【2021年】第33回ブリーダーズゴールドカップの傾向と対策と予想と。
スポンサーリンク


第33回ブリーダーズゴールドカップ

クラスターカップはパドックでジャスティンがあまり良く見えなかったこともあって、これを消してサイクロトロンを浮上させたことでなんとか3連単ヒット。

余勢をかってブリーダーズゴールドカップ。


投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
オッズパーク10%ギフト券などに交換出来るポイント
SPAT4最大7%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 ※SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせてわかりやすく比較表示しています。


門別ダート2000m-傾向

大井の2000mによく似た素晴らしいコース設定で最後の直線が56m短いだけ。
その分だけ最後に脚を使える馬よりも長く良い脚が使える馬が合う。
門別2000mコース図 空撮画像:グーグルマップ


ブリーダーズゴールドカップ-過去7年の傾向

堅い
牝馬限定になった過去7年で馬券圏内21頭の内1~4番人気馬が実に20頭を占めている。
過去の傾向的には人気馬が上位独占の形


馬格のある馬が有利?
馬券圏内に来た馬の内で2018年優勝のラビットランが最少体重馬で448kg
他は460kg台が2頭(メモリーコウ、レーヌブランシュ)、470kg台が2頭(サンビスタ、マイティティ)となっていて、残り16頭は480kg以上の馬格を誇っていた。


先行が勝利の近道
比較的差しが効きやすい門別コースということで過去7年で逃げた馬は未勝利
前を見ながら勝負所で上がっていける先行、差し馬が勝っている。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 7勝:0勝
連対圏 14頭:0頭
複勝圏 21頭:0頭


過去7年で万馬券になったのは…
馬連×0回、3連複×0回、3連単×1回(6桁配当×0回)


過去7年で3桁配当で収まったのは…
単勝×6回、馬連×5回、3連複×6回、3連単×1回


リピーターが強い地方交流重賞
今年の該当馬は去年の2着馬「メモリーコウ」と3着「レーヌブランシュ」


過去7年の平均配当

券種平均配当最低配当最高配当
単勝670円170円2,070円
馬連780円130円1,680円
三連複758円220円2,560円
三連単6,815円790円25,460円


ブリーダーズゴールドカップ 地方馬成績

地方馬は過去7回で1頭も馬券圏内に入っていない。
5着まで枠を広げても4頭しか入っておらず、掲示板内はJRA勢が31/35と圧倒。


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1リネンファッション[JRA]
今回この馬の圧倒的プラス要素は何と言っても展開面
他に逃げ馬が全くいないので楽に先手を取れそう。

ダートのレースで2~3番手から進めたレースは全て外枠だった時で、内枠を引いた時は全て逃げている。
今回は1番枠で、マリーンワン、ネーロルチェンテ辺りが先手を奪いに来ても譲らない公算が高い。

あまりにも楽なマイペース逃げがほぼ確定なら馬券圏内もほぼ確定!?

父キンシャサノキセキは短距離馬だったけれど、産駒としてストライクイーグル、ウインユニファイド、ヒラボクラターシュ(本日船橋メインに出走)とダート中長距離馬を出しているので、距離も心配いらなそう。


2マリーンワン[北海道]
門別生え抜きで初勝利に12戦を要した馬
ブリーダーズGCは去年も出走してプリンシアコメータから5.7秒差の10着


3ネーロルチェンテ[JRA]
この馬とクオリティスタートが門別のエース格だろうけど、クオリティスタートは3年連続でこのレース8着。
ネーロルチェンテも大井では全然ダメで、札幌へ遠征したJRA1勝クラスも10着
地力が足りない。

でも牝馬交流重賞では10年に1回くらい全く訳がわからない馬が突っ込んでくるので、その期待に賭けるならこの馬かな。


4アッシェンプッテル[JRA]
末脚の威力は抜群だけれど、今回のメンバーを考えるとそれよりは前に行く脚が欲しい。

そしてこの馬の好走時は殆どが足抜きの良い馬場
重馬場以上になるようであったら戦力が一気にアップする。


5マルシュロレーヌ[JRA]
恐らくは58kgを嫌ってスパーキングレディーカップではなく帝王賞に出走するも力の差を感じる8着

ただここに入れば実績最上位。
レーヌブランシュとは去年のレディスプレリュードから4戦連続で対戦。
4戦合計3.8秒差を付けてすべて退けた。


6サイファリス[北海道]
JRAでは10戦して未勝利で門別へ移籍した馬。
前走そこそこ頑張ってはいるけど格上挑戦でオープン馬ですらない。


7クオリティスタート[北海道]
ブリーダーズGCは4年連続の出走
過去3年は全て勝ち馬から3秒以上離された8着

ヒダカソウカップ➡ノースクイーンカップ➡ブリーダーズGCというローテーションも4年連続で去年は1着、1着と連勝で臨んでこのレース8着(3.3秒差)


8レーヌブランシュ[JRA]
マルシュロレーヌに対して明らかに分が悪い。
この時期だと4歳馬の成長力で一気に変わることがあるけれど、近走の成績も冴えずその期待感も薄い。

4コーナーの番手から最終着順が殆ど上がらない馬なので、スローペースで後続が早めに来られて脚の速さを競う展開になったら厳しい。
恐らくは4角2番手にいるだろうから、その時点でマルシュロレーヌ、メモリーコウが離れていれば…。

斤量面でもマルシュロレーヌと同じ57kgで牡馬換算59kg。
メモリーコウが55kgだしその点でも食指が動きにくい。


9メモリーコウ[JRA]
牝馬交流重賞で5戦して【3着、2着、4着、2着、5着】と勝ちきれず。
中央場所の重賞やオープンでも勝ちきれていないけど【12着、3着、3着、2着、3着、4着、3着】

実質5~6頭立ての牝馬交流重賞と、多頭数のJRA重賞やOPでは入着の難易度が違うのは明らかで、メモリーコウは地方ダートでも戦えるけど中央ダートレースの方が合っているのは間違いない所で、それはこの馬を一番近くで見ている陣営のレース選択を見ても明らか。

差し構えで好成績で今回は逃げ馬不在でスローペースが濃厚。
門別外回りは1周1600mの大箱で差しが効きやすいコースだけれど、ペース不適。
地力でいいところには来るだろうけど、またも勝ちきれない結果になりそう。


10ストラール[北海道]
門別で17戦して2勝では…。



ブリーダーズゴールドカップ-前日予想

データ的には前走448kgで馬格もなく、過去7年で1頭も勝っていない逃げ馬のリネンファッションが本命。
データよりも展開の方が大事ですから!
楽逃げすぎる。

唯一JRA勢でアッシェンプッテルだけは切り捨てようと思っていたんだけど、このメンバーで唯一馬格がある馬ということで、データも一応大事だと残したおいた。

◎リネンファッション
◯マルシュロレーヌ
▲メモリーコウ

△レーヌブランシュ
△アッシェンプッテル

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事