ペニーオークションの最近のブログ記事

ペニーオークション攻略をいくつか書いてきたけれど今回でラスト
やっぱり最後を締めるのはこの攻略法しかないでしょう。

今までのは「知恵」程度だったけれど
今回のは「不敗の必勝法」


攻略その5:無料ポイントだけを使え

乱立するポイントオークションサイトでは、
会員登録と共に入札に使える無料ポイントをくれるサイトも多い。
つまり登録してポイントを貰って、使い切ったらあばよという作戦。
これは完全に「負けない」のでお得感たっぷり。

以下は無料でポイントをくれるサイトの紹介

DMMポイントオークション
無料付与ポイント入札16回分(約1,000円)
個人情報登録必要
出品商品数多い

プレミアムステージ
無料付与ポイント入札25回分(1,875円相当)
個人情報登録必要
出品商品数

バリューマーケット
無料付与ポイント入札20回分(1,500円相当)
個人情報登録名前と生年月日が必要
出品商品数多い

ゼロオク
無料付与ポイント入札20回分(1,500円相当)
個人情報登録不要
出品商品数

最安オク

無料付与ポイント入札20回分(1,500円相当)
個人情報登録名前と生年月日が必要
出品商品数

ハンマープライス
無料付与ポイント入札10回分(750円相当)
個人情報登録必要
出品商品数多い

<ブログ内リンク>
DMM-ポイントオークション参戦
DMM-ポイントオークション落札品到着
・攻略その1:自動入札を上手く使え
・攻略その2:熱くなっているヤツには関わるな
・攻略その3:1円オークションには関わるな
・攻略その4:全ツッパするのは本当に欲しい品物だけ

ペニーオークションを観察してみて自分なりに思ったコツをメモしてみる。
ポイントオークションを利用する上で攻略の一助になれば幸い。

攻略その4:全ツッパするのは本当に欲しい品物だけ

ポイントオークションには救済措置が存在する。
DMMの場合は、落札出来なくても1入札に付き30円の割引が受けられる事になっている。
これは「落札限定」のマークが付いていない商品全てに適用される。

ある商品に50回入札して落札出来なかった事があった。
そうするとDMMの販売価格から30円×50回=1,500円の割引が受けられる。

100回の入札で落札出来なかったとしても3千円の割引。
もちろん入札に6千円かかるわけだけれど、完全に無駄弾になるよりは遙かにマシ。

本当に欲しい品物がDMMポイントオークションに出品されていれば
この救済措置を保険にして、全ツッパするのも面白い。

今回はこれくらいで。
次回でラスト。次は完全なる攻略法だ!

<ブログ内リンク>
DMM-ポイントオークション参戦
DMM-ポイントオークション落札品到着
・攻略その1:自動入札を上手く使え
・攻略その2:熱くなっているヤツには関わるな
・攻略その3:1円オークションには関わるな

ペニーオークションを観察してみて自分なりに思ったコツをメモしてみる。
ポイントオークションを利用する上で攻略の一助になれば幸い。

攻略その3:1円オークションには関わるな

1円オークションはやばい。マジやばい。
大体どのペニーオークションサイトにも入札金額の上がり幅にいくつかの設定がある。
DMMポイントオークションの場合は「1円」「5円」「15円」「手動」の4種類
この設定はスタンダードなので、他も似たようなモノだと思う。

1円オークションは何故やばいのか?
その1.値段の上がり幅が緩やかなので降りる人が少ない。
その2.降りないでいる内に段々熱くなってくる人が出てくる。
その3.熱気が熱気を呼び会場は煉獄の炎に包まれる。
その4.そして鉄火場と化す

そもそも1円オークションは、100円になるまでに100入札
この時点ですでに胴元の入札手数料の実入りは6,000円。
1,000円で6万円、10,000円までいくと手数料だけで60万円にもなる。
いわば胴元の一番の稼ぎ頭。
どうみても他のオークションの比ではない額を稼ぎ出している。

何も鍋をグツグツいわせて準備万端整えてるいる所へ
鴨がネギ背負って行くこともあるまい。

1円オークションは大火傷を負う可能性が非常に高い
高みの見物で手を出さないのが賢明だと思う。

今回はこれくらいで。
また新たな発見があれば続編を書いてみたいと思う。

<ブログ内リンク>
DMM-ポイントオークション参戦
DMM-ポイントオークション落札品到着
・攻略その1:自動入札を上手く使え
・攻略その2:熱くなっているヤツには関わるな

スポンサードリンク

amazon 配送料無料

amazonペットストア

amazon 萌えリンク