【2021年・浜松】全日本選抜オートレースの売上
スポンサーリンク

第34回全日本選抜オートレース

開催日:2020年2月19日~23日
開催場:浜松オートレース場
優勝賞金:1,300万円


日別売上

1日目(金):2億2563万5800円
2日目(土):2億3798万6100円
3日目(日):2億7596万5400円
4日目(月):2億4485万9600円 
5日目(祝):4億2169万0200円


節間通算

14億0613万7100円


前年比

+12.8%

※今回の全日本選抜は年度的に2020年開催となるので、2019年10月の川口開催との比較


優勝選手

荒尾聡[デフジャムAK]


ひとこと

去年のスーパースター王座決定戦の1~3着の順番が入れ替わって決着
あの時は3番手から伸びあぐねていた荒尾がその経験値を生かして一気に2車を狩った。
荒尾聡、青山周平、鈴木圭一郎が今のオートの3強ですな。

しかしJKA管轄の競輪と同じ日程でのBIGレース開催
競輪とオートは本当に良く日程を被せて大レースを開催している。
特にお互いを高め合うコラボキャンペーン等をしているわけでもなく、ただただ食い合っているだけ。
競輪の側から見たらオートレースなんて小さい規模でライバルなんて言えない関係だし、もっと仲良く手を取り合えばいいのに。


ブログランキングへの応援お願いします

blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事