JDDアイキャッチ


第22回ジャパンダートダービー

3年連続でド本命馬が登場のジャパンダートダービー
カフェファラオが出てきてくれたおかげで相当楽しみが広がった。


投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
SPAT4最大14.5%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせて倍率を半分に調整してわかりやすく比較表示しています。


大井ダート2000m-傾向

東京ダービー、ジャパンダートダービー、帝王賞、東京大賞典が行われる大井が誇るチャンピオンシップコース
直線の一番深い所からスタートして枠の有利不利は無く、最後の直線も外回り386mと十分
力と力の勝負が行える絶好の舞台
大井競馬場2000mコース図 空撮画像:グーグルマップ


ジャパンダートダービー-過去10年の傾向

大物存在
過去10年の勝ち馬にグレープブランデー、クリソライト、ノンコノユメ、ルヴァンスレーヴ、クリソベリルの名前がありダート界の大物が混じっている可能性が高いレース
スケールの大きさを感じた馬がいれば積極的に狙いたい。
というか、その場合に浮かんでくるのは断然人気のカフェファラオ一択だけども。


中央優勢
過去10年で馬券内に入った30頭の内の24頭がJRA所属馬
なかなか牙城を崩すのは難しいけど、今年はカフェファラオ以外は微妙なところもあるので一角を崩しても不思議なし。


1番人気以外の上位人気は平等に
1番人気の複勝率は80%と高いけど、以下はダンゴ状態
2番人気から順に40%、40%、60%、40%、30%と比較的均等に来ている。
6番人気までで迷ったら人気薄の方を取った方がいいのか。人気で決めていいのか。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 8勝:2勝
連対圏 17頭:3頭
複勝圏 24頭:6頭


過去10年で万馬券になったのは…
馬連×0回、3連複×2回、3連単×4回(6桁配当×4回)


過去10年で3桁配当で収まったのは…
単勝×7回、馬連×5回、3連複×2回、3連単×0回


3連複から3連単のアップ率
5.61倍(過去10年)


過去10年の平均配当

券種平均配当最低配当最高配当
単勝639円120円2,080円
馬連1,621円210円6,630円
三連複4,195円510円17,140円
三連単23,549円2,220円104,680円


過去10年の人気別成績

人気1着2着3着勝率連対率複勝率
1人気52150%70%80%
2人気21120%30%40%
3人気0220%20%40%
4人気15010%60%60%
5人気10310%10%40%
6人気10210%10%30%
7人気0010%0%10%
8人気以下0000%0%0%


ジャパンダートダービー 地方馬成績

地方馬が馬券圏内に入ったのは過去10回で6頭

馬名所属着順人気
2019年ミューチャリー船橋3着5人気
2017年ヒガシウィルウィン船橋1着5人気
2015年ラッキープリンス浦和3着6人気
2014年ハッピースプリント大井2着1人気
2012年アートサハラ大井3着7人気
2010年マグニフィカ船橋1着6人気


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1エメリミット[南関東]
東京ダービーの勝ち時計2分6秒9はまさに近年の水準といったタイム
4年前のJDD覇者ヒガシウィルウィンと5年前の4着バルダッサーレも同じ勝ち時計
帝王賞や東京大賞典となると怪しいけど、世代限定の交流重賞ならば通用していい。


2カフェファラオ[JRA]
説明のいらない強さ
ユニコーンSの勝ち馬は特に近年は粒揃いで、2015年のノンコノユメからゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ルヴァンスレーヴ、ワイドファラオと5年連続で勝ち馬が後にダートGIを制している。
早くも6年連続に王手。


3バーナードループ[JRA]
デビュー戦でカフェファラオに1.6秒ぶっ千切られた馬
去年クリソベリルが1分57秒3で勝った兵庫CSを2分1秒7で勝った馬
それは馬場状態が違うとしても兵庫CSの勝ちタイムは2012年のオースミイチバンと並んで近10年で最も遅く、2分1秒台もこの2頭だけ。

正直大物感に乏しいのでルメールが着を狙いに来るのか、勝ちに来るのかでこの馬の着順もかなり変わってきそう。
勝ちに来てくれるなら馬券内にはまず残れないと見る。


4ゴールドボンバー[南関東]
今回の出走馬で誕生日が一番早い馬。兄貴分(本当か?)


5フルフラット[JRA]
燦然と輝くサウジダービー制覇。しかし国内の成績だけ見れば並の馬

そのサウジダービーでは2着に下した馬がフランスダービー(芝)を勝っていたり、3着の馬がイギリス1000ギニー(芝)で4着に入っていたり少頭数でもレースの出走馬は濃かった。

とは言え日本国内の成績は並の馬
父スパイツタウンもモズスーパーフレア、リエノテソーロにマテラスカイが日本での代表産駒
地方のダートはこなすけどフィットするタイプは一頭もいない。
ユニコーンSでカフェファラオに並びかけにいったスピードを見ても地方ダートではマテラスカイのように失速しそうな予感しかしない。


6リコーシーウルフ[南関東]
シーホースならタツノオトシゴだけど、シーウルフはなんぞや?
と調べてみたらそのままシーウルフという魚がいました。


7ブラヴール[南関東]
セレン×チャームアスリープという南関夢の配合で大いに期待した東京ダービーは挫跖で無念の出走取消

追い込みタイプでカフェファラオがぶっちぎれば、どさくさ紛れの2着は大いにある!
イメージするのは常に最強の自分…ではなくユニコーンSのデュードヴァン
ただ調教師が重めかもしれないと言っているので馬体重チェックは必須


8ガミラスジャクソン[園田]
これだけ人気がないと100円総流しでもガミらずジャクソン


9ダノンファラオ[JRA]
カフェファラオと同じくアメリカンファラオ産駒。そしてダノンの冠。
馬柱で名前だけ見ているとこの馬が不動の対抗ぽいけど実はあんまり強くない。
矢作調教師×坂井瑠星は大井ゆかりの血統なのでそこにロマンだかマロンを感じているなら買ってみるのもアリ


10キタノオクトパス[JRA]
逃げても差しても安定感抜群のタイプ
大レースになればそこそこの人気になってそこそこの着順に来るというのがお決まりだけど、まだ3歳の7月で一気に一皮剥ける可能性も秘めている。


11ミヤジコクオウ[JRA]
JRAのダートOPを勝っているのはカフェファラオの他にはこの馬だけ
0.5秒離したダイメイコリーダが次走で古馬2勝クラスで2着に入っているのでここで通用する下地をすでに証明済み

ヴィクトワールピサ×ブライアンズタイムで距離延長も歓迎のクチ
直線に入って引き離すであろうカフェファラオに迫れそうなのはこの馬しかいない。


12ダイメイコリーダ[JRA]
JRA勢では唯一の距離経験馬
早い流れでも一旦先頭に立って馬券内に粘り切るポテンシャルのある馬だけど、今回の相手は化け物クラス
カフェファラオに悠然と先に行かれても戦意を喪失せずに頑張れるのか?
やってみないとわからない。


13コージーサンラッド[南関東]
デビューが1400mでその後ずーーっと1200m戦
なぜ一貫しないのか。


ジャパンダートダービー-前日予想

ここはもう一番強い馬を買うしかない。
いつもは断然人気の馬が本命なら対抗や▲の馬との馬単の裏を数百円買っていたりするんだけどそれすら勿体ないレベル

1→2着は1点勝負
どうせ3連単カフェファラオ1着付けでは3連複の2.4倍くらいにしかならないので3連複と3連単で両取りを狙いつつ、○ミヤジコクオウが3着だった時のリスクヘッジとする。


◎カフェファラオ
○ミヤジコクオウ

△エメリミット
△ブラヴール
△ダイメイコリーダ
△キタノオクトパス

それにしても3着に自信を持って塗れる馬がいない。。。
ならばということで人気なさそうな東京ダービー馬エメリミットを3番手筆頭にした。
調教は相当に動いていて間違いなく状態は絶好。それでいて絶好の1番枠からインでじっとしていれば一発は十分!!!


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事