【2021年・住之江】ボートレースグランプリ(賞金王決定戦)の売上
スポンサーリンク

第36回ボートレースグランプリ(賞金王決定戦)

開催日:2021年12月14日~19日
開催場:住之江ボートレース場
売上目標:230億円
優勝賞金:1億円


日別売上

1日目(火):33億0919万7700円
2日目(水):34億6867万2800円
3日目(木):39億3114万2900円
4日目(金):38億5201万2900円
5日目(土):47億4951万6000円
6日目(日):47億6462万1700円


節間通算

240億7516万4000円


前年比

+16.1%


優勝選手

瓜生正義/賞金王決定戦
新田雄史/賞金王シリーズ


できごと

2日目8R 2号艇 今垣光太郎フライング返還

3日目6R 4号艇 西村拓也フライング返還

6日目5R 5号艇 山田祐也フライング返還

6日目12R 4艇が転覆して3連単舟券が不成立。

JLCオフィシャルショップ楽天市場店

SG、GPジャンパーや選手グッズ、ボートレースカラーデザインのマスクやエコバッグ、ボクザーパンツなどボートレースグッズが盛りだくさんのショップ。

今回のグランプリグッズも限定販売されている。

JLC(ボートレース専門チャンネル)公式での販売なので出処も安心。
JLCオフィシャルショップバナー

ひとこと

優勝戦の多重事故で売上42億7752万6800円のうち41億1426万3700円、実に96.8%が返還となった。
この金額は過去最高で、今までの返還記録は2002年グランドチャンピオンの優勝戦で2艇がフライングした時の24億3513万3800円だった。

となれば売上目標には届かなそうだけど、見事に達成。
大返還がなければ280億円を超える売上になっていた。

優勝戦の事故はかなり危なそうに見えたけれど、転覆した選手達に大きな怪我はなく、もちろん痛みがある選手もいるだろうけれど、4人全員が無事にピットへと戻ってきたのは不幸中の幸い。

優勝した瓜生は3コースから見事な捲り一閃で事故がなくても勝っていただろうに、アクシデント発生で静かな1億円ゴール。心から喜べるレースでなくなってしまったのは可哀想だった。

そして個人的な舟券としては峰の1着付け3連単しか買っていなかったので、1周2マークで瓜生、白井に続いて誰も回ってこなかった時にちょっと「よし」と思ってしまった。
小物で大変申し訳ございません。m(_ _)m


関連リンク

2021年ボートレースSG、プレミアムGⅠ売上一覧
https://www.umanarok.net/uriage_boat/boatrace/2021.html

ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事