競馬アングリー

 1日に門別競馬場で行われた交流GIII・北海道2歳優駿(ダ1800メートル)で1、2着馬の着順を逆に判定する誤審があった。レースは直線で同じ道営馬同士の激しい叩き合いとなり、1番人気のウィンターフェルが1着、6番人気のイグナシオドーロがハナ差の2着で確定、払い戻しも行われた。しかし後に誤審であることが判明し、写真判定などによる再検証の結果、イグナシオドーロがわずかに先着していることがわかった。主催者のホッカイドウ競馬関係者は「誤りがあったことは確かです。今後については検討中です」と誤審を認めている。

 

(記事続きあり)


競馬にはいくつか絶対やっちゃいけない事があるけど、これ完全にその1つやん。

あとは斤量を間違えるとか(善臣、達城、中野)、距離を間違えるとか(ヤマダ)

主催者側にいる人間が馬券を買った人が確実に損をするような凡ミスは絶対やってはいけないと思うわけです。レース中の判断ミスとかとはミスの種類が違いすぎる。

1、2着馬を取り違えたとかたるみすぎ。適当に仕事してるのわかりすぎ。

確かに際どかったけど、際どいゴール前なんて過去にいくつもあるやん。

ゴール前の判定写真が公式で提供されていないのでキャプション

北海道2歳優駿ゴール前

北海道2歳優駿ゴール前

ゴール板より少し手前の瞬間だけど、門別はカメラに角度が付いているのでこの映像ではどのみち正確な判定は出来ない。


追記
真横からの画像付きスローモーションの動画があった。


ゴール板前のキャプション
北海道2歳優駿ゴール前

北海道2歳優駿ゴール前

あー、これは完全に内側のイグナシオドーロが勝ってますわ。


でもなんか馬の鼻の所だけ注目すると外が勝っているように錯覚で見えると言っている人がいてなるほどと思った。
北海道2歳優駿ゴール前寄り画像

北海道2歳優駿ゴール前寄り画像

確かに内側の馬の鼻面が外側にあるように見えるッ…

1人で写真判定してるわけじゃないだろうし、そんなの言い訳にされても困るけどw


本当の的中馬券も偽りの的中馬券も払い戻されるのが濃厚

本当の的中馬券は今後払い戻されるだろう点は救いというか当然だけど、リアル馬券を買っていた人は大体捨ててるよね~

外れ馬券を持って帰る人なんて1割もいないでしょ。

どうするんでしょうね。

昨日の門別競馬場は交流重賞なのに1496人しか入ってなかったけど、場外売場で買ってたおじちゃん達も沢山いるだろうし。

馬券を捨てていても場所や購入時間、買い目などの履歴である程度は絞り込めるだろうけど、馬券買ってるおじちゃん達にそんな細かいことまで覚えてるのを期待してはいけない気がするw


ただ自分の場合はネット投票で買って履歴が完全に残っているので問題ないんだけど。

ンマー1、2着逆でも当たってないんですけどね:(;゙゚'ω゚'):


2着と9着を取り違えててくれたならド本線で的中だったんだけど。

お詫びに全馬券的中とかにならないんですかね? なりませんね、わかってます。

今回の件から我々競馬ファンが得るべき教訓は、外れ馬券は漏れなく持って帰って家で捨てるべきだということだ。競馬場では「勝馬投票券は確定まで大切にお持ちください。」とアナウンスしているがアレは嘘だ。主催者が判定ミスしてる可能性もあるので、確定後も大切にお持ちください。

blogmura

スポンサーリンク
おすすめの記事