ギャンブル日記

いやはやブランシェクールが来ますか。

牝馬交流重賞は魔窟やな…。

前がやりあって川崎2100m戦にしては息が入らない流れになったのが奏功したんだろうけど、そこまで読めなかった(-_- )

交流重賞でビタイチいらないと書いた馬5分の3くらいで馬券になってる気がするけど、過去は振り返らない!(振り返れ)


エンプレス杯のラップ

今年
6.4-11.2-11.8-14.2-12.8-13.3-13.8-11.8-12.8-13.9-13.3

2018年
6.7-11.5-13.1-14.0-12.4-13.0-13.5-12.1-12.9-13.7-13.4

2017年
7.1-11.0-13.0-13.9-13.7-13.7-14.1-12.1-12.7-13.0-12.7


息が入るべき300-500mで11秒台を刻んだ上に、勝負どころの残り4ハロンからの加速も過去2年よりも急。

これを自力で勝ちきったプリンシアコメータの強さをがわからなかったのは痛恨である。

スパイキュールの血統でスタミナの裏付けがあるので、消耗戦に強かったということなんですかね。

ブランシェクールは展開向いたのが一番だろうけど、これで引退なのでこの馬について深く突っ込んで考えてももう役には立たない。お疲れ様。君はぶっこんだ時に二度とも出遅れてくれたので全くいい思い出がないよ。


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事