雑記

 ギャンブルを専門に扱うSPA!のコーナー『勝SPA!』が始まるとのことで、ありがたいことに早速原稿の依頼を頂いた。テーマは、「競馬で負けている人が陥りがちな3つの罠」である。そこで私、競馬予想家・TAROが負けている人に共通する3つのポイントを解説したいと思う。これらを実践することは必勝法ではなく、言うなれば“必敗法”である。負ける理由を見つければ、勝ちへの道が自ずと拓ける……と言うワケなのだ。

 しかし、勝つための情報が載るはずの『勝SPA!』で負ける人の話を書くとは、これはまた、開店早々景気が悪い……いやいや、ギャンブルとは勝つことよりも負けることが多いものだ。勝つことは容易ではない。しかし、負けないことは可能だ。もはや禅問答のようだが、負けないことが勝つことへの第一歩。そこでまずは、どうしたら勝つかよりも、どうしたら負けるかを知っておきたい。

 かくいう私も、14歳から競馬を始め20年余り、数多くの敗戦を積み重ねてきた。その中で、確実に言えることは負けにはパターンがあるということだ。必勝法はないが、“必敗法”はある。そこに陥っていては永遠に勝つことはできないだろう。そこでまずは、典型的な負けている人の特徴を3つ挙げた上で、その改善策を練っていこうではないか。

引用元:日刊SPA
記事続きあり


痛い痛い。心が痛い。

こういう記事を読むと心が痛い(自業自得)

こっちだって負けたくて負けてるわけじゃないんすよ!!!

と言いつつここ数年は年間収支でも勝ったり負けたりで昔に比べれば進歩したと思うけども。


この記事には3つの理由が書いてあるんだけど、それについて思うこと。

1.予算が決まっていない

これはね、決まってるの。
予算は決まってるんだけど、多くの場合財布の中に予算以上のお金が入ってるの。
そんな状況で外れまくって、まだレースは残ってるのに当初の予算を貫徹するほどの意思の強さはないッ!!!
負けたまま帰れねえから!!!(完全養分)

財布にお金なくても最近は競馬場にATMあるしね。あれは危険だね。
YouTubeの動画でキャッシングしてる人がいて、あれは危険だなと思ったわw
今ではもう依存症対策の絡みでキャッシングできないかもしれんけど、去年の動画では出来ていた。


2.新聞の印・他人の意見で買ってしまう

これは自分の場合はあまりないかな。
競馬の中で「予想」が一番楽しいと思っているので。
メディアで自信満々な弁舌とかコラムを読むと、その人の本命馬を買い目に追加したりはするけど、それが理由で本命にはしたり、公開している買い目に丸乗りしたりはしない。


3.騎手の悪口ばかり言ってる

これは本当にすいません(・ε・;)
文句ばかりは言ってないけど、文句の1つも言いたくなる騎乗も多々ありますよね~
もっと考えて乗ってほしいとか書くとまた文句になるのでヤメておこう(・ε・;)


個人的なやってはいけないパターン

その日で完結させたがる

記事内にも競馬は来週にもまたある焦ることはないと書いてあるけど、この実践は本当に難しい。
これは負けている時だけではなくて、勝っている時でも言えると思うのよね。

メインレースが終わって2万勝ってて、残るは大して自信もない最終レース

なのに、、、

「2万負けてもチャラだな」

とか思って10万オーヴァーを狙いに行ってしまうやん?

前日の土曜日に3万負けていたりするのに!

競馬は勝てる時には勝っておくべきで、無理やり突っ込むのは非常に宜しくない。


自信がないなら勝って帰る勇気も必要。予算が全て溶けたなら負けて帰る勇気も必要

結論:競馬で勝つには勇気だ!

だが勇気がありすぎると時にクソ負けるので勇気の取扱いには注意が必要だ!

blogmura

スポンサーリンク
IPATで地方競馬の馬券を買うと損をするよ
楽天競馬

地方交流重賞を買うなら購入額の10%の楽天ポイントを還元してくれる楽天競馬に限ると思います!

1万円買えば馬券が外れても千円分はポイントで戻ってくるのは中央競馬(IPAT)にはない大きなメリット

とにかくIPATで地方競馬を買ってはイカン。もったいない。

おすすめの記事