途半端に知ってもあれだし、全部見てしまいますかと思って携帯で結果を見たら
2着アグネスアーク 3着カンパニー
全く買っていません…
帰宅後の楽しみが奪われた…

やはり大井にいてGIレースの結果を知らないまま帰るのは難しい。
そこら中に罠が仕掛けてある。


そして大井本場。

1レースは見して2レースから最終レースまでの参戦。

ま さ か の ノ ー 和 了

うなだれながら見る大井からの帰り道の風景はいつもと全く同じだった。。

blo_ran.gif

天皇賞(秋) 前夜

明日はパドックや馬体重発表を見てから買えないのでもう買ってしまった。

デルタブルース
前哨戦の京都大賞典では不向きなペースで逃げたにもかかわらずゴール前までよく粘って5着。

道悪も不問、好枠を引いて再度展開を握るはず。
僚馬ポップロックもスローペースは希望していない。
ならばここはペースを上げて消耗戦に持ち込む手が濃厚。今回は道悪も味方してくれる。

明らかにステイヤーなのは間違いないが、ステイヤー向きの流れを作れれば一発がある。

アドマイヤムーン
非常に減点材料の少ない馬。
見るからに道悪(発表は稍重)の京都記念&宝塚記念の快勝ぶりは目を引いた。
休み明けにも問題があるとは思えず、宝塚記念時の状態にあれば最有力。
対メイショウサムソン3戦1勝 対ポップロック2戦2勝 

ポップロック
デルタブルースとのセット購入。
角居厩舎の二騎はスローペースが嫌だという事で利害が一致している。
ちょっと距離が短いが、デルタがそれを打ち消すペースを作ってくれるとの読み。

メイショウサムソン
宝塚記念は積極的に勝ちに行ってアドマイヤムーンに半馬身劣ったが、それまでは2戦2勝。
力関係は互角と見ることが出来る。今回はローテーションも同じ。
後は府中への適性でアドマイヤムーンに分があると読んで序列をつけた。

府中2000mは内枠有利が定説。過去のデータもそれを裏付ける。
1枠1番は過去10年で【1.1.2.6】 馬券圏内率は驚異の40%


天皇賞(秋)的中(多分)馬券画像

明日こそ「入金がありました」メールが来ているに違いない!
夢が拡がる希望の天皇賞(秋)になりますように。

blo_ran.gif

天皇賞(秋)のおもひで

やっぱり昔の事の方が鮮明に覚えている。

初めて見たのはヤエノムテキの勝った1990年。
ボクが意識して競馬を見た初めてのレース。
当時、競馬関係で知っていたのは武豊とオグリキャップのみ。

この天皇賞(秋)はバンブーメモリーの名前が気に入って応援していた。結果は3着。
馬券は買っていなかったのに、ヤエノムテキ-メジロアルダンで枠連4-4の配当が3,500円という事まで覚えている。


その次はメジロマックイーンの降着があった1991年。
長い長い審議。もの凄い緊張感がTVを見ている方にも伝わってきた。

ああいう雰囲気大好き。
野球の抗議とか相撲の物言いとか見てるの大好き。


1992年はレッツゴーターキン
そんな素っ頓狂な名前の馬が天皇賞を勝ってもいいんだと衝撃を受けたレース。

フジTVの三宅正治アナウンサーがレッツゴーターキンを本命で買っていたらしく
「私が他の誰よりも早く、このレースの実況でレッツゴーターキンの名前を呼んだ」
とジャンクスポーツで自慢していた


1993年 ヤマニンゼファー
マイラーでも天皇賞は勝てると学んだ

1994年 ネーハイシーザー
「110回だから1-10だと思ったんだよ!」というオヤジが大量発生した年

1995年 サクラチトセオー
太でも勝った。ハナ差だけど

1996年 バブルガムフェロー
石川町のパチンコ屋「MAX」で見ていた

1997年 エアグルーヴ
馬連290円なんて配当は買えないです…

1998年 オフサイドトラップ
沈黙の日曜日…勝った馬よりも、あの馬がいなくなったレース…

1999年  スペシャルウィーク
馬連万馬券。大魔神佐々木の奥さん(当時)が一点で取ったらしい。ウン百万円になったらしい

2000年 テイエムオペラオー
この年のオペラオーは無敵だった

2001年 アグネスデジタル
外国馬登録でクロフネを弾き出しただけの事はあった

2002年 シンボリクリスエス
自分がクリスエスに本命を打ったのは生涯でゆりかもめ賞だけ

2003年 シンボリクリスエス
連覇達成! ゆりかもめ賞は1.7倍で3着だったのに…

2004年 ゼンノロブロイ
ペリエ-ルメールの外国人コンビでワンツーフィニッシュ

2005年 ヘヴンリーロマンス
松永幹夫の馬上からの敬礼は格好良かった

2006年 ダイワメジャー
自信満々にメジャーから買ったのにヒモが抜けた…


あまりにも思い出が無いのは、一度も当たっていないからだ!

と今気が付いた…

blo_ran.gif

アドマイヤムーン 父エンドスウィープ

天皇賞でも人気を集めるであろうアドマイヤムーン。
ダーレーにトレードされて年内引退が規定路線。
どうやって消そうかと思ってちょっと調べてみた。

そのアドマイヤムーン、今年の入ってからの成績は特に凄い。海外を含め4戦3勝。
前走宝塚記念では前崩れの展開が向いたとはいえ、他馬と格の違う脚を見せての快勝。
晴雨兼用、中距離では安定した成績、ここ7戦続けて3着以内と全く崩れない。


父はエントスウィープ
主な産駒はスイープトウショウ、サウスヴィグラス、ラインクラフト、インセンティブガイ、エンシェントヒル、ボードスウィーバー、アグネスウイング、タガノデンジャラスetc.etc.

圧倒的にダート向きの産駒が多いのが特徴だが、時に芝でも走る超一流馬を送ってくる。
そして代表産駒がスイープトウショウと聞いて思うのが、東京は走らないという事。
東京競馬場の馬場入りが特に嫌いという話もあるが、明らかにパフォーマンスは落ちている。

ラインクラフトにしても生涯で唯一掲示板を外したのが東京のヴィクトリアマイル。

東京芝はエンドスウィープにとって鬼門?

この2頭にアドマイヤムーンを加えた3頭の東京芝の成績は【2.2.1.6】 連率36% 複勝率45%
GIレースに限ってみると【1.2.1.4】で連率37.5% 複勝率50%

問題提起しておいてこの結論はどうかと思わなくもないが
エントスウィープ産駒東京不発説は完全に杞憂に終った。

休み明けはどうか? 3ヶ月以上開いた場合の成績は
スイープトウショウ 【1.1.1.2】
ラインクラフト   【1.2.0.0】
アドマイヤムーン 【1.0.0.0】

これも問題なし。

そもそも今回のアドマイヤムーンのローテは松田博資調教師が
「この馬はぶっつけでも大丈夫」
と馬主のダーレーに進言して決まったもの。

本番では多分アドマイヤムーンが1番人気
華麗に消したい所だけれど、中々死角が見当たらない…

blo_ran.gif

シャア携帯とおまけ程度に天皇賞

のっけから競馬と全く関係無いけれど、これが超欲しい…

シャア専用携帯

シャア専用
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=MMITfa000022102007


ザク型のユニットは充電器だそうで。
ヤバイ…格好良すぎ!!

でも回りにソフトバンクユーザーが一人しかいないauユーザーとしては
MNPがあるとはいえ携帯をソフトバンクにするメリットが何もない…

嗚呼…auで出して欲しかった…
そしたら速攻で買った。

シャアとかツボを突きまくりデス


今週は天皇賞(秋)
宝塚記念で1、2着のアドマイヤムーン、メイショウサムソンがぶっつけで登場。
最近は調教技術の進歩もあってか、有力馬がGIにぶっつけで出てくる事が多い。
秋華賞でウオッカ(3着)とローブデコルテ(10着)も休み明けで登場して敗れ去った。

正直この風潮は馬券を買うファンとして非常に厄介。
馬券売り上げ低迷が叫ばれている昨今、その一翼程度は担っている気がする。

仕方の無いこととはいえ馬券勝負はしづらい。

blo_ran.gif

菊花散る

イシノサンデー(皐月賞)、ウオッカ(ダービー)、アサクサキングス(菊花賞)
これで四位洋文騎手は三冠ジョッキーということに。
今年は2冠。おめでとうございます。

ガッツポーズを見ながら先週の事を思い出して、ちょっと複雑な気持ちになったけど
(¬ε¬)


ボクの本命のホクトスルタンはいい感じで4コーナーを回ってくるも6着
レースの主導権を取ったにしては物足りない着順。
これから成長する可能性ももちろんあるけれど、天皇賞4代制覇はかなり厳しい予感。

そして「長距離戦は騎手で買え」をテーマに菊花賞を攻略しようとした結果は
四位洋文→和田竜二→柴山雄一の順に入線。
これは買えんね(;・3・)~♪


ダービーの2着馬が菊花賞を制したし、今年の3歳最強馬はウオッカ?
でもウオッカの前にはダイワスカーレットがいるし…
では最強馬はダイワスカーレット?

うーむ…

ジャパンカップにみんな出てきて直接対決で決めたら面白そう。

東京競馬場 芝2400m
最強馬決定戦の舞台に不足はない。

最近のJCは遠征外国馬にあまり期待できないし、日本勢で盛り上げていただきたい。

菊花賞前夜

21日0時40分現在の菊花賞単勝オッズ

1.ロックドゥカンブ 3.7倍
2.ドリームジャーニー 5.7倍
3.ヴィクトリー 7.3倍
4.アサクサキングス 9.4倍
5.フサイチホウオー 10.7倍

菊花賞は大きなお金ででっかく儲けるレースではなく、小さなお金ででっかく儲けるレースだと個人的に思っているので、この5頭には適当な難癖を付けてオミット。

以下難癖

ロックドゥカンブ
一線級との初対戦、前走下したゴールデンダリアはダービーで完敗の6着。

ドリームジャーニー
スローペースが濃厚。昨今の菊花賞は切れる馬が有利も、この高速馬場で後ろから差し届くか。

ヴィクトリー
解決されてきたとはいえ気性難が心配。血統はともかく3000m向きとは思いにくい。

アサクサキングス
好走はしても勝ち味に遅いタイプ。このタイプがGIで激走する場面はそう多くない。

フサイチホウオー
今週の調教でもフラフラ走っていた。上積みが疑問なら前走12着という着順は重い。


正直この中で自信満々に「来ない!」と言い切れるのはフサイチホウオーのみ。
あとはかなり怖い馬もいるけれど、入れると点数は増えるしオッズも下がるので却下。


この菊花賞、理詰めでいっても絞り切れる気がしないのでテーマを決めてみた。

長距離戦は騎手で買え

使い古された格言が今でも残っているのには理由がある。
そして怖い騎手がいい匂いのする穴馬に乗っている。

ヒラボクロイヤル 武幸四郎 11番人気
サンツェッペリン 松岡正海 8番人気
デュオトーン 藤田伸二 9番人気
ホクトスルタン 横山典弘 6番人気

この中でサンツェッペリンはどうしてもテンビー産駒が3000mで来るとは思えないので却下。
ダービーのレースぶりを見るとこなせそうな感じはあるけれど、ここは信念で切り。

残ったのはヒラボクロイヤル、デュオトーン、ホクトスルタン。
臨戦過程や前走のレースぶりも悪くなく、騎手以外の買い材料も少なくない。
この3頭のBOX馬券。

本命を打つならホクトスルタン。
メジロアサマ→メジロティターン→メジロマックイーン→ホクトスルタン
ここで勝てば4代連続の天皇賞制覇が俄然現実味を帯びてくる。

blo_ran.gif

菊花賞の思い出

菊花賞は一番好きなGIレース。
一番最初に馬券を取ったGIレース。

1991年11月3日 京都3000m
2冠馬トウカイテイオーの離脱で混戦となった菊花賞
ボクの本命はレオダーバン。イブキマイカグラを対抗に据えた。
この2頭以外の馬券はほとんど買わず、馬連8-18にこの頃の自分にはかなり大金の4,000円を投入。

そしてレース。
抜け出したレオダーバンはもう確勝態勢。
2番手に粘るフジヤマケンザンに、もの凄い脚でイブキマイカグラが差してきて両者並んだ所がゴール。
もうこの時点でガッツポーズ! 本線的中を確信。

しかしそのあとTV画面のスロー映像を見たらかなり接戦だったので、確信はどこへやらドキドキして確定を待っていたのを覚えている。

馬連8-18の配当は1,200円。配当金の48,000円は大体ゲーセンに消えた気がする。
ヒカルイマイチ、ドンキーホース、ハイスピード、ウインバトル、トキノヒロイン、ノアノハコスカ
こんな馬名を知っている人は、同じ競馬ゲームをやっていたと思います( ̄∀ ̄)


しかしよく考えるとその後15年間一回も菊花賞で当たったことがない。
ダイワオウシュウ、マンハッタンカフェ、ホオキパウェーブ
本命馬は来てもヒモが抜けて外れている…

うーむ…
あまり菊花賞が好きではなくなってきました…

blo_ran.gif

秋華賞-露に消えた福沢諭吉

秋華賞で思いっきり勝負したら見事に玉砕しました。
かなり自信あったのに…(´-ω-`)
今月はチャルメラとサッポロ一番で生きていきます><


ボクの本命の一翼ベッラレイアは、まさに武豊という感じのレースでした。
ウオッカが勝っていたら馬券的に悔しいのでまた違った感情でしょうけれど
馬券が全く惜しくなかったので、最後のベッラレイアの鬼脚はかなり面白かった。
上がり3ハロンは他馬と次元の違う32秒9。

前半1000mは59秒2。この時点では平均より速い。
しかし、その後激しく中だるみ。
1000-1200が13秒6、1200-1400が12秒4。
そこから11秒台前半を3連発して、レースの上がりが33.9。

ダイワスカーレットが息を入れて一気にスパートの流れ。
4角最後方ではいくらなんでも届かない。

今調べてみたら、文句なしの秋華賞史上最速上がりでした。
2位も今年のウオッカで32秒2。
クィーンスプマンテも33秒2を記録。12着だけど(¬ε¬)

過去の例ではスイープトウショウは33秒9、ティコティコタックが33秒5。

今年は1000-1400までの流れが異質すぎて、過去の秋華賞とは全然違ったレースになった。
安藤勝巳騎手のファインプレーも間違いなく勝利の一因でしょう。

ダイワスカーレットはこれで2冠を達成。
対ウオッカでも2勝1敗。
それでも、今年の最優秀3歳牝馬戦線はまだまだ混沌としている。

blo_ran.gif

秋華賞前夜

個人的にこのレースの予想に能書きはいらないかなと。
ウオッカの格が違う。
負けるとしたら臨戦態勢が整っていなかった時だけ。

四位騎手は相手を気にしない見下しの競馬をすると読む。
位置取りはダイワスカーレットより後ろで、ベッラレイアよりは前。

安勝は後ろを気にしながら競馬をするはずで、終始プレッシャーがかかるレース展開。
4コーナー手前でウオッカが仕掛けてきた時に付いていけるか?
それならウオッカを見ながら競馬出来るベッラレイアの方が相手には相応しい。
逃げ馬不在でも流れは緩まないと読む。

馬券はウオッカとベッラレイアの馬連一点。
三連単はウオッカ→ベッラでもダイワが3着を外せば、今のオッズはほぼ万馬券。

3着欄にはオークスでも本命にしたザレマ。前走は状態いまいちでも6着、今回は絶好。
あとはパドックで不安無いと思えばピンクカメオ。前走の脚は良かった。GI馬なのに人気も無い。

3着欄にはこの2頭。

ウオッカが自滅した場合や、ダイワが強すぎた場合を考えて
ダイワ-ベッラ、ウオッカ-ダイワを1、2着に塗っての、穴2頭が3着欄の三連単が押さえ。

blo_ran.gif

堅そうな週末

秋華賞は凄く堅そう。
三強と言われているウオッカ、ダイワスカーレット、ベッラレイア。
さらにオークス馬ローブデコルテ、NHKマイルC馬ピンクカメオが加わる。

武豊曰く「今年は強いのが二頭いるから…」
これはまずウオッカ、ダイワスカーレットのこと。
少なくとも武豊には休み明けのオークス馬は眼中に無いらしい。


個人的に一番勝ちそうな馬はウオッカ、一番圏外に飛びそうな馬もウオッカ
宝塚記念以来のぶっつけ本番。
しかし、なんと言ってもダービー馬。 
現実にオークスより1秒以上も早い時計でダービーを勝っている。

桜花賞でダイワスカーレットの後塵を拝しているが、あれは安勝の策にやられた。
逆に言えば、ウオッカを負かすことだけを考えた作戦でダイワは桜花賞を勝った。
桜花賞のレースを見ても、あの時点での安勝の評価はウオッカ>ダイワということ。
立場も違う今回はあそこまで露骨な作戦は組めない。


そのダイワスカーレット。
秋華賞独特の厳しい流れになった場合2000mでどうか。
父アグネスタキオン 母スカーレットブーケ 兄ダイワメジャー
2000mに問題は無くても、本質はマイラー。
今までにスローペースしか経験の無い馬。不安はある。


馬券圏内だけなら一番堅そうなのがベッラレイア。
京都内回り2000mでも差し馬がビュンビュン飛んでくるのが秋華賞スタイル。
今回は行く馬がいないので、もしかしたら落ち着いた流れも考えられるが、そういう流れでも対応出来るというのはオークスで証明済み。
鞍上武豊も二度目。そして目の上のたんこぶが二頭。天才がもっとも燃えるシチュエーション。


荒れるとしても3連単の3着欄が精一杯な気がする今週の週末。

blo_ran.gif

毎日王冠&京都大賞典

迷うなぁ〜♪

ハリアーなの? インティなの?

どっちが好きなの♪


ということで複勝転がし。


毎日王冠ならエリモハリアーで行こうかと。
洋芝に良績が集中しているのが難点だけれども
考えようによっては今年の出走馬は全馬難点を抱えている。

どのファクターを取って、どれを捨てるか。

函館記念は陣営も認める調整不足。それで勝った。
その後札幌記念8着、オールカマー3着ときて今回。
中1週は順調さの証明。仕上がり状態だけは完璧に近いはず。
あとは府中をこなせるのか? 開幕週の馬場で差し脚が生きるのかだけ。


ただ、より自信があるのは京都大賞典
これはインティライミで鉄板でしょう。
明らかに瞬発力勝負のレース形態。
前走見せた末脚はこのレースを勝つ武器として綺麗にフィットする。

去年のスイープトウショウは32秒8の上がり時計で差しきった。
スイープトウショウも出てきたら一点勝負しようと思っていたけれど予定変更。
去年、ふらふらしながらも同じ32秒8で外から飛んできたファストタテヤマ。
馬連は、引退レースという噂もあるこの馬との1点勝負か。


複勝ころがしはオッズとの兼ね合い。
インティライミが1.5倍つかないのなら、毎日王冠エリモハリアーで行く。

blo_ran.gif

スプリンターズSのち、こうま座特別

結局スプリンターズSは、予想外の馬場悪化や各馬の体重変動の激しさから馬券買い足しはせずに見送り。
朝に買った3,000円フォーメーションのみで観戦。

○アストンマーチャンの逃げ切りは濃厚。
◎アイルラヴァゲインと▲キングストレイルがサンアディユと2、3着を争っていた時

「サンアディユ来るな!」と思うと同時に
「アイルラヴァゲインとキングストレイルの2、3着もちょっと勘弁」と思っていた。

この3頭、ボクの本命、対抗、連穴なのに100円フォメ30点買いなので100円しか買っていない。
マーチャン→アイル→トレイルで399倍ついていたので、来れば4万円になるし、4万円はウハウハな大金だけれど、自分の競馬予想で上位3頭が圏内を占めることなんて滅多にない。。
それなのに3連単100円のみ購入とか淋しすぎる…

結局サンアディユが2着に差し届いて馬券はハズレたけど、意外なほど悔しくなかった。。。


夜は大井競馬をちょろっと。
どろんこ馬場の競馬は結構好き。だけど日曜日は番組が宜しくないので微参戦。
メインの9レースドラマティックナイト賞は、キョウエイジェイド[柏木健宏]から買ってハズレ。

その競馬っぷりが、あまりに不愉快極まりないイン閉じこめ出てこれない競馬だったので
最終での一念発起を期待して、同一馬主で同一騎手のキョウエイフェロー[柏木健宏]を購入

するとキョウエイフェローは二着も、勝ったナリショーキングを対抗格で買っていたので馬連6-12が的中

こうま座特別

その馬連6-12は145倍。
馬単は裏を食うも、メインの負け分を入れて本日は+26,000円。
どうもレートを下げて遊びで買っている時の方が本線で当たるような気がする。

blo_ran.gif

スプリンターズS前夜

秋のGIシリーズののっけから嫌がらせのように難しいレースですね。
GIだから買いますけども(¬ε¬)

本命は初志貫徹で行こうかと。

◎アイルラヴァゲイン
買い材料
・中山1200mは5戦3勝、3着4着が一度ずつ
・叩き3戦目。ここを狙ったローテーション
・鞍上松岡正海の騎乗成績も5戦2勝、2着1回
・馬場が渋っても良し

不安材料
・1枠1番で包まれてコースが開かない危険性
・「前走よりは上積みあるも絶好調とまではいえない」とは陣営や各紙の評価

ただ自分の自信と比べた場合の複勝オッズがかなり低いので複ころはパス。
私、複ころだけは本気です( ̄∀ ̄)


○アストンマーチャン
坂で止まりそうな気もするが、押し切るだけのスピードも秘めている。
ここ全力投球だろうし、圧勝しても惨敗してもおかしくない魅力を持っている。


▲キングストレイル
田中勝春騎手で2戦2勝。
1200mに対応して中団あたりに付けられれば、圏内まで差してきておかしくない。


とりあえず1、2着はこの3頭。
3着欄に穴馬をマークしまくって三連単を購入。

2007sprinters.jpg

当たったら悔しいので前日予想分はサクサク購入
馬連と三連単を買い足しするかは直前に決めようかと思っています。

blo_ran.gif

万馬券道、シリウスの道

3ドラゴンファイヤーと8ラッキーブレイクで堅いと踏んだシリウスS
結果その二頭が1、2着で本線的中。

しかし馬券的には三連単でヒモ荒れを狙っていた。
7オースミヘネシーと13テイエムヤマトオー
3→8→7と3→8→13
これを1000円ずつ購入しようと思ったら、3→8→13のオッズが930倍もついている。

ここは男らしく100万を狙いにいかねば!!
と思い1,200円流しに変更。

シリウスS

それにしても勝ったドラゴンファイヤーは強かった。
2着ラッキーブレイクの勝ちパターンだったのに、完全に粉砕。
距離の融通性もありそうだし、この勢いは暫く止まらないかも。

3着に入ったのは5番人気のワンダースピードで、三連単は3→8→1で6,840円と人気サイド決着
3→8からの三連単は万馬券しか押さえていません…
結果、馬連3-8 800円×1,000円のみの的中で+3,000円

穴で狙った二頭、オースミヘネシーは8番人気で5着、テイエムヤマトオーは13番人気で6着
そう狙いは悪くなかったと思いたい。

blo_ran.gif


スプリンターズS 二択まで絞る

昨日の段階で5頭まで絞れたスプリンターズS
複勝ころがしの本命馬を決めるためにもそこから1頭に絞ろうと思う。

オレハマッテルゼ
本質的に左回りの方が良い馬。
絶好調時ならそれに目をつぶっても良いが、もう明らかにピークを過ぎている…
それならば中山1200mのGIで買う理由が無い。

キングストレイル
非常にゼンノエルシドとキャラが被っているキングストレイル君
休養明けを挟んで2連勝中、いずれも中山コースとコース相性も抜群。
ただ大外枠だし、1200m戦も初めてというのは不安材料。

しかし血統的にはサンデーサイレンス×ノーザンテーストでこれはデュランダルと同じ。
あっさり勝たれておかしくはない。

アストンマーチャン
前走の凡退が気にかかる…
確かに先行馬全滅、馬場の荒れたインコースを走っていたりはしたけれど…
それでもローカルGIIIで6着は負けすぎの感がある。
中館騎手に乗り替わって今回は積極策だろうが、最後の急坂で止まりそう。

エムオーウイナー
セントウルSで14着。さすがに力不足は明白。
穴党的にはそれでも3着ならとも思うが、3着ならの馬を本命には出来ない。

アイルラヴァゲイン
一番減点材料が少ないのがこの馬か。
確かに前哨戦2戦が4着、5着と物足りない内容ではある。
しかし今回は3勝をあげている中山コース。1200mの重賞勝ち有りと実績も十分、
さらに1枠1番という枠順。鞍上松岡正海のアグレッシブな騎乗なら外を回してくることは無いだろう。
最短コースを通ってくるはずで、コースさえ開いていれば一発の魅力はたっぷりある。


『一応の結論』
未だ一頭に絞りきれない。
キングストレイルとアイルラヴァゲイン。この二頭のどちらかから行こうと思う。
時間はまだまだある。もう少し考えよう。

blo_ran.gif

スプリンターズSを考える

今年のスプリンターズSは大混戦の様相を呈している。
本命不在、穴馬混在、きっと俺は散財

ちょっと韻を踏んでみました(・∀・)


それにしても、昨今の国内スプリンター路線は低調。。
スプリンターズSも2年連続で遠征外国馬に勝利を持って行かれている。
今年は馬インフルエンザの影響等で遠征馬は不在。ますます混戦に拍車をかけている。

春のスプリント王 スズカフェニックス
サマースプリントシリーズの覇者 サンアディユ
去年のスプリンターズS2着 メイショウボーラー
高松宮杯2着 ペールギュント

スプリントの実績上位はここら辺の馬たちだが、人気の割りには非常に心許ない。
予想で重視するファクターによっては、1番人気馬でも完全に圏外になってしまう。


重視するファクター
混戦と読むのなら、これが重要なのではないかと。
今回はスプリンターズSに対する「本気度」で行ってみようかと思っている。

まず1番人気? のスズカフェニックス
この馬は当初「毎日王冠」から始動する予定だった。それが相手関係を見てスプリンターズSに変更。
陣営は目標をマイルCS(結果次第で香港も視野?)に定めており、明らかに本気度は低い。
さらには馬インフルエンザで帰厩が遅れるというアクシデントもあり。
「この相手なら…」という戦略で勝てるほどGIというグレードは甘くない。


サマースプリントシリーズ
去年このシリーズの後に参戦した馬は軒並み討ち死にした。
ビーナスライン、ブルーショットガン、チアフルスマイル、そしてシリーズ優勝馬のシーイズトウショウも8着

熱い夏場に本気の戦いをしてきた馬たちに、GIを戦い抜く余力が残っているのか非常に疑問。
7月以降に3戦以上消化してきた馬にはクエスチョンマークを付けたい。
該当馬はアグネスラズベリ、サンアディユの二頭。


休み明けの馬たち
この時期に移行した2000年以降、勝ち馬で前走からの最大間隔は安田記念以来3ヶ月半ぶりのトロットスター。
理想は1戦、2戦叩いてスプリンターズSを迎える馬たち。

ローテだけで言うなら理想は
オレハマッテルゼ、アストンマーチャン、アイルラヴァゲイン、キングストレイル、エムオーウイナー。


本気度でいうなら明らかにここを目標に前哨戦を叩いて迎えたアストンマーチャン、アイルラヴァゲインか。
秋冬にこの後行われるどのレースよりも適鞍なのはアストンマーチャン。
故に本気度もMAXだと思われる。
ただ、前走のレースがちょっとパッとしないのが難点といえば難点。。

現状で結論は出ないが、いずれにしても本命馬は上記の5頭の中から選ぶ。


「そんなにわからないなら買わなければいいじゃない」

と競馬をやらない人は言うけれど
競馬ファンは「GIは買わなくてはいけない」という強迫観念というか病気を持っている。

blo_ran.gif

エルムSは惨敗したけれど、ボクには大井がある

エルムSの本命ブルーフランカーは壮絶なビリッケツ。
ブービーから9馬身も離されて入線。1位馬との着差は3秒2。

ここまで離されると実に清々しいよね(強がり

今週のJRAは2戦2敗で終了。

まあ、ここまでは女装…


batten.jpg

もとい助走。

本番はこれから、大井競馬が月曜日から開催中。

月曜日の大井はいつもの休祝日用番組だったのでパス。

休祝日用番組というのは
休みの日に開催される大井競馬の番組が非常につまらないことからこう呼んでいる。

休日なんて大した番組組まなくても客来るじゃん(推測
ライトユーザーは馬が走っていればなんでも同じでしょ(憶測

という競馬場側の論理(100%全力で思いこみです(;´∀`)

なので本番は平日の明日から。
助走は失敗したけれど、一気に飛ぶ。
未知の領域、帯封ゾーンを目指して我は行く。

blo_ran.gif

エルムS-前夜

ローズSは1番人気→2番人気→3番人気での決着
セントライト記念も3着馬は14番人気も、1・2着は1番人気→2番人気

この世には天才馬券師のなんと多いことか…
セントライト記念なんて馬柱を一瞥して全く買う気が起きなかった。

そのセントライト記念を勝ったロックドゥカンブはこれで4戦4勝
今回のメンバー中で唯一、勝ったら菊花賞が楽しみになりそうな馬が制した。
ちなみに馬名の由来はワインの名前からだそう。

ローズSも順当にダイワスカーレット。
ゴール前は抑える余裕も見せる完勝の逃げ切り勝ち。
本番でウオッカをまた従えるか。

ベッラレイアは先行しても強いけれど、個性が引き立たない気がする。
彼女には、やはり後方からの強襲がよく似合う。

本命にしたザレマは6着。
切れる脚が無いのに8番手から行ったらどうしようもない。
川田くんには猛省を促したひ。


明日はエルムS
◎ブルーフランカー
前走プロキオンSは12着大敗も明らかに距離が足りなかった。
今回は8戦してすべて3着以内の1700m戦。
先行馬群を見ながら外々の中団からの競馬で捲りを打ってくる。
本田優調教師の初重賞制覇まで見たい。

○マコトスパルビエロ
メイショウトウコン58kg、フサイチパンドラも実質58kg。
いかにも軽い53kgに、鞍上も安藤勝巳ジョッキー。
さらに先行脚質。他馬と比べて有利な条件が揃っている。

馬連8-12。
1点勝負じゃ(・∀・)

blo_ran.gif

ローズS-前夜

明日はパドックや馬体重を見てから買えないので複ころはパス。
トライアルだし、せめて馬体重くらいは見て買いたい。

といいつつせっせと予想してしまったので少額だけ購入。
午前4時なのに買えるって素敵。

まずはセントライト記念。
さっぱりわからない…
しかも17頭立てだし。
パスパス!
このレースの三連単を当てられる人は天才だと思う。心底。

ローズS
◎ザレマ
オークスではちょっとひっかかったりとちぐはぐな競馬で10着敗退。
レース後に武豊は「距離が長かった」ともコメントしていた。
今回は1800m。紙上を見る限り、仕上がり状態も良好。

あざみ賞でベッラレイアに完敗しているが、今回ベッラレイアには乗り替わりで武豊が初騎乗。
間違いなく力を計ってくるはずで、勝ちに拘る競馬はしない。

○ダイワスカーレット
ダービー馬ウオッカを負かした実力はこの中で間違いなく最右翼。
オークス回避の理由も熱発で、ダメージが残るようなものでないのも心強い。

馬連で5-9の1点勝負。
明日はきっと入金メールがきているはず。

2007rose.jpg

と思ったらJRAは月曜日までの3日間開催。
当たっていても入金メールは来ないので注意が必要だ(・∀・)

blo_ran.gif

トライアルの価値

今週の中央競馬の重賞レースはセントライト記念とローズS
只今複勝ころがしが2コロ中なのでここでトライアルは辛い…
場合によってはスルーも有りかなと思っている。

南関東競馬は下級条件馬までほぼ知っているけれど、JRAの下級条件はあまり知らないのでこちらで勝負はしにくい。

必然的に重賞レースが馬券のターゲットになるわけだけれど、トライアルは非常に買いにくい。

特に3歳馬のトライアルレース。
弥生賞やスプリングS、チューリップ賞などは一連の流れの中で行われるのでどちらかといえば買いやすいけれども、秋のトライアルは、夏が明けて一旦リフレッシュした有力馬と、夏の上がり馬とのレース。

※トライアルの買いにくい理由
勝負度合いが非常に曖昧。
上がり馬はまだしも、休み明けで参戦して人気になる有力馬。
間違いなく本勝負は先でも力は上位。
100%の仕上げはあり得なくても、基本的には格好をつける程度にはちゃんと仕上げてくる。

しかし仕上がっていても休み明けは走らない馬、単純に早熟だった馬もいる。
さらには夏を上手く越せなかった馬や、牧場で楽をさせすぎた馬なども混じってくる。
これらを見抜くのは容易ではない上に、条件戦を勝ち上がってきた馬との力関係も未知数。
各馬の序列が非常につけにくい。

去年のセントライト記念の一番人気馬はフサイチジャンク。
華麗に6着に飛んで行った。結果論で言えば敗因は早熟でしょうか。


※トライアルの買いにくい理由
賞金が高すぎる。
セントライト記念の1着賞金が5400万円、ローズSが5200万円
菊花賞が1億1200万円で秋華賞が8900万円だから、それぞれ本番の48%と58%
10%も違うのはさておき、この賞金の高さが馬券を買うのを悩ませる。
自分がメイショウレガーロやザレマの調教師だったら、ここで完全に仕上げて5000万を獲りにいく。
どう考えても厳しい本番より、ここで5000万円を狙う方が現実的だもの。
8割のベッラレイアと10割のザレマなら確実にザレマを取るけど、それがわかる術がほとんど無い。。

2歳、3歳のトライアル戦は一律JpnIIIのカテゴリーでいいと前から思っている。


【最後にちょっとデータ】
セントライト記念、過去10年の1番人気馬の成績は1着2回、2着4回、3着1回
連対率60% 複勝率70%

ローズSの過去10年の1番人気馬の成績は1着3回、2着2回、3着1回
連対率50% 複勝率60%

セントライト記念は関東のレースということもあり、有力馬があまり出てこないので参考にならない。
1番人気で勝った馬はブラックタキシードとコスモバルク。

ローズSは本番に繋がるトライアル。
ファレノプシス、ファインモーション、アドマイヤキッスが1番人気に応えている。

しかし馬券圏外に飛んだ1番人気馬の顔ぶれが凄い
トゥザヴィクトリー、シルクプリマドンナ、ダイワエルシエーロ、スティルインラブ
オークスは消耗が激しいのかも知れない。

blo_ran.gif

癒し画像【Club A-PAT】

現状のJRAでの本年度収支:-26万5900円
うーむ…なんでしょうか…この例年通りの体たらくは。。。
ちなみに地方競馬が-24万720円でオートレースが-36万7230円

オートは年前半にトチ狂ったように買っていて全く当たらなかった…
6月以降はたまに観戦料代わりに買っている程度なので、ほとんどが5月までに負けた分…
どう考えても負けすぎです…

地方競馬も例年通りの負けっぷり。
オートレースはセミリタイアしたのでもう諦めているけど、こちらは主戦場。
まだまだ諦めちゃーいない。虎視眈々と一発逆転! 大外強襲! の機会を伺っております。

ちなみに私、PCで密かに家計簿帳をつけているので、負け額が一目瞭然。

JRAにはClub A-PATなるものがあるので、そんなのつけていなくても一目瞭然だけれど。
それにしてもClub A-PATってギャンブルの胴元とは思えないサービスぶりですよね。
馬券収支から、開催場収支だったり騎手別収支までなんでも閲覧できる。
いいんでしょうか、こんな明け透けに見せちゃって。
ユーザー的にはとっても便利だけどさ。


とりあえず開催別収支を大公開! 
ってほどのものでもないけど(;´∀`)

プラスは福島だけ…それもわずかの金額。
それにしてもレースを絞っているのに、この的中率の低さはどうだろう…
開催場別


お次は騎手別成績。騎手はいっぱいいるので画像がやたらと長い…
仕方がないのでhtmlにして貼り付けてみた。→騎手別成績リンク

一位が安藤勝己騎手なのは、ダービーでフサイチホウオーから勝負して6万円買ったから。
二位の武豊騎手はこれという馬もいないけれど、単純に乗り馬が多い、人気馬が多いということだと思う。
三位の蛯名正義騎手はなんでこんなに買ってるんでしょうか? 全く記憶にない!

儲かっている希有な騎手は吉田隼人騎手と秋山真一郎騎手。
これはサチノスイーティー@オーシャンSとベッラレイア@フローラSでしょう。
津村明秀騎手もオーシャンSの3着馬シルヴァーゼットでゲットしたもの。

そろそろ秋のGI戦線も近づいてきた。
ボクに巻き返しの機会は訪れるのでしょうか?
それともいつもの通りのズブズブなのか?
答えは神のみぞ知る。


blo_ran.gif

小倉〜大井誘惑ライン

一個前の迷惑トラックバック送らないでねという記事に大量のトラックバックspamを戴きました。
身に余る光栄です。ありがとうございます。
承認しないけど。

久しぶりにウインズ横浜へ出動。
思えばPAT導入前は狂ったように通っていた。
もっと空いてるかと思ったら思いの外混んでいる。夏競馬でもJRA健闘してます。

買ったのは
◎7アストンマーチャン
○3アルーリングボイス
▲16シルヴァーゼット
△2ゴールデンキャスト

この四頭以外いらないっしょと自信満々。

キョウワロアリングって何ですか(・д・;)
小倉[1.0.1.2]1200m[2.2.1.6]小倉1200m[1.0.1.2]
それでいて前走はメイショウトッパーに完敗…
買える要素が…何一つない…これは参りました。。

北九州記念
たまには16番と15番を塗り間違えるミラクルとか起きないかね…
3-15の馬連は38,630円の高配当。


夜は大井競馬が開催中。
6レースのウエルスボイスが一番人気になるのは想定外だけど狙っていた馬。
ここは買いで行くのみ!
後は最終のサイレントストーム。本日はこの二頭で勝負。

大井競馬

所用で帰ってきて、まずはメールボックスを覗いた。

「入金がありました」

メールは今日も来ていない…
この時点で外れ決定。でも私はここから見るスタイルを改めない。
当たったことを確定させてから、大穴がヒットしてないかなぁとレース映像を見たいのだ。

結果的には6レースのウエルスボイスは2着で、最終のサイレントストームは快勝。
それでも馬券の日の出は未だ遠い。。

blo_ran.gif

JRAの払戻金がアップ

9月1日の競馬法改正でJRAが従来の払戻金に加えて、5%の上乗せがなされるとの発表。
そして100円元返しの消滅。勝ち馬が90.9%以上の支持率の場合は元返しになるけれど、昨年の例では元返しは一件もないとのこと。
施行は来年からで、5%の上乗せレースは「ダービー」や「有馬記念」などレースを限定して行われる。

詳しくは日刊スポーツのサイト


これは英断ですよね。複勝にぶち込む人とかは嬉しい措置なのではないでしょうか。
ディープインパクト級の馬でも110円つくならば、100万円入れる人とか増えそう。

気になったので調べてみたディープインパクトの単勝と複勝配当

レース名単勝複勝
新馬110円100円
若駒S110円110円
弥生賞120円100円
皐月賞130円110円
日本ダービー110円110円
神戸新聞杯110円100円
菊花賞100円100円
有馬記念120円
阪神大賞典110円100円
天皇賞(春)110円110円
宝塚記念110円110円
ジャパンカップ130円110円
有馬記念120円100円

意外と110円ついてるいるんですね。複勝はもっと元返しばかりだと思っていた。
でも、100円元返しというリスクを背負って買うのと、「ほぼ」110円が保証されるのとでは買う方の意識も変わってくるだろうし、ダントツ人気馬の投機的な馬券売り上げのアップは望めるかもしれないですよね。

これ地方競馬も追随しないかなぁ…5%ってかなりでかいですよね。
日刊スポーツのサイトに例が載ってますけど、現在の計算での配当金54,470円が、5%上乗せ後だと58,160円にアップするわけで、1,000円券でも払い戻しが40,000円弱違いますもんね。
でも地方競馬全体で5%の負担増は大きいすぎるか。。
そんな余裕があるなら、賞金や給料に回してあげてくれって感じだし。
でもそうなるとJRAに比べて控除率が高くなる地方競馬の衰退が加速する可能性もはらんでくるし…
色々と難しい。

JRAでも来年度は限定的なレースでの実施ということですけど、再来年度にはさらに範囲を広げてくるんでしょうね。
まあ配当金が上がっても、レースを当てなきゃ意味がないんだけどさ。。
結局行き着く所はそこよね(・ε・;)

blo_ran.gif

小倉を通り過ぎて大井

今日は選挙に行こうと思って無駄に早起き。
昼下がりの優雅な午後を漫喫すべく寝っ転がりながらグリーンチャンネルを視聴していたら、いつの間にか寝ていた…
目覚めると、ちょうど小倉記念のファンファーレが鳴り響いている。
ファンファーレで起きるあたり「やるなオレ」とちょっと思ったが、
ソリッドプラチナムから買おうと思ってたのよね…

でももう締め切ってますよね?
当たり前ですよねー(・д・;)

………


買わなくて良かった。
やっぱり「やるなオレ」

土俵際で救われたのでその分を大井で。
まずはメインのデネブ賞。
オペラテンシとエーシンエッティンで鉄板のレース。

エーシンエッティンちゃんがアホみたいに出遅れて5m終了…

そして雷雨が轟くなかの最終レース。
当初はラストチャンピオンで堅いと思っていたけれど波乱を予感させる夕立ち。
ここは捻っていこうじゃないかとばかりにネバダオースティンを本命。
好スタートを切ったネバダオースティンはすぐにズルズルと下がっていく。
そして3コーナーではすでに最後方に近い所まで下がっていき…
結果、最下位…

レースは1番人気のラストチャンピオンと2番人気のキングビスケットで入り、馬連が230円。
波乱の予感なんかどこにもありはしませんでしたとさ。

めでたし、めでたし(本命党が



blo_ran.gif

カワカミプリンセス

カワカミプリンセスが骨折で全治一年とのこと。
現時点で、オーナーは引退はせず現役続行との意思表明。

痛い…これは痛い…
先行馬総崩れの宝塚記念で先行して四角先頭の超強気の競馬で6着。
札幌記念に出てきたら、眩暈がする程ぶち込もうと思っていたのに…
それくらいの自信があった。

間違いなくこの馬はまだ強い! 衰えてなどいない!!
そんな確信があった。

武幸四郎も次で三戦目。そろそろ格好を付けてくるだろうとも感じていた。
何よりカワカミプリンセスの強さを全く疑っていなかった。

そんな中でのこの骨折は非常に残念…
カワカミプリンセスが元気に回復できますようにと祈るばかりです。

みぎゃー!

函館記念は鉄板だと思ったアドマイヤフジが直線伸びずに4着。。
勝ったエリモハリアー、3着のサクラメガワンダーはさておき、すぐ後ろにいたロフティーエイムに負けるとは情けない…
完敗であります。。ちょっと自信あったので-8,000円。
JRAは当たらないから最近抑え気味で遊び買いだったのに…
つい調子に乗ってレート上げたら下手こいた〜(´+ω+`)


そして夜は川崎、オレの川崎。
今日も小頭数のメインレースくろうま賞から参戦。
本命は5連勝中の内田博幸6スマートパイレーツ。
相手に10ブモンノホマレと4ソウシュウペガサスをセレクトしてパラパラ買い。
思えばこの時点で間違っていた…

レースは逃げたスマートパイレーツにソウシュウペガサスが食い下がるも差は詰まらない。
そこに外からブモンノホマレが三番手に上昇。
スマートパイレーツ→ソウシュウペガサス→ブモンノホマレで決着。
うわあ…いつも通りにオッズ投票で買っていれば本線に近い所で当たったじゃん。。
パラパラ買いなので三連単6-4-10 6,380円を200円的中。


と 思 っ た ら


くろうま賞


うおおおおおお!!!
3番目の記入欄から6番の代わりに7番がマークされとるじゃないか (・ε・;)

凡ミスで6,380円損した…
まあ…三連単の配当が6,380円で良かったと思っておくことにしよう…
前にも川崎でこれやってるんだよなぁ…その時のオッズは200倍強だった…
レースギリギリに買うとチェック出来ないし、焦って間違えるからダメだ…



今日はホントに

舞太


もとい、参った(´+ω+`)

そもそも門脇舞以の知名度が微妙だけど、アタシ気にしない( ・3・)〜♪

blo_ran.gif


函館、きっとオレの函館

延長戦までもつこんで決着付かず。
PK戦を制してアジアカップベスト4入りを決めた日本代表。
久しぶりにサッカー見たけれど、それにしても高原のゴールは美しかった。

そのPK戦の前に、イビチャ・オシム日本代表監督がオーストラリアの監督と握手をして帰ってしまった。
なんでもPK戦は偶然性が高く、決着を決めるのに適さないし思想的に嫌いなんだとか。
気持ちはわからなくないけどさ、監督ですよ、総責任者ですよ?

谷垣禎一がヘッドコーチにいたら

「あんたが大将なんだから! 行っちゃだめだよ!!」

って泣いてすがられるって話ですよ。
オシム×谷垣
うん、BLの題材にはならないね(;・3・)〜♪



さて明日は函館記念。
どう考えてもアドマイヤフジのハンデが相対的に軽い。
重賞未勝利のマチカネキララやシルクネクサスと1.5kg差。
サクラメガワンダー、エリモハリアーとは0.5kg差。
確かに恵まれた展開とはいえ前走宝塚記念で4着。その前は目黒記念であわやの3着。
秋に賞金を加算する意味でもここは負けられないでしょう。
不動のド鉄板!

相手も53kgナムラマース1点でいいと、さっきまでずっと思っていた。
東スポを買って清水成駿氏のコラムを読んでいたら、ナムラマースは静養の為に北海道に連れてきたとのこと。
静養する為に連れてきたけど、思いの外状態が良いから使っちゃおうって事なんでしょうか。。

ナムラマースの福島信晴調教師は強行軍がお好きよね。。
鉄の女と呼ばれたイクノディクタスを筆頭に、14歳まで走ったミスタートウジンも福島調教師。
ダート馬のミスタートウジンを、芝1400mのキャピタルSでサクラバクシンオー相手に使ってきたときは驚いた。
そしてサクラバクシンオーの二着に激走してなお驚いたっていう。
この調教師は何考えてるか読めないから怖い。。。
でもそう言われると買いにくいよなぁ、調教は悪くないと思うけど。

なので対抗を滞在競馬が明らかに向いているサクラメガワンダーにしようかと只今思案中。
たまには予想でも書こうと思ったけど結局結論は直前まで出ないっていう(・∀・)

blo_ran.gif

アドマイヤムーン

ゴドルフィンから40億円でオファーが来ていて、近藤利一オーナーも前向きに検討しているというニュースが一昨日くらいから流れてますね。

率直に思ったのは「売っちゃうのかよ!」と。
リーチ君たらムーンの事を愛しているんだとばっかり思っていたのに…
だからアタシは身を引いたのに…
「今年Gl勝ってないから」というくだらない理由で香港帰りのムーンを去年の有馬記念に登録したものの、疲れを考慮して使わなかったのはムーンを愛しているからだとばっかりアタシ思ってた…


ん? Σ(・∀・;)


武豊の騎乗法に大なたを振るったのもアドマイヤムーンに対して。
それを40億を提示されて売ってしまいますか。。
種牡馬になってから売るなら全然問題無いんでしょうけど、
宝塚記念でGl初勝利を果たしてすぐに売却→海外移籍というのはどうもなぁ…

ムーン君には古馬陣に確固たる主役不在の日本競馬を盛り上げて欲しかったっす。

blo_ran.gif

アイビスサマーダッシュと私

週の初めからアイルラヴァゲインを狙っていたら枠順抽選で大外枠をゲット。
JRAローカル開催は気分があまり乗ってこないので買ってなかったけど、大外枠に入ったのは良い知らせ。
いっちょ買ってみようじゃないか。
18アイルラヴァゲインと16ナカヤマパラダイス&15ジョイフルハートで鉄板そうだし。


いきなりレース結果
1着.13サンアディユ
2着.16ナカヤマパラダイス
3着.3クーベルチュール


そうか、サンアディユか…
これは買い切れなかった。悩んだけど切った。
買っていたとしても頭では買えなかったので、同じといえば同じだけど。

サンアディユの買える点は少なくとも二つあったと思う。
1.新潟1000mで外枠に入った
2.休み明けは明らかに得意。過去3戦2勝

しかしそれ以上に
1.初の芝コース
2.初芝を踏まえた上での父フレンチデピュティ

というのは買いにくい。
これを買いにしてしまうと買いのフィルターが緩くなりすぎる。。
次走ダート戦へのたたき台って可能性を捨てきれないし…
臨機応変ってことではあるのだろうけど。
今後もサンアディユ(このパターン)は頭では買えないという結論にする。
この結果はイレギュラーな案件の方に入れておいた方が良いのではないかと。


メインレース

しかしギリギリに買ったら中途半端な金額になってしまった。。
入金したのは8,000円なので、ちょっと残り汁があるのにJRAから戻ってこない…

「何故…何故なの………何故なのよぉぉ!!!」

と思ったら今日も競馬があるのね( ̄3 ̄)
小倉の条件戦はあまりにもわからん…
どうせ買うならマーキュリーカップと浦和競馬でしょう。
今の所エイシンロンバード(マーキュリーカップ)
アースクエイク&ケンタッキースワン(浦和メイン・鉢形城特別)で勝負予定(・∀・)

blo_ran.gif

見たか! 戸崎の実力を!!

フーバーダムこそ惨敗するも戸崎圭太、阪神で二勝三連対!
5番人気、7番人気、7番人気の馬を持ってきたんだから、かなり褒めていいんじゃないでしょうか。
中央のぬるま湯騎手とはひと味違うね(‐∀‐)

戸崎圭太・今日の阪神競馬成績表

1Rアルテサーノ7番人気6着
4Rロードコネクト9番人気12着
5Rタペストリー11番人気12着
6Rマッキーパシオン6番人気5着
7Rマイネインティマ11番人気4着
8Rヤマカツティガー5番人気1着
9Rグランプリゴールド10番人気10着
10Rワイキューブ7番人気1着
11Rフーバーダム13番人気15着
12Rツルマルローズ7番人気2着

この調子でJDDもぶっこぬいちゃってください!
今の所アンパサンド本命でいこうと思っているので( ̄∀ ̄)

福島競馬参戦の坂井英光も10レースで4番人気のチザルビーノを駆って勝利!
二着は前走まで大井にいたダイワロシナンテ。この組み合わせの馬連が6,330円。
南関ファンなら買える馬券も、ダイワロシナンテが中央移籍していたなんて全く知らなかった。

今日は中央競馬の馬券は買わなかったけど南関ファン的にはいい一日であった。

夜は大井競馬トゥインクルレースが開催中。
最終レースだけ買ってみる。
本命はウインシャルフ。南関東移籍初戦の馬。
前走笠松ではゲットゥザサミットを撃破していて、ゲットゥは船橋でOP特別を勝っている。
それを負かした馬が7ランク低いC1条件への転入。これは初戦が美味しい!
と思ったら4コーナー手前でもうズルズルと後退…
見せ場すら無かったっていう (・ε・;)

blo_ran.gif

戸崎、阪神競馬場に見参

アメリカ遠征中の主戦内田博幸に代わって、プロキオンSでフーバーダムの手綱を阪神に取りに行く戸崎圭太騎手。
大人気ですねぇ。日曜日は10鞍に騎乗。4レースから最終まで乗りっぱなしじゃん。
大井好きとしては遠征フーバーダムに頑張って欲しい所だけど、正直これは厳しそう。

全騎乗馬
※人気は8日午前3時現在
1Rアルテサーノ6番人気
4Rロードコネクト8番人気
5Rタペストリー10番人気
6Rマッキーパシオン4番人気
7Rマイネインティマ9番人気
8Rヤマカツティガー4番人気
9Rグランプリゴールド11番人気
10Rワイキューブ7番人気
11Rフーバーダム15番人気
12Rツルマルローズ5番人気

人気無い馬が多いのね。。
人気が走るわけじゃないけど、みんなが投票した指標ではあるし。。

ここで今年のダービージョッキーの心意気と腕を、中央ファンの目に刻みつけていただきたい。
ウチの文男さまよりも先にダービー勝ったんだしさ。

馬に乗ったことは一度も無いし、技術的な事はわからないけど、馬券を買う人間の目から見て戸崎圭太の騎乗には説得力がある。
逃げなきゃいけない馬に乗った時には絶対に逃げる。
スタートが少しくらい遅れようが行く。その点では馴れ合わないし、妥協しない。
馬券を買った者としてはこの姿勢は実に頼もしい。
最後まできちんと馬を追ってくるし、常に勝つことを考えてレースに乗っている印象を受ける。
この点は明日福島に参戦している坂井英光騎手も同様。
内田博幸騎手が中央に移籍したとしても、しばらく大井は安泰ですね。

これがオレの最高の技だ!

奥義! LOTO買い!

馬柱を全く見ないで買ってみた。
予想すると当たらないし (・ε・;)
何番がなんて馬なのか全然わかってない。穴馬だといいな。
こなければ一銭にもならないけど(;・3・)〜♪

ただ25%が控除率で持って行かれる競馬では適当にこんな買い方をすると、いずれは25%負けに収束する。
素人にはお勧めしない。
玄人はこんなバカなことはやらない。

まあ宝くじの控除は50%近いからナンバーズ買うよりはこっちの方がいいよね。
ナンバーズ4なら悪くても50万はつくだろうから、その部分の安心感はあるけどさ。

一応、過去のレースの傾向から函館は外枠が優勢、福島は内枠が優勢なのでそのトレンドには乗ったんだけどね。
このLOTO買いは当たるんでしょうか、当たればいいな。
どうせ当たらないんだよね。

「別れの言葉でも言っておこうか?」

といいつつ期待している僕なのでした(今日のわんこ風

blo_ran.gif

ガミってムーン

うーむ…アドマイヤのおっさんのごり押し大作戦は結実しないと思ってたのになぁ…
明らかに体調十分でないアドマイヤメインを引っ張り役に指名。
メイン陣営も早くから大逃げ宣言。これはブラフというよりファンへの免罪符。


「ウチの馬は馬主の意向でハイペースを演出します。馬券は買わないでね、玉砕するから。」


ということ。しかしこんな力業は大体上手くいかない。
アドマイヤムーンはいいトコ3着だろうと読んでいた。
結局メインは逃げられず二番手も、ローエングリンがハイペースを演出。
目的がハイペースを作り出すことである以上、メインは十分に役目を果たした。

それにしても上手くハマった。今頃美味しいお酒でも飲んでいることでしょう。
アドマイヤムーン&近藤利一さま宝塚記念優勝おめでとうございます。

ボクの馬券はカワカミプリンセスとポップロック。
この二頭から馬連、馬単、三連複、三連単とパラパラ買い。
ポップロックが3着だったので三連複のみの的中。激しく取りガミでした><

しかしこのペースで四角先頭から勝ちに行って6着に残ったカワカミプリンセスは強い!
3コーナーでカワカミより前にいた5頭は14着〜18着を占めているし
一つ後ろにいた二頭、コスモバルクとダイワメジャーも11・12着。
さらに言えばその後ろにいたウオッカとトウカイトリックも8・9着に惨敗。

その中あわやの場面を作ったカワカミプリンセスの実力は非凡。
秋はエリザベス女王杯か天皇賞なのかわからないけれど、すでに本命を打ちたいと思う。



そして夜は大井。
メインのジューンブライド賞。転入初戦のチヨノドラゴンが圧倒的一番人気。
しかし御神本騎手は最近乗れてないし、カネショウメロディは強い。
本命はこちらだろうと、カネショウ→チヨノで縛って三連複と三連単を購入。
昼間パラパラ買って損したので今度は絞って相手は三頭。

直線に入って逃げるチヨノドラゴンにカネショウメロディが襲いかかる。
二頭のマッチレース、完全に二人の世界。
しかし、三番手に差してきたアイスダンスを全く買っていない…
前は二頭のたたき合いが続く! が熱くない…
結局カネショウメロディがハナ差捕らえた所そこがゴール。
最後に余ったから買った単勝が当たった!


200円 (・ε・;)

blo_ran.gif

梅雨でも晴天、ボクの心は曇天

今日の買いレースは二つ。
まずは函館のメイン、大沼ステークス。
最近信頼の置ける騎手度NO.1の藤田伸二ジュレップから勝負。
相手は51kgで単騎逃げが見込めるヒシカツリーダーと、パドックで良く見えたマイネルボウノット。
まあパドックで良く見える馬って大半は思いこみなんだけどもさ(;・3・)〜♪

レースは見せ場も無くジュレップは7着で終了〜
ヒシカツリーダーは6着でマイネルボウノットがブービーの10着
やはり思いこみだったか…
競馬ファンとしては津村のせいにするというのも正しい姿勢ではある(‐∀‐)

そして阪神メイン、グリーンステークス。
久しぶりのフサイチジャンクが一番人気という美味しいレース。
フサイチジャンクは去年の秋の時点で疑心暗鬼。休み明け一番人気で買う馬では無い。
これは参戦しなければ!!

ということで吟味に吟味を重ねて導き出した馬は

10ペガサスファイト 福永祐一

桜花賞馬ファイトガリバーの息子。阪神が悪いはずもない。
最近の成績を見ても軌道に乗ってきている感じ。
昇級初戦でも問題ない。父も母もGl馬なのだから。

しかし相手が絞りきれない…
まずは単勝を1,000円と複勝1,400円、そしてドリーミーに三連単を600円
これで行こうじゃないか!

レースは2タケカワルキューレの大逃げで始まり、勝手に垂れていく。
直線は馬群が一気に一団へ。
ペガサスファイトが抜け出してくる!
外からは7キョウワスプレンダ、内からは9リヴァプール。
残り200、キョウワスプレンダには勝てそうな手応え。


「しのげ! しのげ!」




隣家に聞こえそうな声で声援を送ってみる( ̄∀ ̄)
声援が届いたのか、クビ差程度抑えきった所がゴール。


「よしっ!」


と思うもつかの間…審議の文字が点灯

そういえば残り150mくらいの所でキョウワスプレンダが急に下がって行った。
そのすぐ内にいたのがペガサスファイト。。。
間違いなく審議対象はコレ。









やたらと長い審議









「お知らせします。
只今のレースで第一位入線の10番ペガサスファイト号は直線外側に斜行s………





まあ…オレの運は…こんなもんだ…(´;ω;`)ブワッ





blo_ran.gif

人魚は僕に微笑まない

いや…当たらぬ…
ディアチャンスは前走が横典で今回が武豊。
これだけでも陣営の期待度を感じる。
対抗で買ってたんだけど…サンレイジャスパーは買えない。
ソリッドプラチナムは買えるけど清水成駿氏の本命馬は過剰に人気するからあまり買いたくないんだよなぁ…

ボクの本命はコスモマーベラス。位置取りはバッチリだったのに全然伸びなかった。
▲のヤマトマリオンもまた然り。ただこの馬は時計勝負は絶対合わない。
まさか1分58秒4で決まるとは思いもしなかったし。。
オークスのハイペースといい、牝馬だけのレースはさっぱりわからん( ̄∀ ̄)

阿呆みたい点数買っても当たらないものは当たりません><

で函館最終レース。
降級馬ナイトレセプションで鉄板のレース。鞍上も横典で心強い限り。
相手は地方馬ファインドロップと同枠のゼットカークでいけるハズ。
枠連の5-6と馬連7-9、ワイドの7-9を押さえてあとは三連単をパラパラ。

レースはファインドロップが逃げる所にゼットカークが直線で迫ってくる。
ナイトレセプションは最後方から差を詰めてくるが…届きそうにない…
縦目…痛恨の縦目…
100円でも押さえておけば良かった…

ナイトレセプションは鉄板だと思ったんだよぉぉぉぉぉ!!!!!!

blo_ran.gif

久しぶりに競馬が当たった!

といっても勝ったのは一番人気プレミアムボックス。
この馬は二走前の武豊が乗って勝ったレースが衝撃的すぎて、マイホースに登録してその後を伺っていた。前走は1600万下で負けてしまったけど、あれは展開が向かなかっただけ。
差しの利きにくい福島でも1000万下でこのメンバーなら負けられないでしょ!
と自信の本命。

だけど最近財政危機なので投入金額は控えめ。。。
予定納税の紙は来るしさ…そんなの予定してねえっつのヾ(*`ε´*)ノ”
保険料も来るんでしょ、どうせ…。。。病院行かないのにクソ高いよねアレ。。。
延滞しようものなら14%の延滞税を加算しやがるしさ。。。

って脱線しました (・ε・;)

プレミアムボックス。今日は6番手からの競馬。
こんなに前に行くと思わなかった。吉田隼人は乗れる子だね(‐∀‐)
馬連で手広く買っていたので序盤から結構余裕の観戦♪
直線向いた所でプレミアムボックスはもう楽勝じゃんといった感じ。

問題は相手。
逃げていた2番人気のシルクゾディアックはすぐ失速。うん、買ってない( ̄∀ ̄)
2番手のマキシマムスピードが粘り混みそうな雰囲気。うん、買ってない(;´∀`)

これはヤヴァイぞ…
という所に突っ込んできたのが最低人気のバードントロフィーと、6番人気のトミノドリーム
トミノドリームは買っている!

「差せ! 差せ!」

二百円しか買ってないのに多いに盛り上がるオレ。
結構お安いオレ。

最後クビ差バードントロフィーを捕らえた所がゴール。
馬連1,950円×200円、馬単2,630円×200円がヒット!!

結論:競馬は少額でも当たれば超楽しい!!




blo_ran.gif

ミステイクの安田記念

全く当たる気のしなかった安田記念。
当然のようにかすりもせず…
◎エアシェイディ君ったらドコ走ってたんでしょうか。
16着で入線。ハイ、おつかれ…。

それはいいんです。
びっくりするほど当たる気しなかったから(;・3・)〜♪

それよりも痛恨の失敗がJRAのトリプルUPキャンペーン。
これは春のGl戦線で5,000円以上購入するとプレゼントが当たるというもの。
正直JRAのこの手のキャンペーンは当たる気しないんだけど
こういうの結構好きなのよね(*^▽^*) 
踊らされてるのよね( ̄3 ̄)

んで、今回の安田記念で最後だったのに…
キャンペーン開始の天皇賞(春)からずっと外れてるのに5,000円以上買ってたのに…

忘れてたぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!!!

土曜に入金した15.000円の内の残高分4,200円購入で自制心が働いて終了。
締め切り寸前にミステイクに気付くオレ。さすがだオレ。
でも遅すぎだオレ。。
急いでイーバンクから800円入金してエアの複勝に800円。
購入完了ボタンをクリック!

「このレースは締め切りました…」

うわぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!
思いの外悲しかった(´;ω;`)

東京優駿は涙と共に

ウオッカ強い!
参りました。。
ウオッカの強さは認めていたけれども、皐月賞を見たらフサイチホウオーで鉄板だろうと思っていたよ。

フサイチホウオーは入れ込みがきつかったね。
レースでも全力を出せずに終わった感じでした。
でも全力を出していても、今日のウオッカに勝てた可能性は低いかも。。
それくらいウオッカは強かった。
馬券はトチ狂ったように負けたけど感動した!
なので、後味は悪くない。
さすがは年に一度のお祭り、日本ダービー!


といいたい所だけど、あの緩ペースはかなりいただけない。
レース的には間違いなく凡戦。とても三歳馬のNO.1決定戦とは思えないレース。

正直馬券を離れていえば、
向こう正面〜三コーナーあたりでため息をついた競馬ファンは多かったと思う。

「またいつもの馴れ合いスローペースか…」

だが、それを牝馬として64年振りに制したウオッカが帳消しにしてくれた。
とにかくウオッカ。第74回日本ダービーはそれに尽きる。

オークス【優駿牝馬】の栄冠は誰の手に

ダイワスカーレットは骨折とか屈腱炎で回避じゃないあたり

「今週も荒れさせちゃおっと☆」

という神様の悪戯で熱発させられたに違いない。
つまり今週も荒れる。一番人気のベッラレイアは華麗にオミット。

理由が無いわけでもない。
前走フローラS。馬群を捌くのに苦労して苦労してやっと前が開いたベッラレイアちゃん。
もの凄い末脚を繰り出して、ミンティエアー以下を一気に捕らえた姿は本当に素晴らしかった。
だけども所詮はトライアル、何もあんなに勝ちにこだわる必要はなかった。
ここ本番なのに臨戦過程での調教も軽め。激走の疲れがあった可能性は否めない。

◎ザレマから行こう。
鞍上は武豊。諸説入り乱れてはいるが、ダービーでのアドマイヤオーラの鞍上から下りたのは事実。
真実がいずれにせよ、一貫して武豊が蔑まれた形での報道がなされているのも事実。
ここは名誉回復の一戦。フリーウェイSでプレミアムボックスに乗らないのも気合いの表れだろう。
切れる脚は全くないが、簡単にはバテない馬。
前を交わす脚は無いだろうし、逃げの形を作るのか、早め先頭か。
いずれにせよ今週からCコース。道中は馬場の良い所を走らせれば良い。
直線からは武の魅せ場となる。

○ミンティエアー
馬的本命はこちら。フローラSのレースぶりはベッラレイアを抜けば抜群だった。
1月に走って休養し、4月に二戦。そしてオークス。臨戦態勢に不安はない。
調教もビシビシやって、今回はベッラレイアには雪辱を果たせるのではないかと見ている。

▲トウカイオスカー
血統面の利は大きい。このメンバーならGlといえども期待できるだけの力量はある。
出遅れさえなければ圏内突入も淡い夢ではない。

△アマノチェリーラン
逃げ一頭で怖い。陣営は押さえる競馬が良いと言っているが
そういうコメントは大体ブラフ。この馬が逃げる可能性は高い。

△カタマチボタン
桜花賞最上位馬は無視できない。鞍上藤田も絶好調。
ローレルゲレイロ、デアリングハートに続く3週連続で馬券圏内へ。


ザレマとミンティからの三連単で相手は散らして勝負します!

負けても大井がやってるし(¬ε¬)

喉が枯れる程叫んだヴィクトリアマイル

差せ! 差せ!!
差せぇぇぇぇえええぇぇぇぇぇ!!!!


声が枯れんばかりに叫んだゴール前。
願い能わず、本命デアリングハートは3着。。
コイウタは友人F君がメチャクチャ自信あるっていうから押さえておいたけど…

アサヒライジングは買えんね。
善臣の騎乗は説得力が無いから金入れる気が全くしないのよね。。


しかしがっくし…
デアリングハートはかなり展開が向くと思ったのに…
差す形よりも、先行押し切りだと思ってたけど (・ε・;)
道中スイープの一個前にいた時、その位置はないだろ…と思ったけど (・ε・;)

結果論で言えば、もうちょっと前にいれば二着はあったかもね。
でもやっぱり結果論でしかないけどもね。。


デアリングハートからワイド5点も買ってるのに、コイウタ抜けてるし…
コイウタ-デアリングのワイド万馬券だし…
三連複も4-16縛りで3点買ってるけど、これはアサヒ買えないから仕方ないか…。


それにしても喉が痛い…⊂⌒~⊃。Д。)⊃・∵.



皐月賞

桜花賞前はヴィクトリーが面白いと踏んでいたのに
今週の月曜日に出走馬表を見たらヴィクトリーの鞍上に勝春の文字…
勝春嫌いじゃないけどさぁ(;・3・)〜♪
見た目豪快なフォームとは裏腹に、追われてる馬伸びないよね (・ε・;)

という事で私、一生懸命考えました。

◎マイネルシーガル
いちょうSのレースぶりはまさに圧巻。
そのレースで負った外傷の影響があったのか、朝日杯FSは5着も悲観する内容でもない。
年明けのジュニアカップを快勝して、賞金的に余裕があるトライアルは二着 。
皐月賞に向けてのステップを順調に消化し、前走より気配は断然上向いているとのコメント。
生来の根性に加えて、馬の状態も伴ってくれば好勝負は必至。
少なくともこんな人気薄になる馬では断じて無い!!
自信の本命。

以下、○ナムラマース、▲ココナッツパンチ、△ドリームジャーニー
アドマイヤオーラ、フライングアップル、ヴィクトリーまで印を打つ。


本線の3-8-18は買った時点で14000倍オーバー。
これはドリーミーすぎる!!!

桜花賞

ウオッカの強さは過去の戦歴から明らか。
アストンマーチャン、ダイワスカーレットも歴代の桜花賞馬と遜色ない素質を
持っていそう。
この三強はホントに強い。
少なくとも1、2着のラインは崩れないと読んだ。

ただ3着のラインは崩れる可能性あり。
三強が自分の競馬に徹する事はまずないわけで。。
打倒ウオッカの競馬をしてくることは明白。
これで三着が狂って、ちょっと波乱の目になると読んだ。

三着穴の筆頭はカタマチボタン。
鞍上は復帰後切れに切れている藤田伸二
直線三強の一角崩しに突っ込んでくると予想。

もう一頭は久々だがピンクカメオの潜在能力に期待。


ouka.jpg


先行するのは激しく予定外だったけどカタマチボタンが三着。
ウオッカの頭で勝負してたので三連単は外れ。
三連複のみの的中でちょいプラ。

当たったんだからいいじゃないと人は言うけれど
ちょいプラで満足できない程今年は殺られているのよね。
当たる時はガッツリ当てたいです(>ω<)

高松宮記念

全くわからなかったGlレース。
じゃあ買うなという話なのは重々承知しているけど病気だからしょうがないよね。
「Glだから買わなくちゃ病」
これは非常にやっかいな病気。

ついで、
「予想しているとこのレース鉄板じゃね?病」
も併発しているので実にややこしい。

自信ないのに8,000円も買うなっつー話だべ。

重馬場・左回りでオレハマッテルゼに期待したけど、無難な着順で終了。
やはり買うべきでなかったか。。。
買わないっていう選択肢は始めから存在しないんだけど (・ε・;)

2020.jpg

About JRA

ブログ「馬々の黄昏的日記」のカテゴリ「JRA」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは南関東競馬です。

次のカテゴリは複勝ころがしです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。