ギャンブルニュース

5月13日から4日間の騎乗停止処分

神奈川県川崎競馬組合は13日、競馬の信用を失墜させたとして、滝川寿希也騎手(23=川崎・田辺)に騎乗停止4日(13~16日)の処分を科したと発表した。

処分の理由については、SNSにおいて他の職業を差別する発言、事実や法令を無視した発言等を繰り返したためとしている。同騎手は3月28日浦和での騎乗を最後に騎乗しておらず、今回と同様の理由で騎乗停止2日(4月1~2日)の処分を受けていた。


4月からずっと競馬に乗っていなかったけど、今回やっと主催者から発表があった。
今は何もつぶやいていないのに5月13日~16日という騎乗停止期間が完全に意味不明だけど、なんだか今は競馬に乗るつもりもなさそうだし大きな問題ではない。多分。


いきなり脱線します(確信犯)

まず最初に言いたいのは、そもそも川崎競馬に失墜するほどの信用があるのかと言うことですね!

失墜の意味をコトバンクで調べると…

  1. 名誉・権威などを失うこと。「会社の信用が失墜する」
  2. むだな出費。浪費。
  3. 不足すること。また、まちがいのあること。

と書いてある。
即ち「信用を失墜」というのは名誉、権威に近いレベルの信用がある時にしか使ってはいけないと思うのだけど、競馬ファンは誰も川崎競馬にそんな大きな信頼は寄せてないw

なので今回の滝川騎手は別に信用は失墜させてないと思われる。

信用度4だったのが3になったとか、始めから信用なんてしてなかったから3で据え置きとかその程度ですね


滝川寿希也は何故、騎乗停止処分を下されたのか?

これはツイッターで暴れていたからですね。

胡散臭いYouTuberと絡んでいたのが原因と言われているけど、これは本人がツイッターで明確に否定している。

※本人のTwitterは鍵がかかっているのでこれはbotのツイート



友達なんだって。
こういうのは若い子に言っても強情になるだけやね。
1人は詐欺みたいな事してるYouTuberなので友達は選べやって話だけど、裏切られるまでわからんからね。



ということで騎乗停止はまた別のお話

主催者発表にある騎乗停止処分の理由はまず「SNSにおいて他の職業を差別する発言」
これはトラックドライバーの人を馬鹿にした発言が該当すると思われる。

以下Twitterのやり取りを文字起こししたもの

明らかな誤字脱字は修正してあるけど、原文はいじってない。


トラックドライバー@Twitter
なんや、帰ってくる気持ちがあるなら辞めるとは言わないよ。
サラリーマンは会社辞めたら、同じ会社には戻れないよ!!
あまい考えやね。

滝川寿希也@Twitter
サラリーマンじゃねーこっちは
もっと危険でもっと大変でさらに残酷だ

トラックドライバー@Twitter
トラックドライバーも同じだよ。
考え方が幼稚園だよ

滝川寿希也@Twitter
一緒にしてほしくない笑
こっちは乗るのに営業やら御中元やら
小さい所からやらないと仕事も無くなるし
事故率高いし
トラックドライバーと一緒にされたら騎手も終わり

全然騎手のが夢のある難しくて大変な仕事だわ

トラックドライバー@Twitter
トラックドライバーも御中元やお歳暮は送っているわ。
得意先に無理難題言われても我慢して仕事しているよ。
家に帰れるのは月に2度あれば、良い方や
命かけて荷を配達しているのだよ。
トラックドライバーをなめるなよ

滝川寿希也@Twitter
なめてない笑
騎手と同じにしないでいただきたいだけ

でも言っとく。
こっちのが10000%大変でむずかしい
みんな命かけながら生活縛られながら
他の職業と天秤にかけられる必要無い
黙って運転してればいい
こっちは「死ね」とか言われたり「はい降ろし」って言われたら、「はい次頑張ります」しか言えないんだし

完全にこじらせてますなー。
そもそも他場のレースに出る時は馬運車で馬を輸送してるんだから、騎手もトラックドライバーには相当お世話になっているわけだが…。
騎手はいなくても世界は回るけど、今の日本でトラックドライバーが一気にいなくなったら世界は止まる。

ンマー競馬ファンとしては、明日から競馬がなくなったら世界は完全に灰色に染まるけれども(・ε・;)


もう1つの騎乗停止理由は「事実や法令を無視した発言」

法令についてはコレというのが見つからなかった。

事実を無視というのはおそらく前述のYouTuberの件で地方全国協会から「お灸を据えとけ」と言われたという話を川崎競馬場から聞いた滝川寿希也が地方全国協会に直接問い合わせたら「そんな事は言っていない」と否定の返事

どちらかが嘘を吐いている。となってこじれたと。



本人は否定していたけど、結局競馬予想YouTuberと一緒に動画に出たりTwitterで絡んでいたのが根幹にある話
同情的に考えると競馬新聞の記者なんかとSNSで話をしても何も問題ないのに、それ以外の競馬予想家などは公正競馬に反するからダメというのは考え方が古すぎて23歳にはついていけないかもしれない。
ただ小言を言う側としても、今回は絡んでいる人間の素性が大分怪しいというのがあるんだけど。

親が子供に対して
「そいつとは付き合うな」
「俺の友達の悪口を言うな」
っていうやり取りと一緒ですな。

あるいは
「そいつと結婚しても不幸になるのが見えてるから絶対に認めん」
「お父さんが認めてくれなくても彼を愛してるから結婚する」
的な。

こういう場合、親の見る目の方が合っているケースが多い気がしますね。


滝川寿希也はどこへ行くのか?

これは本人しかわからない話だけど、このまま引退となる可能性もそこそこありつつ、騎手業を続けたいという意思は以前から明確に表明しているので、ほとぼりが冷めた頃にシレっと戻ってくることになりそう。

というのが当たらない競馬予想が売りの私の渾身の予想であります。

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事