第31回ブリーダーズゴールドカップ

お盆開催の馬券成績は交流重賞やポイントアップレースで連敗も、大井で勝っているので成績的にはチャラライン

ここで当ててお盆の勝利を確定させたいけど、交流重賞よりも大井の方が当たりそう。


投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
オッズパーク10%ギフト券などに交換出来るポイント
SPAT4最大8.5%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせて倍率を半分に調整してわかりやすく比較表示しています。


門別ダート2000m-傾向

大井の2000mによく似た素晴らしいコース設定で最後の直線が56m短いだけ。
その分だけ最後に脚を使える馬よりも長く良い脚が使える馬が合う。
門別2000mコース図 空撮画像:グーグルマップ


ブリーダーズゴールドカップ-過去5年の傾向

堅く収まる
2017年に勝った6番人気のマイティティー(単2070円)以外で馬券圏内に入った馬は全て4番人気よりも上だった。

今年もあまり荒れそうな要素はなく例年どおり堅く収まりそう。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 5勝:0勝
連対圏 10頭:0頭
複勝圏 15頭:0頭


過去5年で万馬券になったのは…
馬連×0回、3連複×0回、3連単×1回


3連複から3連単のアップ率
9.29倍(過去5年)


リピーターが強い地方交流重賞
今年の該当馬は過去2年で3着、2着の「クイーンマンボ」
去年2着の「プリンシアコメータ」


BGCバナー

ブリーダーズゴールドカップ-平均配当

データは過去10年
券種平均配当最低配当最高配当
単勝744円170円2,070円
馬連874円130円1,680円
三連複836円220円2,560円
三連単7,768円790円25,460円


ブリーダーズゴールドカップ-人気別成績

データは牝馬限定になった過去5年
人気1着2着3着勝率連対率複勝率
1人気13120%80%100%
2人気10220%20%60%
3人気11020%40%40%
4人気11220%40%80%
5人気0000%0%0%
6人気10020%20%20%
7人気以下0000%0%0%


ブリーダーズゴールドカップ-地方馬成績

地方馬が馬券圏内に入ったのは牝馬限定後5回で1例もナシ


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1.ソーディスイズラヴ[北海道]
2年連続の出走

去年4.2秒差、3.2秒差で負けていたヒダカソウカップとノースクイーンカップで今年は1.7秒差と1.9秒差

去年より力を付けている←


2.ラインカリーナ[JRA]
関東オークスは3着馬を2.5秒も引き離して結果的に2強のマッチレースだった。
関東オークスは前が超絶有利の傾向だけに先手を取れたのも勝因

2着に下したマドラスチェックは次走に川崎のスパーキングLCを選んで、古馬に3~4kgの斤量差を貰った上でファッショニスタから2.0秒離された4着

今回は古馬と0~2kgの斤量差、後ろのプレッシャーも関東オークスの比ではないだろうし古馬の壁に跳ね返されそう。


3.クイーンマンボ[JRA]
3年連続の出走も一昨年が1.7倍で2着、去年は1.5倍で3着と人気を裏切っている。

今年は前2年と違って成績が奮わない中での参戦で、騎手もルメールからデムーロに代わっている。

勝ち味の遅さはあっても堅実だった成績も6戦連続馬券外とかなり下降
調教もまさに順調といった感じで一変???


4.アルティマウェポン[北海道]
究極魔法アルテマの使い手

去年は2.5秒差の7着も直後のレディスプレリュードで13番人気で謎の大激走
その後も交流の牝馬重賞で実績を残している道営一番手の牝馬

基本的に追い込みがハマるかどうかだけなので展開一本


5.ゴッドパイレーツ[北海道]
買い要素が全くナシ


6.プリンシアコメータ[JRA]
去年、競馬場での滞在競馬が苦手との陣営コメントがあったけど4kg増で出走してラビットランの2着に好走
今年も一晩は競馬場に滞在しているだろうから大勝負するつもりなら一応のパドックチェックは必須

1番人気で過去に6戦して【2.1.0.3】
人気薄での激走も多々ありなかなか取捨が難しい馬
圏外に飛ぶまではなかなかなさそうだけど断然人気有望なら2、3着付けで狙ってみるのもあり!?


7.ザワールド[北海道]
道営勢に対しても劣勢では…。


8.クオリティスタート[北海道]
去年のこのレースは3.7秒差の8着

その後この1年で6勝と去年よりも確実に強くなっている感
JRA勢の凡走待ちだけどワンチャンくらいはある。


9.ビスカリア[JRA]
森泰斗が乗って勝ったTCK女王盃は強かったけど、あの開催はかなりインが有利の馬場で1番枠が味方した部分もある。

エンプレス杯ではプリンシアコメータに負けたけどスタートで出負けして位置が取れず、そこから勝ちに行って最後失速という明らかな敗因があるし、ここはそのプリンシアコメータ1頭を相手に絞ってレースをすれば良さそうで展開的な利はこの馬が一番持ってそう。


10.ジュンアイノキミ[北海道]
3年連続の出走
一昨年は1.9秒差の5着と健闘したけど去年は4.4秒差の11着と崩れた。
とはいえいずれにしても厳しい。


11.アンデスクイーン[JRA]
西園正都厩舎には珍しい長距離タイプ
勝っているレースを見るとスローから一気にペースが上がるようなレースは得意そうで、明日はどの辺からペースが上がるのかが結果を左右しそう。
ギリギリまでペースが上がらないようであれば捲り上げて行っても切れ味に劣る。


BGCバナー

ブリーダーズゴールドカップ-前日予想

◎ビスカリア
○プリンシアコメータ
△アルティマウェポン
△アンデスクイーン
△クオリティスタート

一瞬の脚ならビスカリアだと思うので、この馬が差し切ると予想
2着はプリンシアコメータが死守しそうだけど、怖いので3着付けか3連複を押さえたい。
3連単の3着付けの方が攻めっぽくて3連複は守りっぽいけど、ビスカリアが1着でプリンシアコメータが2着に来れば両方当たるのよね。
馬券選択は本当に悩ましいですね!


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事