南関東競馬雑記
スポンサーリンク

大井競馬・小林分場の荒山調教師の代名詞と言えば現役時代のガニ股乗り…

いやそんな殆ど誰も覚えてないことではなく、やたら調教師コメントで泣いていること。

結果的にブッ千切って勝つような馬でも平気で後ろ向きなコメントを出すのが彼の特徴。

しかしそんな彼が今日の第41回サンタアニタトロフィーのワークアンドラブで超強気なコメントを出していた。

「追切で止まる所があるが今回は3本できた。過去最高の仕上がり。それがレースに結びついてくれれば…。」

最後に若干いつもの彼が出ているけど、過去最高の仕上がり!?

平場ならともかく、重賞でこんな満足感溢るるコメントを出す荒山勝徳は見たこと無い!!!


ちなみに同厩舎でワークアンドラブより支持の高いコパノジャッキーへのコメント

「状態はいい意味での平行線。トライアルは勝っているが重賞のレベルに入るとどうかな…。真面目に走ってくれたら…。」

これだけ見たら2番人気馬とは思えないコメントだけど、いつもの荒山節なので割り引く必要は全くない。むしろこれが普通、平常、ドノーマル。


こんなに強気な荒山に乗らんわけにはいかんでしょうってことでサンタアニタトロフィーはワークアンドラブが本命。


そしたら大楽勝!!!!!!!!!!


ありがとう荒山調教師!!!!!!!!!!
ただ3着はコパノジャッキーじゃなくて、4~6着馬のどれかが良かった!!!
と思ったら4着のロードアルペジオは見事に抜けていた。
3着もありがとう荒山調教師!!!!!!!!!!


本日の教訓
荒山調教師のコメントが強気の時は全力買い!

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事