メイン

馬券指南本

万馬券の9割を狙える方程式

manbakenwo.jpg

まず騙されそうな清水成駿の文字。
清水成駿氏は監修してるだけで、本文は一切書いていないし
理論にも関わってはいない。

紛らわしいといえば紛らわしい。
書店で間違えて買ってしまった清水信者の人も多いと思われますね。

この本は競馬的統計学の本。
連闘でどの厩舎が一番怖い、もしくはこの厩舎の連闘は怖くない。
二頭出し時の厩舎、馬主別の傾向が詳しく掘り下げてあったり。
(例:小田切有一 人気馬での確率は高い。音無厩舎で狙い)

加藤和宏&士津八、小島太&太一、的場均&勇人
飯田明弘&祐史、池添謙雄&謙一、武邦彦&豊・幸四郎
などの親子コンビが自厩舎の馬に息子を配してきた時にチェックするポイントを記してあったり。

他には、
この厩舎が、このジョッキーを乗せてきた時は勝負気配。
この季節は、この種牡馬の子供が強い。
この競馬場で、この距離ならピンポイントでこの種牡馬。

等々の統計学的競馬理論が満載。
過去の傾向の大事にする馬券師向きの一冊。
ただタイトルには過剰傾向有り。競馬予想会社といい…こういうセンス好きよね( ̄∀ ̄)

blo_ran.gif

About 馬券指南本

ブログ「馬々の黄昏的日記」のカテゴリ「馬券指南本」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは鷺沢萠です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。