交流重賞アイキャッチ2019



第23回マーキュリーカップ

3連休最後を飾る交流重賞だけど恐ろしく盛り上がりに欠けるメンバー構成
JRA勢は1.5流のOP馬ばかりだし、かといって地方馬にも期待できそうもない。

2010年南部杯のグランシュヴァリエみたいな訳わからない激走がなければJRA馬同士の決着が超濃厚
そもそも今年の地方馬にグランシュヴァリエのレベルの馬はいないけど。


投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
オッズパーク10%ギフト券などに交換出来るポイント
SPAT4最大0.5%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせて倍率を半分に調整してわかりやすく比較表示しています。


盛岡ダート2000m-傾向

直線のポケットからスタートしての1周戦
見るからに紛れのないコース設定
スタート直後に勾配1.5mほどの坂がありペースが落ち着くことが多い。
インコースを走りたい外枠の馬がスタート直後から内に寄せてくるので、中途半端な出脚の中枠の馬は挟まれる危険性がある。
盛岡競馬場は1~2コーナーや向正面も上り坂になっていて、3コーナーは下り坂、直線は再び上り坂となるレイアウトで力のある馬が有利
ただ盛岡競馬場のサイトでコースからの写真が見れるけど、勾配はそこまで激しくない。
http://www.iwatekeiba.or.jp/guide/moriokakeiba/oro_06
盛岡競馬場2000mコース図 空撮画像:グーグルマップ


マーキュリーカップ-過去10年の傾向

JRA勢が圧倒
過去10年30頭の馬券圏内で地方馬は南関東所属の3頭のみ
中央の一流馬は殆ど出てこないが、それでもJRA勢が強い


中央馬の前走着順は気にしない
過去5年の内の4年で前走9着以下の馬が馬券に絡んでいる。
データ的には前走15着のコパノチャーリーでもノーマークには出来ない


上位人気は満遍なく来る
1番人気の複勝率が70%と一番高いが、以下2人気60%、3人気40%、4人気60%、5人気40%と上位人気馬は満遍なくやってくる傾向
6番人気になると20%と一気に落ちる。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 9勝:1勝
連対圏 17頭:3頭
複勝圏 27頭:3頭


過去10年で万馬券になったのは…
馬連×1回、3連複×1回、3連単×4回(6桁配当×2回)


3連複から3連単のアップ率
7.9倍(過去10年)


マーキュリーカップ-平均配当

データは過去10年
券種平均配当最低配当最高配当
単勝603円130円2,720円
馬連3,374円160円18,670円
三連複5,104円340円23,090円
三連単40,539円1,190円179,810円


マーキュリーカップ-人気別成績

データは過去10年
人気1着2着3着勝率連対率複勝率
1人気41240%50%70%
2人気33030%60%60%
3人気0310%30%40%
4人気21320%30%60%
5人気0130%10%40%
6人気10110%10%20%
7人気0000%0%0%
8人気0000%0%0%
9人気0100%10%10%
10人気以下0000%0%0%


マーキュリーカップ-地方馬成績

地方馬が馬券圏内に入ったのは過去10回で3例
1勝 2着2回 3着0回

馬名所属着順人気
2016年タイムズアロー船橋2着9人気
2015年ユーロビート大井1着6人気
2010年ブルーラッド川崎2着5人気


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1.グリム[JRA]
去年12月の名古屋GPは結果的に相手が悪かった。
重賞3勝はこのメンバーで抜けているし、他馬は全部54kgとはいえ56kgも有利
逃げても良し、番手でも良し。よほどの事が無い限りは負けそうにない。


2.コスモマイギフト[笠松]
安定のホースケア


3.ノーブルサターン[JRA]
兵庫CS2着にJDD5着と地方の馬場で成績を残しているのは強みで着差も0.1秒と0.6秒
ただ勝ち馬がタガノディグオとヒガシウィルウィンなのでレベルは微妙

今回は左回りを狙っての参戦
逃げる脚もある馬だけど、今回は逃げ先行馬が揃いすぎているのでJRA勢の中では一番後ろにいそうで、盛岡は直線が長いので後方待機が奏功する可能性は結構ありそう。
当たり前だけど、2頭垂れてくれば馬券内(笑)


4.コミュニティ[岩手]
歴戦の9歳馬
盛岡のトップクラスにいたこともあったけどその時は目の上のたんこぶにナムラタイタンがいた。
ナムラタイタンがいなくなったと思ったら衰えた。


5.レッドダニエル[岩手]
常識的に考えて厳しいなり


6.チェリーピッカー[岩手]
可もなく不可もなし。
いくらJRA勢のレベルが低いとは言っても交流重賞では買い目なし。


7.センティグレード[岩手]
南関東競馬でいい戦いをしていた時期もあったけど、通用しなくなって岩手に移籍
それからは8戦して馬券内が6回と好戦続きで頑張っている。
ただオープン戦では勝ち馬と2.3秒差で岩手限定でも厳しかった。


8.ムゲンノカノウセイ[岩手]
この馬が馬券に絡んだら配当金に無限の可能性
物凄く押し出された上でだけど、今回の岩手のエースはこの馬


9.テルペリオン[JRA]
名古屋大賞典ではスタートから押していくもスピードに乗り切れずに6番手
盛岡は名古屋よりも軽いダートだけど、地方の馬場が合わない可能性もある。
できれば合わないでいただきたいという穴党の願望もある。


10.イッセイイチダイ[笠松]
湯前良人厩舎3頭出しの1頭
2頭出しは人気薄を狙えという格言があるけど、3頭出しはどれを狙えば?


11.コパノチャーリー[JRA]
交流重賞は4回走って8着、10着、8着、5着(2.8秒差)と散々な成績
2年連続で勝っている阿蘇S(OP)が恐らくこの夏の本命レースでここは叩き台


12.デジタルフラッシュ[笠松]
笠松からみんなでワイワイ楽しくやってきました。


13.スランジパール[笠松]
大量遠征笠松勢4本目の槍
同郷同士後方で槍の突き合い


14.ロードゴラッソ[JRA]
いかにも交流重賞にギリギリ出走出来た馬という感じの戦績
この手の馬は大体4、5番人気が定番だけど、今年のマーキュリーCのメンバーではもっと上位人気が濃厚
大外枠は良い方に作用しそうで、馬券内は有望だけど勝つまでは…?


マーキュリーカップ-前日予想

グリムの1着はほぼ堅いと見て1着付けの3連単
相手はロードゴラッソとノーブルサターンの2頭で勝負!


2019年-地方交流重賞馬券成績

地方交流重賞は馬券で儲けるよりいかに損をせずに楽天ポイントを取るかだと思っている。
私はこのポイント最大化手法を駆使して毎年負けています←


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事