2020年クラスターカップ


第25回クラスターカップ

このご時世なんだか不謹慎厨が湧いてきそうなレース名だけど、レース名の由来は集団ではなく「星団」から来ているのでご心配なく。

ご心配なく?


投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
オッズパーク10%ギフト券などに交換出来るポイント
SPAT40.5%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせて倍率を半分に調整してわかりやすく比較表示しています。


盛岡ダート1200m-傾向

向正面の引き込み線からスタートするワンターン戦で枠順の有利不利が出にくいレイアウト
スタートしてから3コーナーまでは緩やかな上り坂、3コーナーから4コーナーで3m以上下って、直線残り150mからは再び上り坂となるタフなレイアウト
逃げ先行馬はハイペースのまま下り坂の3コーナーに突入すると最後の直線で苦しくなる。
盛岡競馬場1200mコース図 空撮画像:グーグルマップ


クラスターカップ-過去10年の傾向

どえらい堅い
一昨年までは2008年に8番人気で勝ったプライドキムが平均配当を押し上げていたが、過去10年データから消失し一気に平均配当も堅くなった。

6番人気までは馬券になっていて、1番人気の馬券圏内率80%でも3連単の万馬券が一度も出ていないので混戦の中でもとんでもない穴馬は来ない傾向


3連単の最高配当89.4倍
過去10年で万馬券が出たことが一度もない交流重賞

毎回、交流重賞の記事を書いているけど記憶にないのでこれは恐らくクラスターカップだけの事象


差し追込もそこそこ効く
ダート交流重賞の常として逃げ先行有利はセオリー
それは当然ながらこのレースはそこそこ差しも効くコースとなっている。
四角後方からでも3着なら十分に圏内。2着もなんとかなるけど、勝つのは無理。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 8勝:2勝
連対圏 16頭:4頭
複勝圏 22頭:8頭


過去10年で万馬券になったのは…
馬連×0回、3連複×0回、3連単×0回


過去10年で3桁配当で収まったのは…
単勝×10回、馬連×6回、3連複×5回、3連単×1回


3連複から3連単のアップ率
4.64倍(過去10年)


リピーターが強い地方交流重賞
今年の該当馬は2019年2着「ヒロシゲゴールド」
2017年優勝、2016年2着の「ブルドッグボス」


過去10年の平均配当

券種平均配当最低配当最高配当
単勝325円120円690円
馬連683円120円1,250円
三連複1,000円540円1,650円
三連単4,604円930円8,940円


過去10年の人気別成績

人気1着2着3着勝率連対率複勝率
1人気51250%60%80%
2人気23220%50%70%
3人気13110%40%50%
4人気22120%40%50%
5人気0120%10%30%
6人気0020%0%20%
7人気以下0000%0%0%


クラスターカップ 地方馬成績

地方馬が馬券圏内に入ったのは過去10回で8例

馬名所属着順人気
2018年ラブバレット岩手3着2人気
2017年ブルドッグボス浦和1着4人気
2017年ラブバレット岩手2着3人気
2016年ラブバレット岩手3着5人気
2015年ポアゾンブラック北海道2着3人気
2015年ラブバレット岩手3着5人気
2013年ラブミーチャン兵庫1着1人気
2011年ラブミーチャン兵庫3着2人気


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1ヒロシゲゴールド[JRA]54kg
絶好の1番枠をゲット
ただ盛岡の1200mのコース設定はそこまで内枠の逃げ馬に有利とは言えない。
マテラスカイに一気にハナを切られた時にインに押し込められてどうなるか。
逃げれなかった時を想定するなら崩れる場面も想定しておきたい。


2アユツリオヤジ[JRA]54kg
福島の芝3勝クラスをアッショーイしてアイビスSDでも穴人気したスピード親父
ただダートでは3勝クラスを4戦して全て2桁着順の実績では買えない。


3ブルドッグボス[浦和]59kg
ダート競馬で59kgは酷量とは言えないけど、他馬との比較では最低でも4kg差が付いていて明らかに酷量

今の重量規定になった2011年以降に59kg以上で出走した馬は4年3頭いて

2012年サマーウィンド 60kg 4人気11着
2013年タイセイレジェンド 59kg 5人気2着
2014年タイセイレジェンド 60kg 5人気6着
2016年ダノンレジェンド 60kg 2人気1着

他の出走馬がほぼ55kg以下ということを考えると健闘している成績

今年も安定して走っていてブルドッグボス自身は59kgを苦にしないだろうと考えるとノーマークには出来ない。


4サマニー[岩手]54kg
元中央1勝馬の実力


5ショーム[JRA]54kg
北海道SCは期待して馬券を買っていたけど何の見せ場もなく8着に沈んだ。
あれを見たら現状1200mはベストより明らかに短そうな雰囲気。
頼りは1戦1勝の横典マジック


6スティンライクビー[岩手]54kg
そこそこのスピードはあるのでそこそこの着順には入れそう。


7メイショウアイアン[北海道]55kg
10歳の今がピークと言わんばかりに前走マテラスカイを破ったスプリンター

ただ盛岡クラスターCは勝ちタイムが3秒くらい違うので同じダート1200m戦とは言っても北海道スプリントCとは完全に別の競技

実際に過去のクラスターカップは2018年が1分10秒7で勝ち馬から1.6秒差の6着、2019年が1分10秒0で勝ち馬と0.9秒差の7着

今の調子でどこまで来るかというところだけどスピード的には厳しい。


8ブラゾンドゥリス[北海道]55kg
過去に黒船賞勝ちのある実績馬

今でも門別で2連勝中だし、5走前は兵庫GTで5着だしと力の衰えは見られない。
とはいえ兵庫GTは地方馬イルティモーネ、サクラレグナムが2、3着。結果5着でも地方3番手とレベルの高くなかったレース。

今回は後方からのレースになると思うのでよほど展開に恵まれて3着の可能性。


9マテラスカイ[JRA]55kg
現役ダート界屈指のスピード馬
というイメージと
2年間未勝利というギャップ

しかし今回は色々と条件が好転
・プロキオンS勝ち以来では最軽量となる55kg
・好相性の左回りダート
・1分8秒8がレコード(ブルドッグボス)と軽い盛岡ダート
・折からの雨で前日は水の浮く不良馬場。今日は曇り予報で良くて重馬場までの回復
・前日C2勝ちタイムが1分12秒台で1分9秒前後の決着が濃厚

対して若干の不安要素はヒロシゲゴールドに好スタート決められたら逃げられないことくらい。
ただ盛岡の1200mはスタートしてすぐに合流があって外から一気にハナを切りやすいコースなので、武豊が逃げる気なら多分行ける。


10ミスティカル[岩手]54kg
来そうな要素が全くない。


11ツルオカボルト[岩手]54kg
長らく大井競馬の上位条件でずっと走っていた無事是名馬
頑張ってほしい。


12トップウイナー[JRA]54kg
ダート通算【5.4.1.3】の安定感と中央5勝の実績
左回り3戦3勝、ダート1200m3戦2勝で連対パーフェクト

前走プロキオンSも差し馬優勢の中でよく踏ん張った5着
ただヤマニンアンプリメに競り落とされたのが気になるので本命に推すには心もとない。


13シャドウパーティー[岩手]54kg
貫禄の11歳馬
頑張ってほしい。


クラスターカップ-前日予想

さすがにここはマテラスカイが2年ぶりの勝利濃厚
逃げると思っているけど、逃げれなかった時が唯一の問題
ヒロシゲゴールドが残るか残らないかという一点で展開はかなり大事なのよね。

◎マテラスカイ
○トップウイナー
▲ブルドッグボス
△ブラゾンドゥリス
△ショーム
△ヒロシゲゴールド


ヒロシゲゴールドは逃げれないと決めつけて3連系の抑えのみの購入
とりあえずお盆は楽天競馬でポイント厨になりたいので初戦をまず決めたい!


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


IPATで地方競馬の馬券を買うと損をするよ
楽天競馬

地方交流重賞を買うなら購入額の10%の楽天ポイントを還元してくれる楽天競馬に限ると思います!

1万円買えば馬券が外れても千円分はポイントで戻ってくるのは中央競馬(IPAT)にはない大きなメリット

とにかくIPATで地方競馬を買ってはイカン。もったいない。

おすすめの記事