【2021年・平和島】ボートレースダービーの売上
スポンサーリンク

第68回ボートレースダービー

開催日:2021年10月26日~31日
開催場:平和島ボートレース場
売上目標:150億円
優勝賞金:3,900万円


日別売上

1日目(火):22億6014万5200円
2日目(水):17億8643万7800円
3日目(木):18億0474万2200円
4日目(金):19億2623万5200円
5日目(土):24億9463万6700円
6日目(日):36億0569万3900円


節間通算

138億7789万1000円


前年比

-19.5%


優勝選手

平本真之


できごと

2日目6R 5号艇 池田浩二フライング返還
2日目6R 6号艇 湯川浩司フライング返還


JLCオフィシャルショップ楽天市場店

SG、GPジャンパーや選手グッズ、ボートレースカラーデザインのマスクやエコバッグ、ボクザーパンツなどボートレースグッズが盛りだくさんのショップ。

今回のレディースチャンピオングッズも限定販売されている。

JLC(ボートレース専門チャンネル)公式での販売なので出処も安心。
JLCオフィシャルショップバナー


ひとこと

売上目標150億円はやはりと言っては何だけど届かなかった。
平和島はネームバリューはあるけど、あまり売上が伸びない印象。

優勝は平本真之
4カドの峰が峰なんよとばかりに攻め込んできたけれど、ガッチリ受け止めて盤石の逃げ切り勝ち。
SG3勝目で平和島で2勝目。
最近の愛知支部では柳沢や深谷がSGを勝っていたけれど、平本もまだまだ老け込む年齢ではなかった。


ここからは舟券愚痴日記

優勝戦は1号艇の平本が最下位のタイム
唯一、波の影響なく回れる一周とまわり足タイムは1位だけれど、通常の展示タイムはビリで、直線タイムも5番目。SGの優勝戦で1号艇がこれは珍しい。

これは飛ぶチャンスかと白井最強の頭から買ったらスタートへぐって、レース前に舟券投げ捨てていいレベルで終了。
師匠今村豊が最も大事にしていたSGだし、勝利は時の運にしてもせめてスタートは踏み込んで行ってくれると思っていたよ…。

白井英治コメント「 仕上がりましたね。全部の足が上位と言っていい。ベースも決まったので微調整で行けそう。3号艇のイメージはあるし、何も考えずスタートだけビシッと行きたい。」


全然ビシッと行ってねえ…。

個人的に白井英治は買い時がメチャクチャ難しい選手なんだけど、その割にファンの評価はかなり高いのがほんの少し納得がいかない。

準優勝戦で頭舟券を買って、優勝戦ではあっさり舟券から外す。そんなプロシライラーに私はなりたい。


関連リンク

2021年ボートレースSG、プレミアムGⅠ売上一覧
https://www.umanarok.net/uriage_boat/boatrace/2021.html


ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事