府中の芝2400mのレコードタイムホルダー変遷


馬名時計レース名
1977年グリーングラス2分26秒3AJCC
1981年メアジードーツ2分25秒3ジャパンカップ
1986年ジュピターアイランド2分25秒0ジャパンカップ
1987年ルグロリュー2分24秒9ジャパンカップ
1989年ホーリックス2分22秒2ジャパンカップ
2005年アルカセット2分22秒1ジャパンカップ
2018年アーモンドアイ2分20秒6ジャパンカップ

ホーリックスの超レコードの時はまだ競馬に興味がサラサラない少年時代だったので、オグリキャップとの激闘を伝説的に知っていただけだけど、レコードタイムも一気に2秒7も縮めてたんですね。
今回のアーモンドアイが更新したタイムが1秒5なので、従来のレコードから縮めたタイムだけならホーリックスの方が遥か上を行っている。
ホーリックスは当時の日本では牡馬よりも軽んじられていたであろう牝馬だし、2着はマイルCSから連闘のアイドルホース・オグリキャップだしそれは伝説のレースにもなるわと29年後の今になって納得。

そして今回のアーモンドアイが記録した2分20秒6というのも破格の世界レコード
普通の相手だったならペースを作ったキセキが2分20秒9のレコードタイムで逃げ切って「キセキすげえええ…」となる所なのにアーモンドアイが美味しい所を全て持っていってしまったw
私、馬券派競馬ファンなので基本的にスターホースでも海外よりも日本で走ってほしいと思っているのだけど、この規格外の牝馬はさすがに海外で見てみたいわ。
海外ロードに出るであろう来年のアーモンドアイが実に楽しみ。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事