羽田盃-アイキャッチ

今日も今日とて自粛生活中で暇なので三国の女子レースを買いつつローテーションからのデータを色々と調べてみた。

全日本2歳優駿の勝ち馬と羽田盃、東京ダービー

2000年以降の地方所属勝ち馬のみを抜粋

馬名羽田盃着東京ダ着
2000トーシンブリザード1着1着
2001プリンシパルリバー1着3着
2006フリオーソ3着2着
2009ラブミーチャン
2013ハッピースプリント1着1着
2020ヴァケーション??????

出走がなかったラブミーチャン(浦和桜花賞に登録するも出走取消)を除くと全日本2歳優駿の勝ち馬は羽田盃に4頭出走して【3.0.1.0】
東京ダービーまで含めても【5.1.2.0】と馬券内パーフェクト

これはヴァケーションを馬券からは外せなくなるデータ


ニューイヤーカップの勝ち馬と羽田盃、東京ダービー

馬名羽田盃着東京ダ着
2005ナイトスクール
2006コーラスマスター
2007レッドドラゴン4着6着
2008ゲンキチホマレ6着9着
2009モエレエターナル3着6着
2010ウインクゴールド4着14着
2011ドラゴンウィスカー4着12着
2012ゴールドメダル6着
2013ソルテ2着3着
2014ファイヤープリンス7着
2005ラッキープリンス3着1着
2016モリデンルンバ11着
2017ヒガシウィルウィン2着1着
2018ヤマノファイト1着7着
2019トーセンガーネット
2020グリーンロード??????

ニューイヤーカップの勝ち馬は過去15年で11頭が羽田盃に出走して【1.2.2.6】
この内の2頭(ヒガシウィルウィン、ヤマノファイト)は京浜盃も勝っているのでこの後のデータと重複している。
この2頭を抜くと【0.1.2.6】と一気に見栄えが悪くなる。

今年の勝ち馬グリーンロードはその京浜盃よりステップとしての重要度が低いクラウンCで5着に負けているのでデータ的には苦戦必至。
データを無視するならニューイヤーCの勝利は鮮烈だったし、クラウンCは57kgを背負って挫跖明けの+11kgと敗因も明確なので叩いた効果を重くみて度外視する手はある。
ただあの程度のメンバーなら正直もう少し格好を付けてほしかった。


雲取賞の勝ち馬と羽田盃、東京ダービー

馬名羽田盃着東京ダ着
2010ラストキング7着15着
2011ファジュル5着
2012ゴールドキャヴィア10着15着
2013アウトジェネラル1着6着
2014ドバイエキスプレス2着7着
2005ノースノース
2016ハタノリヴィール
2017カンムル8着5着
2018ワグナーコーヴ14着14着
2019ヒカリオーソ1着
2020ゴールドホイヤー??????
※ダート1800mの重賞になったのは去年から。2018年まではダート1600mのOP競走

重賞になる前の雲取賞組は玉石混交、石多めという感じだけど、重賞に昇格した去年は東京ダービー馬ヒカリオーソが勝って、羽田盃馬ミューチャリーが2着、そして3着は只今絶賛売出し中のカジノフォンテンと世代の素質馬が勢揃いしていた。

なので今年のゴールドホイヤーのデータからの評価は微妙
吉原が生きていたらヴァケーションとどっちに乗るかで外野からも多少の力の見積もりが出来たけど、彼はもういない。(死んでない)



京浜盃の勝ち馬と羽田盃、東京ダービー

馬名羽田盃着東京ダ着
2005シーチャリオット1着1着
2006サワライチバン7着8着
2007トップサバトン1着8着
2008ディラクエ2着4着
2009ナイキハイグレード1着3着
2010ジーエスライカー
2011クラーベセクレタ1着1着
2012パンタレイ9着
2013ジェネラルグラント4着2着
2014ハッピースプリント1着1着
2005オウマタイム2着6着
2016タービランス1着3着
2017ヒガシウィルウィン2着1着
2018ヤマノファイト1着7着
2019ステッペンウルフ3着
2020ブラヴール??????

京浜盃の勝ち馬は過去15年で14頭が出走して【7.3.1.3】とハイアベレージ
着差別でもデータを取ってみたけど、2着馬に付けたタイム差が大きいほど羽田盃の成績が良くなるわけでもなく殆ど変わらなかったので割愛。



2020年 羽田盃-結論-

ここまでデータを書いてきて一切名前が出てきていないファンシーアップが自信の大本命(仝_仝)
根拠は京浜盃
途中から息の入らない流れを外々の4番手で追走して3、4コーナーは4頭雁行状態の一番外を回ってきた。
それでいて最後まで頑張り1つ後ろのインにいたヴァケーションを差し返すど根性ぶり。
今回はもっと上手い競馬をするハズの上積みと、ここで5着までに入らないとダービーの出走権利が怪しくなるので勝負度合いも高い。

相手はデータから京浜盃組
ファルコンウィングとグリーンロードがいればハイペース必至でそれに乗じられる○フラヴール
セレン×チャープアスリープの夢の血統

京浜盃2、3着のコバルトウィングティーズダンクを抑えに回して当たりそうな気しかしない!

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事