メイン

競馬全般

GPシリーズ第一弾-結果

賞金王決定戦は見事にハズレ
3着の6号艇なんて全く眼中にありませんでした><
今年こそGPシリーズを全部当ててやろうと意気込んでいたのに
初っぱなからサヨオナラァアァヾ(*`ε´*)ノ"

1年ぶり見た競艇は、やっぱりなんだかとても大味だった。
第1ターンマークまでは面白いけど
あとは1億円がかかってるとは思えないほどの展開で、普通に回ってきてゴールラインを通過

そこに行くまでの色々なドラマを含めての優勝戦だろうから
やっぱり過程から見ていないと全ての魅力が伝わってこない。

でも競艇チャンネルに入らないと予選とか観れないのよね・・・
来年は12月だけ競艇と競輪のチャンネルに入っちゃうことを考慮しておこっと。
THE☆ギャンブルづくし


そしてどうでもいいけれど、「たーんまーく」を変換したら
y=ー(・ω・)・∵.ターンマーク
と変換されてちょっと面白かった。
死んどるがな (・ε・;)


【結果表】
12.23賞金王決定戦(競艇)ハズレ
12.28有馬記念(JRA)
12.29東京大賞典(NAR)
12.30KEIRINグランプリ(競輪)
12.31スーパースターフェスタ(オートレース)

馬々の黄昏ブログランキング

年末GPシリーズ第一弾-賞金王決定戦

年末なのでGPシリーズを買わなければいけない!
という強迫観念に囚われつつ賞金王決定戦を買ってみた(‐∀‐)

競艇を買うのは昨年の賞金王以来1年振り
ぶっちゃけさっぱりわからない。
けど買う。
なぜなら年末だから。

ぶっちゃけ投票用パスワードなんか忘れた。
けどカスタマーセンターに電話する。
なぜなら年末にはやっぱりギャンブルだから。


ということでパスを教えてもらってから、新聞を見ているとやっぱり1号艇が強そう。
本命は今日初めて名前を知った1号艇の井口佳典選手
IN逃げからあっさりと1億円をゲットしていただきたい。

2号艇松井、4号艇濱野谷、5号艇瓜生の名前は知っているけれど
あえて対抗は今日知った3号艇湯川浩司。SG優出6回で優勝3回とはなんと素晴らしい!
この中で一番若い29歳がやってくれるでしょう!

3着欄には王者・松井繁と、イケメンレーサーでおなじみの濱野谷憲吾

GPシリーズ第一弾はこれで勝負や(・∀・)

2008shokinoh.jpg

馬々の黄昏ブログランキング

バツ、バツ、マル、サンカク

JBCスプリント
本命のアルドラゴンは7番人気で3着
園田で行われたことが多分に影響したような完全に前残りの競馬になった。
道中1、3、4番手の馬での決着。

◎アルドラゴンは期待通りに頑張ってくれたけど
○ブルーコンコルド▲リミットレスビッドが沈んだので馬券は外れ
-5,000円


JBCクラシック
ヴァーミリアンは着差以上の楽勝
どこまでいっても抜かれないという余裕があった。

馬券はヴァーミリアン&フリオーソ縛りだったのでハズレ
サクセスブロッケンもやはり強かったけれど、馬連1.9倍なんて買えないので悔いなし。
-4,000円


日本選手権決勝
前日本命にしていた田中茂(S・アーロン)の優勝!
2年ぶりのSG制覇は圧勝だった。

しかし車券的には直前になって、アーロンはやっぱりスタートがなあ…
と思って高橋貢→荒尾聡→田中茂に買い目変更

うーむ痛恨…三連単の入り目が全く逆だった。。。
押さえの三連複のみの的中
+1,300円


ロジータ記念はお風呂で一生懸命考えたけどまったく閃かないのでパス!

ただでさえ負けてるのに
川崎競馬を買うとさらに傷口を拡げる気がする!!(極めて冷静な判断)

馬々の黄昏ブログランキング

盛り沢山の月曜日

明日は園田競馬場でJBCスプリント&クラシック(JpnI)
山陽オートレース場で日本選手権決勝(SG)
川崎競馬場でロリータ記念、いやロジータ記念(S2)
盛り沢山の月曜日

まずは14時55分発走のJBCスプリント
ここは最初のレースだし思い切って穴狙いでしょう。
◎アルドラゴン
JRA時代には交流重賞も勝っている実績馬

園田の1400mはコーナーを4つ回るのでどう考えても先行有利
挙げ句に内側の砂は深いときている。
ならば差し馬はさらに外を回って捲らなければならないわけで距離ロスもバカにならない。

一番強いのはブルーコンコルドだと思うけれど
鞍上・幸英明の立ち回りなら他馬にも付け入る隙が出てくるハズ。

戻ってアルドラゴン
陣営は生涯最高のデキとのコメントを出している。
5戦5勝の園田、もちろん鞍上も園田の競馬に精通している。
ホームアドバンテージをいかせば一発あっておかしくない。

対抗馬はやはりブルーコンコルド
3番手には1400mが一番合いそうなリミットレスビッド
あとは△でスマートファルコン

アルドラゴンから馬単&ワイド&三連単で勝負!

大井のフジノウェーブは内弁慶すぎなので今回は切った。


そして15時40分発走のJBCクラシック
園田ルールでボンネビルレコードに文男さまが乗れないのでちょっと盛り下がった。
ま、乗れたとしても、今は2日間の騎乗停止中なんだけど (・ε・;)

ボンネビルレコード&内田博幸は大井で1戦1勝なので相性は悪くない。
けれども文男さまが乗ってこそのボンネビルレコード
明日は来なくていいよ(・∀・)

ここはヴァーミリアンでしょうがない。
ドバイ以来の久々だった去年のJBCクラシックも圧勝
去年は大井で生で観ていたけれど、あの強さを見せられたらどうしようもない。
国内なら今年も敵はいないと思っている。

相手はフリオーソで1点勝負!


次は16時30分発走の日本選手権オートレース
大好きな片平巧は準決勝3着で決勝に乗れず…
次に好きなパンジャA浦田信輔は決勝に乗ってきたけれど、いまいち機力が頼りない。。

ただいま10連勝中のミトゥナ高橋貢が1番人気だろうけれど
他の選手にもチャンスはあるはず。

試走次第ではあるけれど、予選道中の印象ではS・アーロン田中茂が面白い。
問題はスタート。
10周戦とはいえオートレースはスタートが占める勝負比率がかなり高い。
一つ外がスタート早い荒尾なだけに、ここ一番の枠なりスタート(!)に期待したい。


最後は20時15分発走のロジータ記念
正直3歳の牝馬戦なんてわからないので、JBCと日本選手権をゲットして
ここは余裕の見送り態勢になっていることを祈りたい(-з-) 

馬々の黄昏ブログランキング

ボンネビルレコード&的場文男

日本テレビ盃(1800m)を日本レコードで勝った最強コンビ。
ボンネビルレコードはこの後JBCクラシック→JCDが既定路線。

しかしこのままではボンネビルレコードに文男サマは乗れない…
なぜならボンネは中央馬で、文男サマは大井所属ジョッキーだから。

ああ…二人はこんなに強い絆で結ばれているのに…
規則が二人の行く手を阻むのね…(妄想)


もうね、中央と地方、園田と南関東とか細かいこと言ってないで


愛があればオールオッケー!


って事にすればいいんですよ!

ラブ&ボンネですよ!!!


しかし超法規的措置には期待できないであるからして
現実的にはJBCスプリントに南関から出走馬を送り込む→JBCクラシックでボンネ騎乗か。
お手馬は微妙だけどこれは正直、力業を使っていける(・∀・)
というよりインタビューで文男サマ自身が乗る気満々なので、すでに決定事項っぽい。
JBC問題はクリア(`・ω・´)b

あとはジャパンカップダート問題
今年から阪神開催なので、南関から特指競走へ出馬→JCDでボンネ騎乗は使えない。
となると方法は一つ。
ワールドスーパージョッキーズシリーズ出場しかない。

地方競馬の代表騎手はトライアルを行って、その得点上位者1名がWSJSに進む。
その第1ステージが26日の笠松競馬で開催。

そのトライアルでの文男サマの騎乗馬
まずシルバースパー賞のツクバブライアン。前走6秒5差負け (・ε・;)
そしてシルバービット賞のカイヅシチー。笠松で3戦して6、8、5着 (・ε・;)

こ、これは…

大井競馬場での第2ステージに期待(;・3・)~♪

馬々の黄昏ブログランキング

新潟記念-ワイド転がし

キーンランドカップで転けたので新たな気持ちでスタート

当たってたら転がすつもりはなかったけど
外れたら馬券買いたくなる病を発症したようだ(・ε・;)

サンレイジャスパーからダイシングロウ、トウショウシロッコ
2008niigatakinen.jpg

【結果】
キーンランドカップが16番人気馬の勝利、新潟記念は15番人気馬の勝利
どうやら今日は買ってはいけない日だったようだ・・・

さて、大井に行くか・・・

馬々の黄昏ブログランキング

キーンランドカップ-ワイド転がし

先行激化っぽいふりしてそんなにペースは上がらないと予想。
好位内のキングストレイルから逃げそうな二頭へ穴狙い!

2008KC.jpg


と思ったらキングストレイルが出遅れ・・・
ウエスタンビーナスはヘタレ先行・・・

スタート5秒で諦めました><
また次、次!

それにしてもタニノマティーニは買えない・・・
結果論で見ても買えない・・・

馬々の黄昏ブログランキング

新潟なのか、札幌なのか

それが問題だ。

月曜日あたりの漠然とした予想では新潟記念のバトルバニヤンだと思っていたのだけれど
重賞実績も無いのにハンデが56kg・・・
前走小倉記念2着のダイシングロウ、関屋記念3着のタマモサポートと同斤
エプソムC5着、七夕賞3着のマイネルキッツよりも1kg重いとか・・・

新潟記念は絞れないのでキーンランドカップにしようかと思って見てみると・・・

軸馬に最適そうなキンシャサノキセキは、スプリンターズS目標でちょっと物足りない感じ。

53kgで勝浦に乗り替わったゴスホークケンが前走のスピードを見るとイイ感じだけど
前週の札幌記念で今年の3歳馬は弱いからマイネルチャールズはいらないと思ってたのに
今週いきなり3歳馬に本命打つのは人としてどうかと思わなくもない。

大幅増で出てきそうなので馬体重は要チェックだけれど、穴ならピンクカメオの一発もあり?

うーむ悩ましい・・・

多分ワイド転がしはキーンランドカップ
今年のスプリント路線は格よりも調子や適性のような気がするし、夏競馬の格言も「格より調子」
最終決断はパドックを見た後になりそう。

馬々の黄昏ブログランキング

馬券師にあるまじき失態

昨日はなんとビックリ!
寝て起きたらメインレースの5分前 (・ε・;)

コンタクトを入れて、PCを付けてじゃ当然間に合わず…

一応前日予想では
マツリダゴッホフィールドベアーからワイド転がしの予定だったので
馬体重やらパドックやらで変更しなければ当たってはいたけれど
その配当が290円ならどうでもいいや。

札幌記念は少頭数だし、出走馬も魅力的じゃないしで
正直、土曜の夜から盛り上がっていなかった。

しかしいくら寝たのが朝とはいえ
メイン前まで起きないとは・・・自分を買い被りすぎていたようだ (・ε・;)
来週からは2時半に目覚ましをかけて寝よう。

馬々の黄昏ブログランキング

転がし馬券の愉しみ

昨日は失敗したけれどワイド転がしは楽しい。

1,000円から始めて4倍→4倍→7倍で10万円を超えるし
4倍→7倍→10倍なら30万円近くまで狙える。

1,000円が3レースで10万円を超えるなんて夢がある。
庶民としてはいきなり10倍のワイドに3万円を入れるのは躊躇があるけれど
転がしで元値が1,000円だと思えばその躊躇もない。

今週から中央でもワイド転がしを始めようと思い立った。
まず手始めは小倉記念のドリームジャーニー
相手はこれからじっくり考えよう

馬々の黄昏ブログランキング

今週思ったこと

☆ユキチャン圧勝
ミーハー魂炸裂で川崎競馬場へ見に行ったわけですけど
場内は川崎記念の倍以上の盛り上がりだった。

勝ちタイムも過去の関東オークスで一番の好時計
レマーズガールの記録を0秒9の大幅更新

相手関係を無視すればクロフネの武蔵野Sを彷彿をさせる勝ちっぷり
可愛いのに強いとか素敵(*´∀`*)

武豊騎手はインタビューで
「見かけは可愛いけど、強情な馬」
と言っていたけれど。


☆日本ダービー爆破予告犯人逮捕
こんな予告があったとは逮捕されてから初めて知った。
JRAでは警備員を増やしたり手荷物検査を実施したとか。

犯人は漫画喫茶から書いていると言っていたみたいだけれど実際は携帯から。
2chはIDで書き込んでいる端末がわかる板が結構ある。
競馬板もその一つで、IDの末尾がOは携帯、0はPCになる。

犯人は自宅から携帯で書き込んだと自供しているそうで
それならさっさと捕まえればいいのに…
こんなに時間がかかる意味がわからない。

警備員増強、手荷物検査にかかる労力・人件費に比べたら
犯人の自宅に行く警察官なんて3人位でしょう。
警察は爆破を心待ちにでもしてたんでしょうか。


☆宝塚記念1週前
カワカミプリンセスを買いたいんですけど、お願いだから鞍上を変えてくだだい><
後生ですから…

後生ですからあああ><

馬々の黄昏ブログランキング

競馬検定

「クイズマジックアカデミー(QMA)」
というオンライン対戦型クイズゲームがゲーセンにあるのですけど
その中に検定試験というのがあって、5月20日〜6月21日までの限定ジャンルとして競馬が登場

早速やってみたけれど、意外と難問も多い。
特に海外問題と人名問題が難しい。


Q-ZERO「2001年の新人騎手賞を受賞した騎手は誰?」

という問題で画面には「柴原央明」と表示される。
けれども読みが意外と難しい。

答えは「しばはら ふみあき」

他にも出た人名読み問題では
Q1「下原理」
Q2「二ノ宮敬宇」
Q3「横山賀一」
Q4「川田将雅」

もちろん競馬知識を試される問題も多い。
Q5「アイルランドのクラシックレースが全て行われるという競馬場はどこ?」
Q6「フランス語で可愛いという意味がある1992年のオークス馬は?」
Q7「英国ダービーの行われる競馬場は?」
Q8「国内最長重賞・中山グランドジャンプの距離は?」
Q9「写真判定に使われるカメラの名称は○○○○カメラ
Q10「ガーネットステークスの廃止に伴い2009年度から施行される新設重賞は?」


これは全部実際に出た問題なので
正答率が70%を超えていたらいきなりでも良い成績が取れそうです。

答え
Q1「しもはら おさむ」
Q2「にのみや よしたか」
Q3「よこやま よしかず」
Q4「かわだ ゆうが」
Q5「カラ競馬場」
Q6「アドラーブル」
Q7「エプソム競馬場」
Q8「4250m」
Q9「スリットカメラ」
Q10「カペラステークス」


クイズマジックアカデミー競馬検定.jpg

得点次第でB、A、Sとランクがあるんですけど
競馬好きなら取りあえずSまではいきたくなりますよね(・∀・)
それにしても全国一位は遠い・・・

馬々の黄昏ブログランキング

グイグイ商事1〜4月期決算

1.平成20年1〜4月期の業績

 
開催場収支
大井△79,330円
川崎△53,640円
船橋19,150円
浦和5,500円
JRA△84,030円
 
総計△192,350円

【業務概要】
今期初頭から全く的中しない日々。
特に当社のメイン顧客である大井競馬場では当社の思惑と180度違い、完全に逆草刈り場と化してしまいました。
しかしながら5月期以降東京ダービー、帝王賞、ジャパンダートダービーと大レースも目白押し。
損益も約△8万円と一発で取り返せる金額となっており、これから当社の躍進が始まると確信しております。

船橋・浦和競馬場では収益が上がっておりますが、主な原因はレース数を絞ったことだと思われます。
このことからレース数を絞って勝負すればコンスタントに収益を上げることが可能だと思われます。
しかしながらどうしても新聞を見てしまうとそのレースを買いたくなるという不具合が発生しております。
期後半ではこれらの改善に全力を挙げる所存であります。


2.平成20年度の業績予想

 収支現利益達成率
通期1,000,000円△192,350円

【期末予想】
現段階では期末予想に変更はありません。

人気馬の信頼度

馬券を三連単フォーメーション固定にするとなると、気になるのが人気馬の信頼度。
そこで前回の大井60レースでの1〜3番人気馬の成績を調べてみた。

人気1着回数2着回数3着回数
1番人気19154
2番人気141212
3番人気787

勝率と複勝率は
1番人気が勝率31.6% 複勝率63.3%
2番人気が勝率23.3% 複勝率56.6%
3番人気が勝率11.6% 複勝率36.6%

1〜3番人気通算での勝率は68.3%


3番人気馬の勝率は低いけれど、半分以上のレースで1、2番人気馬が勝っている。
これをフォーメーションから外してしまうと的中が遠のく。

しかし基本スタイルは2×6×6の40点なので、
1番人気を1着欄に塗ることにしてしまうと、1着欄にはもう一頭分の空きしかなくなってしまう。
これではフォーメーションの味が無くなってしまうのでそれは出来ない。
しかしこの複勝率を見ると、1番人気馬は無条件で2、3着欄には入れておいた方がいいかもしれない。
1着欄に入れるかはその時の予想次第。2、3着欄は無条件。

2番人気馬の取捨は難しい。
これも無条件にしてしまうと、フォメ馬券の残席が4頭分しかなくなる。
これで1,000倍以上を獲ろうとすると非常に厳しい。
2番人気馬に関してはルール無用でいくことにしよう。

3番人気馬も同様。
複勝率3割強なら馬券対象から外すのに躊躇はいらない。

馬々の黄昏ブログランキング

馬券スタイル

馬券スタイルを固定することにした。
何気にフレキシブルを信条としているボクだけれど
馬券に関して臨機応変に買い賭式を買えるのはよくないと気付いた。

馬券の買い方を固定しないと
三連単を買ってから、3着抜けだと悔しいと思って馬連を追加して甚大な被害を受けたり
本線と押さえの金額配分に苦慮したあげく、当初の予算を大幅にオーバーして買ったりしてしまう。

しばらくは三連勝単式フォーメーション。

これだけでいく。
基本スタイルは1着2頭、2〜3着6頭で2×6×6=40点
3×5×5=36点や、3×6×6=60点の時もあるかもしれない。

過去ずっと三連単フォーメーションを買い続けていたら
間違いなく2,000倍とか3,000倍が当たっていたレースがあったと思う。
一年間で一度でも当てれば年間収支がプラスに近づく大万馬券。
これを狙っていきたい。

馬々の黄昏ブログランキング

絶不調モードはいつまでか!?

うーむ・・・
絶不調モードです・・・

ダービー卿CTはカンファーベストから買ってドボン
今日の大井もSPAT4で4レース購入して全く惜しいところ無く8,000円飛んだ・・・

大井ではその前も全然当たらなかったし、JRAで当たった記憶も全く無いし
今は競馬があまり楽しくないモードに突入中

ま、一発当たれば、気分なんて一気に引っ繰り返るのだけれど(・∀・)


これはもう水曜日の大井マイルグランプリと日曜日の阪神桜花賞
ここに全力投球で一気にこの憂鬱な気分を晴らしたい!

馬々の黄昏ブログランキング

パドック論

自分は競馬場へ行くとレース毎にパドックを見に行く
しかしもう15年近くも通っているのに、いい馬がさっぱり見抜けない…

そこでちょっとだけ閃いた。

パドックは来なそうな馬を見つける場所ではないのかと。
発汗が凄すぎる馬、入れ込みが激しい馬、見るからに元気のない馬、等々


人間に置き換えて考えてみる

体調のいい人がパドックを黙って周回していても
その人の体調が良いのかなんて、外見だけではよくわからない。

しかし逆に体調の優れない人がパドックを周回していたら
「あれ!? この人なんだか体調が悪そうだなぁ…」
と思う事も多々あると思うのです。


パドックで良く見えた穴馬が飛んで来る事よりも

パドックで悪く見えた人気馬が飛んでいく事の方が圧倒的に多い


TVでパドック解説者がアナウンサーに「良く見えた馬は?」と問われても
まず無難な馬しか挙げない。人気馬を列挙しているとしか感じない。
それだけパドックで馬の調子の良さを判断するのは難しいという事かもしれない。

パドックでちょっとくらい良く見えても「気のせい」と割り切る勇気が必要なのかなと。
体調が悪そうな馬、必要以上に入れ込んでいる馬などを見つけるのに力を注ぐべきではないのかなと。

つまり

黒鹿毛なのに顔面が蒼白な馬がいたら無条件で消し!

blo_ran.gif

フェブラリーステークスの想い出

今日の金盃は外れ
ルースリンド)は勝ったけれど、2、3着が抜け
紐荒れを期待していたので人気決着なら外れても悔いは無し


今週の日曜日はフェブラリーステークス(GI)
フェブラリーステークスは自分が初めて万馬券を獲ったレースだったりする

今から10年前の1998年2月1日
本命は岡部幸雄のグルメフロンティア
そこから馬連で何頭かに濃淡をつけて買っていた。

レースは直線でグルメフロンティアが見事な差し脚で抜け出して圧勝態勢
メイショウモトナリが好位から粘る所に、後方一気でシャドウスケイプが猛然と迫ってくる。

シャドウスケイプは買っていなかったし
グルメフロンティアメイショウモトナリで決まると
万馬券だということを知っていたのでゴール前はもの凄く熱かった。

しかし一人で見ていたので、声は出さずに心の中で超応援

そのまま! そのまま!! そのままあああああ!!!!

あれは熱かった。
今思い出してもあれは熱かった。

グルメフロンティアメイショウモトナリの馬連2-6は11,730円

初めての興奮に友達を呼んで、その日は焼き肉パーティーナイトを開催した
安楽亭だけど(¬ε¬)

blo_ran.gif

内田博幸と吉田稔

内田博幸騎手がJRAの騎手免許試験に合格
3月1日付けで中央移籍を果たす

大井競馬場で長年見てきて思うファン目線での感想としては
内田騎手の素晴らしい所は必ず最後まで追ってくること。

さすがに絶望的な位置にいる時は別だけれど
勝てないながらも馬券圏内に入れる可能性がある場合には全力で追ってくる。

この姿勢で何度も何度も嬉しい目を見たし
逆に最後の最後で猛然と3着に突っ込んでこられたり
もう完全に脚の上がっている馬を無理矢理豪腕で残されたりして
「そんなご無体な・・・」
と思ったことも一度や二度ではない。

しかし個人的な馬券を邪魔されようとも、その姿勢は素晴らしいの一語。
内田博幸騎手は、馬券が外れても諦めが付く説得力という武器を持っている。
これはファンが何よりも求めているもの。

大井ファンとして移籍してしまうことに一抹の寂しさは禁じ得ないけれど
2ヶ月のブランクもなんのその、一年目から関東リーディングを取っていただきたい!



翻って愛知の吉田稔騎手は3年連続の不合格

不合格の理由に付いては、きな臭い話が無責任に飛び交っている。
しかしそんな噂に信憑性を感じてしまうほど、不合格の理由が不透明なのも事実。

そもそも騎手経験者で二次試験に落ちているのは吉田稔騎手だけ。
それも3年連続で落ちている。
そして今年受けた新人騎手3人は見事に合格を果たしている。

試験が公明正大に行われているのだとすれば
新人騎手が合格して
通算2,000勝以上を上げている騎手が3年連続で落ちることがあるのだろうか?
それでなくても試験なんていうものは経験者が圧倒的に有利。

とても疑問を感じる。
JRAでは吉田稔をJRA所属にしたくないという思惑があって
後付けの理由で無理矢理落とされているという陰謀説の方に納得がいくのも事実。

しかし競馬マスコミはこの部分には全く触れない。
2月15日付スポーツ報知で吉田稔騎手について触れた部分は10文字×3行、不合格を知らせただけ。
JRAとしては真相を相変わらず闇の中に置いておきたいらしい。

blo_ran.gif

チャルメラのお値段

mera.jpg

チャルメラが好きなんです。
インスタントラーメンの中で一番好きなんです。

それでいつも行くセブン&アイ・ホールディングス
またの名をイトーヨーカドーというスーパーでは、5個入りパックを348円で売っているのです。

でも安売りの時には258円になるので、その時に買うのですけど
たまにもっと安くなっている時があって、その時は228円
GE☆KI☆YA☆SU

狙ってはいかないのでたまたま行った時に228円だと

「いい買い物したなぁ(´¬`*)」

と一人満足感に浸っていたわけです、今までは・・・


しかし本日近くのドラッグストアに行ってみたら、あらビックリ
普通に5個入りパックが198円で売っていた (・ε・;)

なに、この敗北感は・・・


いやまあ、そんな所で30円とか50円の差額を気にするのなら
競馬場にいる時、全く当たる気がしないレースに2,000円とか入れるのを自重しろって話なんですけど


それは出来ない!(きっぱりと)

blo_ran.gif

朝日杯FSの思い出

朝日杯フューチュリティステークスの思い出でも書こうと思って
優勝馬一覧を見渡していたら全く的中した記憶が無いことに気付いた。。

多分このレースは自分が一番最初に競馬新聞を買ったレース。
買った場所まで憶えている。祖母の家の近くのバス停横のローソン。

あの頃はまだ1部300円の時代だった。
それでもこのペラ紙が300円なの!? とかなりビックリした記憶がある。
思い返してみると、その頃はまだ中学生。
新聞1部に300円はかなり高額。

今のように牡、牝のカテゴリ分けでは無く、西と東で3歳ステークスが行われていた時代。
朝日杯の一番人気はリンドシェーバー、阪神はイブキマイカグラ。
共に1番人気に応えて快勝した。


この時競馬新聞は買ったけれど、馬券は買わずに祖母の家でレースを見ていた。
あの頃は競馬を見ているだけでワクワクしたし、楽しかった。

最近は馬券を買わないとレースが全然楽しくない!
その馬券が当たらないからフラストレーションは溜まる一方だし・・・

「あの頃は良かったなぁ・・・」とちょっとノスタルジーに浸りたくなってきた。
馬券さえ当たれば全ては解決なのだけれど。

blo_ran.gif

一度当たればザクザク当たる

今日は船橋競馬を買ってみた。
メインレースの三里塚特別
ザクザク消していって残った馬は内側から
ニイタカヴァンクル、ミスジョーカー、ヘイセイゴメス、コウノピロニール

本命は逃げ切りに期待してコウノピロニール
そして結果はというとコウノピロニールが逃げ切って2着はミスジョーカー、3着にニイタカヴァンクル

完璧な的中!

と思いきや当たったのは馬単が100円だけ…配当は4,830円

購入は総額で3,500円。
完全に濃淡を付けすぎ…1、3着の馬連と馬単には2,000円入れていた。

あまりの馬券下手っぷりにちょっと吐き気がしました。。


なんだかここまで絶不調だと、一発当たったらすぐに二発目が来そうな気がしてくる。
株を買えば翌日にストップ安だし…何をやっても絶不調。
いつ大外一気のバイオリズム転換があってもおかしくない。


一段目のロケットが発射したらその資金を余すことなく転がそう。
LOTO6やtotoBIGを買ったら当たっちゃうかも(・∀・)

そんな企みを見つけたある秋の一日

blo_ran.gif

馬券なら買えるのに

「CLANNAD(クラナド)」

テキストノベル系統のギャルゲー。
基本的にギャルゲーはやらないのですけど、このゲームめちゃくちゃ評判がいい。
シナリオがかなり泣かせるらしい。
amazonのレビューでもかなり高い点数をマークしている。

「かまいたちの夜」や「EVER17」「EVEシリーズ」等々
ボクはテキスト系AVDが大好きなので、買ってしまおうかと最近激しく迷い中。

CLANNADの発売日は2006年2月23日
発売されてから、もう1年と6ヶ月。
今現在amazonでの価格は6104円。

なんだか時期的にそろそろ廉価版が出そうな頃合い。
通常版買ったらすぐに廉価版が出たとかとってもショッキング。
買った翌日とかに発表されたら、心臓発作で死ねるって話です (・ε・;)


まあ、そんなみみっちぃことをいっている暇があるなら
馬券を買わないでゲームを買えって話ですけれど、それは違うんだなぁ(´ー`)

馬券を1万円買うのは簡単だけれど、1万円のジーンズを買うのは難しい。
馬券なんていくら買ったって、大概は紙切れ一枚しか残りはしないのに…

嗚呼…
馬券を買う程度の勇気で、品物を買える男になりたい。

blo_ran.gif

イーバンクの憂鬱

SPAT4もIPATもイーバンク口座からの引き落としで使っている。

そのイーバンクが12月からATM手数料を改定するらしい。
http://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/information_197.html

今まではセブン銀行で無料、ゆうちょ銀行でも条件を満たせば無料だったので凄く使い勝手が良かった。
それが12月からの改定で条件問わず無料枠は一律に1回のみ。

入出金いずれかで1回なので、2回目からは入金にも210円の手数料を取られることになる。

高い…

正直入金は新生銀行(振り込みが最低3回無料)を経由すれば良いのだけど
入金するにも210円取るという心意気自体ちょっと気分が悪い。

下ろすにしても210円払って直で下ろすのであれば、
振り込み手数料の方が安いので、他行に振り込んでから下ろす方がお得。

せめて入金無料、引き落とし105円なら問題はないのに。
イーバンクは使い勝手が良いので大好きだったけれど、これはちょっと悪改定すぎる。


しかし利点もある。

自分のような負け組馬券師は、口座にこれ以上は使わないと決めたお金が無くなっても、ついつい新たに入金して買ってしまう。しかしこれからは210円払ってまで入金する気には絶対にならないので、買わないレースが増える。

買わないレースが増えると、その分お金が減らなくなる。


なぜならボクは知っているから。


競馬で一番儲かるのは「買ったつもり貯金」だってことを。

blo_ran.gif

ごった煮

とても…速そうです…

78787.gif


   *


You Tubeを彷徨っていたら、武豊が乗ってみたい馬を語っている動画があった。
55,000Viewsもあるので相当有名な動画みたいですけど。

http://www.youtube.com/watch?v=4XSo_WDajV4

なんだろう…この胸に去来する気持ちは…
在りし日の石橋守の笑顔が切ないです…


   *


フサイチホウオーの次走がJCダートに決まったそう。
父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー 母父サンデーサイレンス

見るからにパワータイプで、ダート路線で通用してもおかしくない。
絶対王者不在の中距離ダート路線。
鳳凰があっさりとその器に収まる可能性はある。

という風に皆が考えてくれれば美味しい所(*´ー`*)ムフ
人気集めないかなぁ…
目先を変えたところで、ホウオーが復活するとは思えない。

blo_ran.gif

巨人と野球と競馬

原監督は大好きだけれど、巨人は大嫌い。
原監督の笑顔は見たいけれど、巨人には負けて欲しい。

そんな矛盾と戦う日々です。

原監督の引退試合。
試合前のスターティングメンバー紹介での

「四番 サード 原」

という声を聴きたくて5時からラジオ聴いてました。


野球って日本では昔から人気があるけれど
野球にまつわる馬名はそんなに多く無い気がする。

大きい所を勝った馬だと1979年の天皇賞馬スリージャイアンツくらいしか浮かんでこない。

確かに馬名に野球用語や選手は使いにくそうです。

あとはミラクルドラゴンズという逃げ馬がいたのを思い出しました。
他にはフサイチイチロー、ゴーゴーゴジラ、シゲルホームランなどなど。

シゲルゴッドハンド、シゲルダイハッカイ、シゲルガンバレ、シゲルナナフシギ、シゲルフドウカブ、シゲルアラムシャ、シゲルアマショーグン、シゲルデッドクロス、シゲルドントコイ、シゲルドントイケ、etc.etc.

関係ないけどシゲルの馬は素敵。


そういえば、大井競馬に「サンバンナガシマ」という馬がいたけれど予後不良になってしまい、長嶋茂雄が大好きな馬主の方は大変にへこんで、「長嶋さんに申し訳ない…」というコメントまで出されるなんてことがちょっと昔にありました。

blo_ran.gif

穴党の折り合い

ボクはどちらかというと穴党なんです。
そんなにきっつい穴党でも無いので中穴党という感じですけど。

でも競馬新聞を穴の開くほど見つめて予想していると
どうしても本命サイドの馬が浮かび上がってくるわけじゃないですか。
買う要素が多いので必然的に人気を集めるわけだし。
稀にどう考えても来ないだろう…という馬が祭り上げられていたりしますけど。

どこら辺で折り合いをつけるか、これが非常に難しい。
人気馬が堅そうなら、今は三連単もあるし人気馬本命で良いのですけど、人気馬に隙がありそうな場合が難しい。
隙がありそうというだけで、当然その人気馬を買える要素がいくつもあるわけで。

自分的には結局最後はオッズとの兼ね合いになってしまう。
「コストパフォーマンス」という言葉は、当たるか外れるかの競馬に当てはまらない気がしますけれど、それでも費用対効果は重要かなと。
同じくらい来そうで悩んでるいるならば、オッズの高い方を取った方が良いかなと思っているわけです。
配当が大きい方が当たったときにも嬉しいしね。


今でも覚えているのが、まだ高校生だった頃の話。
1月5日恒例の初詣を浅草寺で済ませ、これまた恒例のウインズ浅草にいた時の話。
その時から穴党だったボクは、迎春ステークスで最低人気のホクトベルビューから買っていた。
そうしたら直線で最後方から怒濤の追い込み。

「差せ! 差せ!!!」

と叫んでいたら、末脚衰えず綺麗な差しきり勝ち。

2着馬が1番人気だったこともあってか、近くにいた知らないおじさんも

「おめでとう!」

と声をかけてきてくれて

「ありがとうございます」

とにこやかに応えてはみたけれど

この組み合わせの馬券は買っていない…

なぜなら万馬券じゃなかったから。
本命が最低人気馬だけにほぼ全ての組み合わせが万馬券。

1番人気とじゃ77倍しかつかないじゃん…
それだけで買い目から外した。。

そんな話を今でも覚えているわりには、経験があまり生きていない。。
今でも時々、人気馬を無意味に嫌って本命馬から抜けというパターンがある。。。


そういえば、競馬予想家の水上学氏がグリーンチャンネルでこんなことを言っていた。

「本命馬は粗探しをして、穴馬ではセールスポイントを見つける」

なるほどと思った言葉。

blo_ran.gif

知らない騎手が多すぎる

いや、そんなこと言えた義理じゃないのは重々承知しているんですけど…


特に中央競馬の若手がわからない…

地方競馬は騎手ごとにデザインされた勝負服を着ているので
知らない勝負服を見ると「これは誰デスカ!?」
と思いつつ手元の競馬新聞で照合したりするので、そこで覚えることが出来る。

中央競馬にはそれがないので、レースを見ていても騎手名を気にすることがない。

今、中央競馬では見習い騎手戦をやっていますけれど、馬柱を見ても半分以上わからない…

自分の場合、JRAは重賞レースしか買わない事がほとんどなので
別段知らなくても不都合はないのですけれど。。

それでも昔は覚える気が無くても末端の騎手の名前まで知っていたのになぁ…
自分も歳を取ったなぁと心底思う次第です。。。

そういえば一昔前のマイナー所では「宝来城多郎」が大好きでした。
主に名前の語感がだけれどね。口に出して言いたい日本語。

blo_ran.gif

あぶく銭の法則

勝った時の金は惜しくなり、負けた時の金は紙に見える

って無いですか?


勝った時の方が質素な食事になる事が圧倒的に多い。
思いっきり負けた時の方が焼き肉屋とか寿司屋に平気で突っ込んでいく。

もちろん勝った時に誰かが一緒にいれば豪華な夕食を奢りますけれども
特選上カルビとか頼みまくりですけれども
一人で大勝した時の夕食は大抵、松屋か、なか卯か、ラーメン屋。

負けた時はもうどうでもいい感じ。
食事だけじゃなくて、大きい買い物をするのもガッツリ負けた時が多い。
最近だとネット通販があるので、深夜でも色々買える。

自分は普段あまり物を買うタイプでは無いので
どちらかといえば、欲しい物を買うのを大敗が後押ししている感じなのだけど。


『勝った時に厚くなった財布はちょっとでも薄くしたくなくなり
 負けた時はもうどうでもいいやと、残りの有り金をジャブジャブと使う』
 
そんなお話。

blo_ran.gif

レートと的中率はなぜ反比例するのか?

レートを上げると途端に当たらなくなる気がします。。
自信があるからレートを上げるのに…
両者は正比例しなければおかしいと思うわけです…

過去、自分は1レースに10万円以上入れた事が2度あります。


最初は宝塚記念
スペシャルウィークとグラスワンダーの対決が興味を誘った1999年
もうこの時はスペシャルウィークの勝利に無茶苦茶自信あってですね。
単勝に10万円入れました。
最終オッズは1.5倍。全然美味しくないですね。
でも買った時の段階では、もう少しついていたと記憶しております。

そのスペシャルウィーク、4角を回った時点でグラスワンダーとの脚勢の差は歴然でした。
2着確保も、その後の欧州遠征プランを白紙撤回する3馬身差完敗。

あと馬連なども買っていたのでこのレース13万円負け…

その後、一緒に行った友人が誰かに話したらしく
バケツリレー方式に話が伝わってボクの所に戻ってきた時には20万儲かった事になっていた。。

「儲かったんでしょ! おごってよ!!」

外れた時よりもこの言葉が一番堪えました。。。

1999年の宝塚記念結果


2度目は菖蒲ステークス
岡部幸雄騎乗のシャドウランサーにメチャクチャ自信がありまして…
当日の朝一からウインズに突っ込んでいって9時ジャストに馬券を購入。

そのシャドウランサー
ものの見事に馬群に沈んでいきました。
一片の見せ場もなく…12着大敗…

2000年の菖蒲ステークス結果


いつもより自信がある(当社比)からぶち込むのに…
見せ場すらないとホント辛い…ので高レート買いはこの後自重。

さすがに6桁入れると外れた時のダメージが大きい。
外れは想定して買っているので、金額的にというよりも精神的に来る。。
少なくともこんな庶民が入れて堪えられる金額ではないらしい。

blo_ran.gif

口は災いの元?

水上学氏の「日本競馬に口アングリー」を読んだ。

私、競馬のココに怒っているんです的な一冊。

見出しを見ていたら
「騎手は何故最後まで追わないのか」
「本当のことを隠す調教師がいる理由」
など自分も昔から思っていて共感できまくりだったので買ってみた。


馬の負担を減らす

最後まで追わない騎手達は、そういうことを考えてるんでしょうね。
でもさ、ゴール前5mを追わないだけでどれだけ馬の負担が減るのかと。。
それで差された騎手や、ハナ差負けの騎手には制裁を科すべきでしょう、どう考えても。
ホントにがっくりだよ、あれは。
どうしても負担云々でいうのなら、空追いの技術でも身につけるべきであって
ゴール前で腰を上げる行為は、職務怠慢か、ただの無能でしかないとおもうのです。


今だから言えるけど、あの時は出来がホントじゃなかった

今だから言える理由はどこにあるのかと。
その時言わなかったのなら一生言うなと。墓場まで持って行けと。

あの時はちょっと乗り込み不足だった
あの時はフケがきていた

似たようなセリフを新聞で見る度に不愉快になる。
今だから言う理由が全くわからない。。
それを聞いた人達の気持ちとかわかってないんでしょうね。
ちょっとした秘密の暴露みたいな快感まで感じてやがるんでしょうね。


そういえば、似たような話がつい最近の政界でありました。
麻生幹事長が「ずっと前から(首相の辞意を)聞いていた」と発言。
この発言はかなり反麻生派に突かれていました。

「麻生太郎君の、他陣営が用意する前にフライングスタート。速攻告示! 速攻投票日! 大作戦」

は結局失敗に終わってしまいましたとさ。

blo_ran.gif

競馬人生最良の一日

金が無い 嗚呼金が無い 金が無い

検索すると100件は引っかかりそうな川柳を詠んでみました。
気になる検索結果はこちら→Google

今日は川崎競馬場で戸塚記念(S3)が開催。
「戸塚」って横浜にある地名だけれど、ヨットスクールを思い出すので何か響きがよろしくない。
ヨットスクールは愛知にあるので全然関係ないのだけれど。

さてそんな戸塚記念。お金が無いので見です。。
私、刹那的な思考の持ち主なので、当たりそうならお金無くても全然行くんだけど。
でもちゃんと無借金経営です(・∀・)


それで思い出した昔のお話を一つ。


その時はびっくりする程お金が無かった。
財布の中身は3,000円ちょっと。
ガチでそれで全財産、貯金などない時代。

「さあて、どうしようか…?」

そうだ! 大井競馬やってるじゃん(・∀・)ゼンツッパ!!


3,000円持っていても、持っていなくても大して変わらないじゃん。
という旗印のもと大井競馬に突撃!
でも本場まで行くと色々お金がかかるので、川崎競馬場の大井場外へ。


メインと最終の2レースで勝負!
しかしメインで既に全財産の3,000円を投入してみる。
すると三連複が100円的中。配当は2,760円。

ちょっと減った所で最終レース、ファイナルナイト賞で勝負!

このレースは今でも鮮明におぼえている。
本命はアヅマディフィート(内田博幸)、対抗に人気薄のダイワブルーバード(山口勲)を抜擢。
三着馬は散らしてマークシートを記入。


そしてドラマは最終に訪れた。

逃げの手に出たアヅマディフィートの逃げ足は軽快。
ダイワブルーバードが3コーナーから捲り気味に進出してくる。
内回りの4コーナーに差し掛かった時点では、この両頭で鉄板臭がぷんぷん!

「よしよし。そのまま! そのまま!」

そこからはもう二頭の競馬。
アヅマディフィートが1馬身半ダイワブルーバードを抑えてゴール。

馬単3,120円をド本線でHIT!


3着には人気薄の9番人気スピードレインボー(石崎隆之)が突っ込んできた。

「おお! 君も買っている!!」

返す刀で三連複35,590円を200円、三連単114,150円も100円HIT!!


行きには3,000円しか持っていなかったのに、帰り道の財布には20万円以上入っていた!
今までの競馬人生で一番輝いていた日かもしれない。

blo_ran.gif

久しぶりに複勝ころがしを

久しぶりに複勝ころがしでもやってみたい気分になった。
というのも昨日の日記に書いたように今年やられまくりで余裕が無い。
余裕は無いけど、夢は見たい。

そうだ! 転がしだ!

という短絡的思考で複勝転がし。
ワイド転がしでもいいのだけれど、ワイドって意外とむつかしいのよね(¬ε¬)

まずは1,000円札一枚で札幌記念からスタートしようかなと。

いざ推して参る!


ところで複勝転がしは意外と侮れない実力を持っている。
1,000円を1.5倍、2倍、2.5倍、3倍で転がし続けるとどうなるか?
それを表にしてみました。
これを見ると複ころやりたくなるに違いないよ(・∀・)

↓的中数
1.5倍
2倍
2.5倍
3倍
1
1,500円
2,000円
2,500円
3,000円
2
2,200円
4,000円
6,250円
9,000円
3
3,300円
8,000円
15,500円
27,000円
4
4,950円
16,000円
38,750円
81,000円
5
7,350円
32,000円
96,750円
243,000円
6
21,900円
64,000円
241,750円
729,000円
7
32,850円
128,000円
604,250円
2,187,000円
8
49,200円
256,000円
1,510,500円
6,561,000円
9
73,800円
512,000円
3,776,250円
19,683,000円
10
110,700円
1,024,000円
9,440,500円
59,049,000円

ほら、やりたくなった人がきっといるハズ(‐∀‐)


まず10万円到達ラインは、1.5倍で10連続、2倍は7連続、2.5倍は6連続、3倍は5連続。
夢の帯封100万円到達は、1.5倍で16連続、2倍は10連続、2.5倍は8連続、3倍は7連続。

2.5倍〜3倍のラインを狙っていけば、5・6回で10万円に到達。
そこからさらに2発連続で当てれば100万円帯封に到達。

こう見るとなにげに余裕そうな感じがしてくる。
3倍が10回転とかしちゃったら5900万ですよ!!
どうしましょう、奥さん!

まあ、どう考えても1900万とか入れられないけど (・ε・;)


blo_ran.gif

南関東競馬新聞500円也

寝過ぎで頭が痛い…

寝過ぎで頭が痛くなるのは、睡眠時間が長くなると、脳がリラックスしすぎて血管が拡張されて痛みが発生するというメカニズムだそうで。

でもこの痛み。何しても治らないけれど、寝れば治るとはこれ如何に!?

どちらにしろ幸せな痛みだということで。。

発生の仕組みからは、生産性の欠片も無いけれど。


そして今日も馬券を買わなかった。。

昨日既に専門紙をゲットして、態勢は万全だったのだけれど。。

また500円損してしまった。。。

それにしてもあのペラペラの紙が500円というのは高い。

さらにキオスクなんかで買うと、売店によってはふざけた置き方してあるので、ありえない折り目がついている時がある。

「おいおいおばちゃん…このペラ紙500円もするんですよ?」

と説教したくなる時がたまにある。

まあ、大方の競馬新聞への評価なんてそんなものなんだろうけど。。。

自分がよく大井競馬の新聞を買っている駅のおばちゃんに

「こんなの売れないんだから置いてもしょうがないのにねぇ…」

と愚痴を言われたことがある。売り上げに貢献しているのはボク他わずからしい。

ギリギリの時間で買ってもいつも余っているから、たくさん売れ残っているのは知ってるけれど。

駅の売店に南関東競馬の新聞が置かれなくなる日も近い日がする。

そうなるとヘビーユーザーは困るなぁ…

ボク他わずかだろうけど 。

馬券買いたい病発症?

最近馬券を買っていなかったので禁断症状が出てきた。

しかし買うからには当てたい。

どれが当たりそうかしらと新聞を見つめるモーニング。

タキオンスピリット 3戦いずれも圧勝

これだ!

頭は堅そう。ヒモ荒れにも期待できそうなメンバー構成。

登場は最終レース。時間的にも余裕がある。発走は8時50分。

しかし入れ込み過ぎて川崎に7時に到着。

さてどうしよう。。

このまま突っ込むのは構わないが、確実に戦死者が増える。。

葉月は前半戦の疲弊がまだ残っている。戦況は芳しいわけではない。

という非常に高度な政治的判断でゲーセンにて「麻雀格闘倶楽部6」をプレイ。

8時10分、いよいよ出陣と表に出て空を見上げると激しい雷光が。。

雨もポツポツと降ってきた。確実にこれは本降りになる。

そう予感させるのは稲光と高木ブー。

気付いたらパチンコ屋へと避難していた。

競馬は諦めてパチスロで稼ごう。勝負は設定のよさそうな台が空いていた「リングにかけろ1」

2,000円でREGは飲まれて、買い足し1,000円でBIG。

そこからは高設定らしい堅い展開で、2時間打って1,179枚ゲット(・∀・) +20,500円

さて競馬はといえば、家に帰りインターネットでレースチェック。

タキオンスピリットは圧勝も2着は買うつもりの無かった馬。

パチスロへしけ込んだのは大正解だったらしい。ナイスなタイミングで夕立ちがきたものだ。

ありがとうブー様。

勝てれば馬券じゃなくても気分が良い。明日の川崎競馬の新聞を買って帰途についた。


blo_ran.gif

馬券を買わないとどうなるのか?

アンサー
お金が減らない(・∀・)

先週一週間1レースも買わなかった。
JRAは元々買うつもりが全く無かったので当然としても、我が主戦場の南関東競馬も買わなかった。

先週の開催場は船橋と浦和。3日間開催と2日間開催。
基本的に南関東は1週間5日or6日で1場開催なのでこういう割り振りはあまりない。
まあ浦和がやる気ないので、こういう日程になったのだろうけれど。
浦和競馬は小さくまとまっていて結構好きなのだけれど、さすがに2日間開催は買いにくい。
明確な理由が自分でもよくわからないけれど、2日間開催は購買意欲が沸かない。
これ経験則( ̄ー ̄)

馬インフルエンザ明けのJRAは土曜日の新潟が前年比で-12%超の売り上げ減。
新潟記念も前年比で8.6%の売り上げ減。
キーンランドカップは3.2%の減少で、札幌競馬場の入場人員自体は前年比で増加。

みんな好きねぇ_( ̄◇ ̄)ノ彡☆
もっと減ると思っていた。
JRAとしては満足できる売り上げなのではないでしょうか。

そう大したことのない売り上げ減だと、馬インフルエンザ問題で紙切れ一枚の声明出しただけで、会見も開かないお飾り理事長とかがチョーシに乗っちゃうから、先週は売り上げがっつり減ればいいのに…

とか思っていたけど台無しでした(;・3・)〜♪

理事長も8月末で任期満了にて新しい理事長に変わるみたいだけれど。
今度の理事長は15代目にして初の生え抜きだそうで、何か変わるのでしょうか?
まあ、特に何に期待しているというわけではないんだけれどもさ。

がんばってくれよと。健闘を祈るよと。←なぜか上から目線(¬ε¬)


blo_ran.gif

今週のJRA開催

1週間休んだだけで今週からJRAが再開。
新潟記念に出走予定だったサンレイジャスパーに陽性反応が出てしまったらしく直前で回避も、他に目立った混乱は出ていない。
しかし建前とはいえ「公正競馬」を標榜している以上、この逸りっぷりはちょっと理解できない。
あまりにも急ぎすぎている感がある。
JRAほどの巨大な組織になればしがらみや圧力も大量にあるのだろうけれど。

ただ地方競馬ファンとしては、地方競馬の為にはよい決断だったのかなとも思う。
JRAは日本競馬にとってのフラッグシップだし、JRAが馬インフルエンザで開催を自重していたら、陽性反応が多数出た地方競馬場は開催に踏み切れない。
今回JRAが陰性馬のみでの開催を強行したことによって、各地方競馬場も後に続ける環境が整った。

我がホームの大井競馬場も91頭が陽性反応を示したと最新の報道。
次回の大井開催は9月2日からで、開催の有無は8月27日に発表するとのこと。
大井の場合は一開催飛ばしても、個別にはともかく大局的に深刻なダメージにはなりえない。
ただ金沢競馬や盛岡競馬などは多少無理をしても開催中止は避けたいだろう。

そう考えるとJRAの開催強行は支持すべきなのかも知れないと思えてきた。
馬券を買う買わないは、全ての選択権がファンに委ねられているのだし。

文句があるなら買わなければいいというのは間違いなく極論だけれども、
買って外れてから文句を言うのが一番情けない。
今週はそういう逆ギレをする人が結構いそうだ。

馬券を初めて買った日

競馬を始めて買った日の事って覚えてるものですよね。
ボクの場合は16年前の1991年、中二の頃のお話。

中二の二学期に転校した中学校が競馬ブームでして、それで興味を持つようになってしまったわけです。
思えばここが人生のターニングポイント。
この転校が無ければ確実に違う人生を歩んでいた。良いか悪いかは別として。

その年はオグリキャップの最晩年。
初めて見たGIレースは、結果的には手が合わなかった増沢末夫がオグリキャップに初騎乗した天皇賞(秋)
ヤエノムテキとメジロアルダンで入って枠連4-4が3,520円の配当だった。
オグリが飛んだのにつかないなぁと思ったので鮮明に覚えている。
流行に乗るのが嫌いなボクはこのレースではバンブーメモリーを応援していた。
名前が気に入ったからという理由だけど。
そのバンブーメモリーは3着でゴール。「オグリに勝った!」とTVの前で喜んでいた。

しかしそんなボクでも有馬記念は本当に感動した。
天皇賞(秋)が6着、ジャパンカップが11着。
もうオグリは終わったと言われていた。もう走らせないで引退させてやれよと言われていた。
それがあの激走。

中学生が競馬中継を堂々を見るのは憚られたので、自宅の目立たないTVでこっそり見ていたのだけれど
4コーナーを先頭でオグリキャップが回ってきた時には興奮した。

「オグリ! オグリ!」つい叫んでいた。

あとにも先にもあれほど興奮して鳥肌が立ったレースは記憶にない。
結局競馬を知らないおばあちゃんに

「オグリ勝ったよ! 有馬記念でオグリキャップが勝ったんだよ!」

とこっそり見ていたのも忘れて興奮して教えに行ってしまった。


そんな1990年が終わり、1991年。
遂に初めて馬券を買う日がやってきた。
2月9日の土曜日。学校が終わった後でwins横浜に友人3人で行った。
前の日に当時は300円だった競馬新聞を購入して予想。

そして初めて買ったレースが中津川特別

枠連の2-7一点で行けると予想していたのに。オッズが14倍もつく。
それを見て日和ってしまい1,000円買うつもりだったのに500円に変更。
そうしたらビギナーズラックを絵に描いたような2-7決着。
500円が7,000円になって返ってきた。
1,000円買っておけば良かったとは思ったものの、7,000円でも中学生には大金で嬉しかった。

結局その後の東京障害特別もゲットして競馬初体験の日はプラスで終了。

思えばここが競馬のターニングポイント
ここで負けていれば、生涯でこんなに負けることは無かったはず。
それから16年間…今まで一度も年間でプラスになったことがない!


blo_ran.gif

馬は名前で強さが変わるのか?

これボクの永遠のテーマ。
もしもボックスでも無い限り答えは出ないんだけど。

最初は結構名前で馬券を買っていた。
「この名前はGl馬に相応しくない」からオミットしよう的に。

しかしレッツゴーターキンが天皇賞(秋)を制覇した時に改めた。
失礼ながらレッツゴーターキンという名前の馬が天皇賞馬に相応しいとは思えなかった。
でも不思議なもので勝ってしまうと、意外とこの名前も悪くないと思えるのよね。
立場が馬を育てる的な。

ヒシアマゾンやタヤスツヨシやマサラッキも
あまりGl馬って雰囲気の名前では無いなと個人的には思っていた。
それでも勝つとしっくり来るのが不思議といえば不思議。


では、馬と名前の関連性は無いのだろうか?
姓名判断等の文化もある以上名前の価値と言うのもある気がしている。

3冠馬ディープインパクト。
まごう事なきこの名馬の名前がもしも「オッパッピー」だったら彼はあれほど強かったのだろうか?

三宅アナ
「大外からオッパッピーが飛んできた! チントンシャンテントン! チントンシャンテントン!」

全く3冠馬になれそうな感じがしない (・ε・;)

しかし、そんな価値観で彼の強さを論じるのも失礼な話。

牧場にいるディープインパクトに

「あなたはオッパッピーという名前でも3冠馬になれたと思いますか?」

という質問をしてみたとしても。答えはきっと決まっているだろう。



そ ん な の 関 係 ね え



blo_ran.gif

競馬の無い週末

JRAは結局全場中止。
なんでやるとか言っちゃったんでしょうかね。。
新聞に書いてある時系列ごとの経過を読むと、かなり最初の段階から開催は無理っぽい…
やる方向でと行った以上、競馬場の途中まで輸送されて引き返してきた馬も多いらしい。
馬優先主義で考えるべきなのにね。

それでも今日の大井は開催すると思っていた。
財布にあんまりお金を入れないで、散歩がてら見に行こうかと思っていた。
16時くらいに中央は中止だし大井競馬場はどのくらい混んでいるのだろうと思って、スカパーの大井競馬中継にチャンネルを合わせたら

「本日の大井競馬は中止になりました」

Σ(・д・;)え

ちゅ、中止ですか…
かなり行く気満々だったのに…
運動不足だし、久しぶりにチャリを鬼こぎして行こうと思っていたのだけれど。



特別区競馬組合は、本日8月18日(土)(大井競馬第9回第3日)大井競馬場に在厩している競走馬1頭に発熱及び水様性鼻汁の漏出の症状を確認しました。このため、馬インフルエンザに感染している可能性を否定できず、防疫を強化する観点から、本日の大井競馬開催を中止することを決定いたしました。

TCK公式サイトより抜粋
http://www.tokyocitykeiba.com/index.php



しかし競馬が一番の趣味の人間にとって、競馬の無い週末は恐ろしく暇ですね。。。
馬券を買うか買わないかはさておき、開催していれば馬柱は見るし予想もする。
その時間が全て空くから手持ち無沙汰が大全開。

月曜日からの船橋開催はやるのでしょうか?
結局、大井競馬の疑惑馬も晴れてシロと判定された。
船橋競馬の公式発表では予定通り開催すると名言している。
対照的に金沢競馬では陽性反応が出た馬が何頭かいたので明日からの開催は中止とのこと。


今は、飯塚オートでナイターGlダイヤモンドオートレースを開催しているのだけど、
オートレースは競馬以上に当たらないんだよなぁ…。
でもちょっと遊びで参戦しちゃいそうな予感。


blo_ran.gif

懐かしい匂いがした

今日の水沢競馬のレース結果を何気なく見ていたら懐かしい名前を見つけた

トキオパーフェクト

父Rahy 母Perfect Probe
クリスタルカップや中日スポーツ賞4歳Sを勝っているスプリンター。

エルコンドルパサーが勝ったNHKマイルCで本命にしたのを懐かしく思い出す。
あの時は馬券を買ってから、東急ハンズに友人の出産祝いを買いに行ったっけ。
結構、昔のレースは色々な付録付きで覚えている。

シーキングザパールが勝ったNHKマイルCの時はWINS錦糸町にいたとか。
シンボリインディが勝った時は家で見ていたとか。
イーグルカフェの時は馬券を買ってからパチンコ屋で見ていたとか。


戻ってトキオパーフェクト。
同期生のエルコンドルパサーが早々に引退、種牡馬入りしたのと対照に
未だ現役を続行していたとは知らなかった。

今日の駒形賞でも6番人気で3着入線。
せん馬の12歳馬、旧年齢で13歳なのにまだまだ現役ですね。

エルコンドルパサーも水沢競馬場で疾駆するトキオパーフェクトを天国から見つめながら
「トキオはがんばるなぁ」と思っているんだろうなぁ。


blo_ran.gif

トラックバックについて

最近やたらとトラックバックが多い。
5〜10件/日くらい。
厳密に言うと30件/日くらいなのですけど、同じサイトからトチ狂ったように送りつけられているので、それを1と計算して5〜10と言った所。
そのトチ狂ったように送りつけてくるサイトは海外のサイトなのだけど、何がお気に入りなのかしら?

今までトラックバックはあまり気にしていなかったし、これからも気にしないんですけど
あまりにもトラックバックspamが多いのでガイドラインを置いておくのも必要かなと思った次第です。


どれくらい多いのかと例をあげると、僕が使っているブログシステムでは勝手に迷惑トラックバックを判断してくれるので、1週間で勝手にデータベースから削除される。
これは自分で見ない限り、システムからこちらに「承認しますか?」と告知されることもないトラックバック。
自分から見なければ目に触れることはないので、気にしないと言った理由がここにあるわけです。
それでさっき貯まっているトラバを見ると一週間分で288件…
newsとかいう海外のサイトがその8割くらいを占めてますけど。。。

ちなみにこのブログを開設して半年弱くらい。
「承認しますか?」というメッセージが来たトラックバックは3件のみ…
それも全部否認したけれど(・д・;)


どうしたものかなとトラックバックについて考えていたら
素晴らしいガイドラインを書いていらっしゃるブログを見つけた。

絵文字ことのはさんの 
トラックバックspamとトラックバック削除の基準」という記事。

自分で書くよりも素晴らしい内容なので以下は引用です。

・内容・テーマが合致、先方からのリンクもある……理想的トラックバック
・内容はあまり関係ないが先方からリンクがある……まあ消すには及ばん
・内容はまるで関係ないが先方からリンクがある……話の流れ上たまたま出たリンクとか。これも消すには及ばん
・内容・テーマが合致、先方からのリンクはない……これは悩む
・内容はあまり関係なく、先方からリンクはない……何でトラックバックしてきたの?削除
・内容はまるで関係なく、先方からリンクはない……spam認定

※引用終わり

僕の所に来るトラックバックはnewsを除くとほぼ競馬関係のブログ。
ただ「競馬」というテーマは広いし、リンクが貼ってあるとか無いとかいう以前の問題として、両者の書いている内容に「競馬」以外の関連性は無い。
主には競馬商材アフィリエイト関係で、記事的には全く見所のないブログ。
トラバspamで被リンク数を稼ぐよりも、記事を充実させた方が絶対いいのにと思うのだけど。。

ただ先ほども書いたように、送られてきても自分の目には触れないのでトラバを撃ってくること自体はかまわないのです。
「概ね承認はしませんよ」ということをこの場で言っておきたいだけです。


競馬というテーマだとトラックバックという機能の使い所は意外と難しい。

競馬予想を例に取った場合

「この人は自分のブログでこう予想しているけれど、自分もそう思う」
という意味では肯定的には使えるけれども

「この人は自分のブログでこう予想しているけれど、自分はこう思う」
そういうのは挑戦状と受け取られても仕方ないし。


それでもトラックバックという機能自体は素敵だと思うし、
競馬というテーマでも記事次第でいくらでも使える。

当ブログの場合ですと、関連した記事へのトラックバックは大歓迎です。
僕の考えでは、その場合にはこちらへのリンクは必須で無くても良いかなと思っています。
テーマが完全に合致しているのであればそれは気にしません。

もし、テーマに沿ったトラバを送ったのに承認されない場合、迷惑トラックバックに行ってしまっている事があるかもしれません。その場合には一報くだされば対応します。


最後に、こちらからトラックバックを送ることもあると思います。
その時はもちろんルールに沿った形で送りますが、不手際等あった場合に遠慮無く言ってくださると今後の為にも嬉しいです。

ネーミングセンス

Hey! Say! 7
というジャニーさんのネーミングセンスに驚愕を禁じ得ない今日この頃。
全員平成生まれだから平成7て (・ε・;)
アドマイヤのおっさん以下のネーミングセンスっすよ。
誰か彼の独走を止められないのかと。。。


前にサンデーサイレンス×エアグルーヴの子供の名前を近藤利一オーナーが競馬ファンに募集した時、決まった名前が「アドマイヤグルーヴ」だった時は腰が抜けた。
そんな0.2秒で思いつく名前でいいなら公募するなよと。。
ちゃんと由来もあって素敵な名前を一生懸命考えた人を愚弄してると思うのね。。
応募する方もする方だけどさ。


だいたい名前を公募系って素敵なのが採用されることの方が少ない。
だからボクはそういう募集を見つけても一切応募したことがない。
一生懸命に色々ひねって考えても無駄だって思ってるから。
無難な名前で決まることの多いこと多いこと (・ε・;)


身近な所では去年大井競馬場が競走馬一頭の名前を公募。
血統がマリエンバード×ロングプリマの牡馬
決まった名前は「トゥインクルバード」
そのままやん…

大井競馬場だと新スタンド「Lウイング」も公募で決まった名前


随分前に川崎競馬がナイター競馬を始めるにあたって愛称を募集したこともあった。
決まった名前は「スパーキングナイター」
輝く夜競馬? それはさておき、響きがよろしくないような…
「トゥインクルレース」って響きが良いじゃないですか?
大井より後発なんだからさ、せめて匹敵するくらい。
もっと言えば、超える位の名前が良かったなぁと思った記憶がボクには確かにある。


結論を言えば、名前を公募系は2秒くらいで考えつく名前を応募するのがよろしいのかと。
そういえば歌手の香田晋は、子供の名前を一般に募って大量の応募が来たにもかかわらず、結局自分で名前を決めるという強引なドリブルを決めたことがある。
というトリビア。


blo_ran.gif

控除率の話

先日興味深い話を聞いた。

曰く「本命サイドを買うと穴を買うよりもトータルで損をする」

一番人気を買う人は負け組って話は良く聞きますけど、往々にして言っている人の根拠が希薄なので今まではあまり気にしてませんでした。
結局ケースバイケースだし、来ると思ったら買うべきだし、臨機応変がベストじゃないですか?

ただこの話には説得力があった。
今の日本競馬の控除率は単複が20%、それ以外が25%に設定されていますけど
本命サイドを買った場合、それよりも高くなるというわけです。
配当に対する小数点以下の価値が大きくなるからという至極もっともな理由で。

200円、2,000円、20,000円という配当を比べてみる場合。
200円というのは、本当は200円〜209円のまでの間の配当のこと。
201円や209円という払い戻し金は存在しないので、1円単位は切り捨てられて払戻金は200円になるわけです。

仮に209円とすると、この9円という数字は意外と大きい。
1万円賭けていれば900円を切り捨てられているわけですから。
もちろん本命サイドだし、ガンガンぶっこんでいれば10万円で9000円が切り捨てられている…。

2,000円という払い戻し金の場合は2,001円〜2,009円
20,000円の場合だと20,001円〜20,009円。
切り捨てられる数字は同じでも分母が上がっていけば薄まってくる。

配当の原資が209,000円だった場合、的中者が一人なら総取りで209,000円。
10人で均等買いでも一人あたり20,900円で全額払い戻し。
しかし1,000人が均等に買っていた場合、一人当たり209円なので200円を払い戻して、9,000円は主催者の懐に入るという仕組み。
もちろんJRAの場合だと総額はもっともっと大きいので、おまけの金額も計り知れない。

ほほぅと思ったのよね。
今まで適当に買ったりしていれば収支は最終的に-25%に収束すると思っていたけれど、それはとんでもない勘違いだと。
数学に明るくないので受け売りだけれど、低配当の場合は最大で30%近くの寺銭を胴元は取れるらしい。

主催者側のミスリードでは無いにしても、知らない人も多いんだろうなと思った次第です。

blo_ran.gif

About 競馬全般

ブログ「馬々の黄昏的日記」のカテゴリ「競馬全般」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは南関東競馬です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。