そして誰もいなく…はならなかった。


15日早朝に、競走馬に供用されている飼料から禁止薬物が検出されたことについて、JRAは同日昼に東京、阪神、函館の各場で報道陣向けの説明会を行った。

函館ではJRAの菊田淳裁決委員らが経緯を説明した。

菊田淳裁決委員 トレセンに納入するものについては、競走馬理化学研究所で検査をして、禁止薬物が陰性であることを確認した上で販売することになっている。だが、「グリーンカル」が禁止薬物「テオブロミン」を含んでいるロットが、すでに販売されているということが判明しました。「グリーンカル」を摂取した可能性のある出走予定馬について、本来であれば出走前に検体をとって陰性を証明した上で、走らせるということをやりたかったが、時間的に余裕がなかった。なので、今回については少しでも摂取した可能性がある全ての馬について、競馬の公正を確保すべく競走除外という形にさせていただいた。公正確保した上でなんとか競馬を行えると判断した。


記事続きあり
引用:日刊スポーツ 極馬PREMIUM


こういうイレギュラーなことがあると、なんだかワクワクしてしまうのはなんなんでしょうね!

馬が少なくなってただちょっと馬券が当たりやすくなるだけなのに!

そして来週からは除外された馬が再登場してきて、臨戦態勢からの除外で想定外の間隔が空いてしまったので状態の見極めが難しくなるっていうね。

しかし「疑わしきものは除外」のJRAも思い切ったけど、今週GIがなくて本当に良かった。

でもダービーの週に大量除外だったらなんだかもっとワクワクした気もする←


今回対象になったサプリ「グリーンカル」の話


 前代未聞の大量取り消しが競馬界を襲った。事の発端となったのは14日午後4時に栗東のある調教師からJRAへ来た一本の電話からだった。「自分のところに納品されている飼料添加物に関して、業者から禁止薬物が入っているので回収したいとの申し出があった」。この言葉通り、競走馬理化学研究所の調査で競走馬のカイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物「テオブロミン」が検出。その結果、15日の開催で72頭、16日の開催で84頭、計156頭の競走馬が取り消しされることになった。

中略

 日曜阪神5Rメイショウボサツ、9Rデザートストームなどの管理馬が競走除外となった西浦調教師は「開業当時から使っている(カルシウム摂取のための)サプリメントで、今までも競走後の検査などでも一度も引っかかっていないので、禁止薬物が含まれているとは夢にも思わなかった。JRAファシリティーズの販売ということで安心して使っていた。今後は何を信用すればいいのか…。昨夜の午後11時ごろにJRAから連絡があったが、遅い時刻だったのでオーナーにも連絡できていない。どう説明すればいいのか…。楽しみにしていた馬たちなので、非常に残念です」と突然の事態に動揺を隠しきれない様子だった。

 西浦調教師がサプリを購入したというJRAファシリティーズはJRAの関連会社で、施設保守や競走馬の飼料提供などを行っている。当然、JRA公認で販売されていたサプリメントが今回の取り消しの原因だっただけに関係者からは怒りの声が出ている。


記事続きあり
引用:東スポWEB


今回の禁止薬物が入ってる可能性があると対象となったグリーンカルは日本農産工業という会社が製造してJRAファシリティーズが販売しているサプリメントの模様
JRAと名が付く会社が売っているのにアウトという。
そして世界のニシウラ調教師が開業当時から使っていた歴史あるサプリなのに今週唐突にアウトっていうw
製品PDF:https://www.nosan.co.jp/business/lifetech/pdf/green_cal.pdf


説明PDFやパッケージには「このサプリは陰性」だとハッキリ書いてあって、今まで引っかかった馬はいないのに、なぜか今週はアウトだったという。

グリーンカル注意書き

グリーンカル注意書き

ハッキリ「競馬法に指定される禁止薬物の陰性を確認」と書いてある。
損害賠償問題になりそうだけど、JRAの関連会社なら金持ってるだろうから問題なさそうですね!

ちなみに1回で約100gを2~3回に分けて投与するのがグリーンカルの用量らしいけど、人間用のサントリーのカルシウムサプリを見たら1日当たり1.4gが推奨の用量

もちろん品質も違うんだろうけど1日2~300gと1.4gという差ね (・ε・)

そして公正競馬には定評のあるKANAZAWA競馬にも余波


NAR(地方競馬全国協会)は15日、厩舎に販売された飼料添加物グリーンカル(商品名)の一部に禁止薬物「テオプロミン」が含まれていたことが判明したことを発表した。そのため同飼料添加物が納品された厩舎の馬は、同薬物の影響が否定できないことから、競馬の公正を確保するため、帯広競馬(15日3頭、16日2頭)、金沢競馬(16日20頭)の計25頭を競走除外とした。くしくもJRAと同じ禁止薬物が、地方競馬でも同じ日に摂取の可能性が出てきた。

金沢でも20頭が除外だって。

何このちゃんとやってますポーズ。

本当にしょうもない競馬場ですね。


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事