【2021年・児島】グランドチャンピオン決定戦の売上
スポンサーリンク

第31回グランドチャンピオン決定戦

開催日:2021年6月22日~27日
開催場:児島ボートレース場
売上目標:140億円
優勝賞金:3,500万円


日別売上

1日目(火):21億4335万9200円
2日目(水):18億1386万9900円
3日目(木):19億2604万4700円
4日目(金):21億3003万1100円
5日目(土):28億5976万0500円
6日目(日):41億9859万9100円


節間通算

150億7166万4500円


前年比

+2.9%


優勝選手

前本泰和


できごと

2日目2R 5号艇 興津 藍フライング返還

2日目9R 3号艇 新田 雄史フライング返還

4日目2R 6号艇 吉川 元浩フライング返還

5日目3R 5号艇 深川 真二フライング返還


ひとこと

売上目標は余裕の達成。
SGでは珍しくフライングが4レースもあったり、準優勝戦で1号艇が全敗したりと波乱の展開だったけど、最後は1号艇の前本泰和があっさりとイン逃げを決めて大団円。

前本はSG2勝目だけど、1個目がミソッカスSGの賞金王シリーズなので実質49歳でSG初優勝。
49歳で最高峰舞台を初優勝できるボートレースの懐の広さは素晴らしい。

そして3着に入った湯川浩司。
グラチャン3勝の湿気王子の二つ名は伊達ではなかった。
そんなんたまたまだろうと思っていて舟券的に痛い目に遭いました><
来年のグラチャンは何号艇でも湿気王子を必ず買いたいと思います><


関連リンク

2021年ボートレースSG、プレミアムGⅠ売上一覧
https://www.umanarok.net/uriage_boat/boatrace/2021.html


ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事