第30回オーバルスプリント

2019年9月12日(木曜日)
浦和競馬場ダート1400m



投票サイト別のポイント還元率と特典

投票サイト還元率特典
楽天競馬楽天競馬10%楽天ポイント
SPAT4最大5%現金交換などに使えるポイント
JRA IPAT0%何もくれない!

 SPAT4ポイントはベースが0.5%還元なので、1%還元の楽天競馬やオッズパークに合わせて倍率を半分に調整してわかりやすく比較表示しています。


浦和ダート1400m-傾向

浦和の根幹距離
コーナーまでに十分距離があるので有利不利は殆ど無い。
どの距離にも言えるが浦和競馬場は3コーナーがキツく、なおかつ微妙に揺れるという橋があるので慣れていない馬や騎手は割引が必要。
ゆえに地方交流重賞で地方馬が一番勝ちやすいコースとなっている。
浦和ダート1400m見取り図 空撮画像:グーグルマップ


オーバルスプリント-過去8年の傾向

交流重賞昇格後に1番人気馬の勝利無し
2着2回、3着1回で馬券内率37.5%とかなり低い数字。
1番人気というだけの理由で信頼しすぎるのは危険な傾向。


4番人気が謎に強い
過去8年で勝率50%
去年の勝ち馬ノボワイルドも4番人気だった。

今年の4番人気濃厚馬はワイドファラオ?
この馬がデータ的には危険だ!


中荒れ傾向
3連単は過去8年で6回が万馬券になっている。
人気薄でも平気で馬券に絡むので、人気馬も穴馬も満遍なく注意が必要。


JRA馬 vs 地方馬は?
勝利数 6勝:2勝
連対圏 12頭:4頭
複勝圏 16頭:8頭


過去10年で万馬券になったのは…
馬連×0回、3連複×2回、3連単×6回(6桁配当×1回)


3連複から3連単のアップ率
4.69倍(過去8年)


リピーターが強い地方交流重賞
今年の該当馬は去年の優勝馬「ノブワイルド」と2017年3着「ブルドッグボス」


オーバルスプリント-平均配当

データは過去8年
券種平均配当最低配当最高配当
単勝615円270円960円
馬連1,530円630円2,760円
三連複8,401円620円37,290円
三連単41,380円5,050円174,930円



オーバルスプリント-人気別成績

データは交流重賞後の過去8年
人気1着2着3着勝率連対率複勝率
1人気0210%25%37.5%
2人気32137.5%62.5%75%
3人気0120%12.5%37.5%
4人気40050%50%50%
5人気12112.5%37.5%50%
6人気0010%0%12.5%
7人気0110%12.5%25%
8人気0000%0%0%
9人気0010%0%12.5%
10人気以下0000%0%0%


オーバルスプリント-地方馬成績

地方馬が馬券圏内に入ったのは過去8回で9例
2勝 2着2回 3着4回

馬名所属着順人気
2018年ノブワイルド浦和1着4人気
0000年トーセンハルカゼ浦和3着9人気
2017年ブルドッグボス浦和3着3人気
2016年ソルテ大井2着1人気
2016年レガルスイ船橋3着7人気
2013年セイントメモリー大井1着4人気
2013年ジョーメテオ浦和3着6人気
2012年トーセンアレス浦和2着7人気
2011年ディアーウィッシュ船橋3着5人気


独断と偏見に満ちた出走馬レビュー

1.ダノングッド[大井]
地方交流重賞【0.0.0.1】

JRAからの転厩初戦

交流重賞の経験は2017年の東京スプリントの4着(勝ったのはキタサンサジン)の1戦のみ。
今年も中央のOPで2着があるように力が衰えている感じはしないけど、そもそもの地力が相当微妙
絶好の1番枠でも抑えまで。


2.ノブワイルド[浦和]
地方交流重賞【1.0.0.2】

浦和ではいつも好枠をゲットしているイメージだけど、今回も順調に好枠をゲット。
去年のオーバルスプリントはメンバーや展開に恵まれた部分も少しあったと思うけど、前走のプラチナカップは重賞から重賞へ連闘で挑んで1分25秒台でキタサンミカヅキに完勝

7歳馬だけど競走馬人生今がピーク
サクセスエナジーと3kg差があるのも有利


3.サクセスエナジー[JRA]
地方交流重賞【3.2.0.1】

交流重賞で実績十分なだけに重量を背負わされるのが唯一の不安点
交流重賞過去3勝は54kg、56kg、58kgで斤量自体に不安はないけど、他馬との比較で不利なのは間違いなく、性別の違いもあるけどヤマニンアンプリメとは5kgの差がある。
2着に下した黒船賞の時は4kg差だったので1kg開いた。

浦和は2戦1勝2着1回で適正に不安無し。
確勝級とまでは言えない1番人気濃厚馬だけど馬券から外す理由は見当たらない。


4.エッシャー[浦和]
スピード能力は間違いのない所だけど一線級との対戦は今回が初めて。
ここは同厩ノブワイルドに続いていって、後方の中央勢にそれより外を回させる役回り。
例え3コーナーで失速しても邪魔になるので良しの精神。


5.ワイドファラオ[JRA]
地方交流重賞【初出走】

前走初ダートでユニコーンSをあっさり勝ってしまったのには驚いた。

そのユニコーンSの勝ちタイムは重馬場でほぼ水準レベル
メンバーレベルは負かした相手が出走していない事が多くて測るのが難しいけど、10着までに入ってその後出走した馬は4着ヴァニラアイスがエニフSでエアアルマスの2着、5着エルモンストロがレパードSで10着、7着デアフルーヴ(1番人気)はJDDで8着と微妙な成績

ダートスタート、小回りトリッキーな浦和を克服できるか。


6.ノボバカラ[JRA]
地方交流重賞【1.2.2.4】

謎に大井の藤本現暉が騎乗
前走のクラスターカップは絶対の自信を持っていらないと思っていたけど、今回はベストの1400mで前走よりは怖い。
ただ好走パターンが先行からの粘り込みなので、ハイペース必至の今回どこまでついていけるのかが未知数


7.ブルドッグボス[浦和]
地方交流重賞【1.3.3.5】

謎に北海道に移籍したと思ったらあっさり出戻ってきてよくわからない。

緩やかに力が衰えている感じで、重賞でもいいところには来るけど圏内が遠い状況。
それを示すように交流重賞の4着以下5回の内の4回が近4走


8.デイジーカーニバル[船橋]
3歳の時は中距離路線で常識にかからない走りを見せていたけど、短距離にシフトして本格化
南関限定重賞なら面白い所があると思うけど、まだここでは荷が重い。


9.ヤマニンアンプリメ[JRA]
地方交流重賞【2.2.1.0】

前8勝の内の7勝が1200m以下でのもので、1400mでは12戦して1勝
その1勝も未勝利戦でのもので、基本的に1400m戦では勝ちきれていない。

好調の近10走を見ても全成績では【4.4.0.2】だけど
1200m戦【4.1.0.0】
1400m戦【0.3.0.2】
と違いは明らか。

展開はバッチリはまりそうなだけに、後は最後のひと押しが効くかどうか。


10.リボンスティック[川崎]
新人の福原杏騎手が交流重賞に初出走

ちなみに杏と書いて「まい」と読む。

だが男だ。


11.ミヤジマッキー[浦和]
冨田厩舎所属の9歳馬、完全なる賑やかしである。


オーバルスプリント-前日予想

こういうの書きながら予想しているとどうしても予想が堅くなってしまうのだけれど、荒れ気味の傾向を踏まえると、ここは捻りたい所。

1番人気のサクセスエナジーは特に大きな理由もなく退場していただいて、ヤマニンアンプリメからの差し差し馬を揃えた3連複と3連単

ノボワイルドとヤマニンアンプリメを縛って、相手にダノングッド、ノボバカラ、ブルドッグボスの穴馬を揃えた3連複、3連単

あとは「4番人気絶対説」と「1400mのヤマニンアンプリメどうせ2着説」を信じてワイドファラオ1着➡ヤマニンアンプリメ2着の馬単

小さな投資で大きなバックを狙えば外れた時もダメージが少ない!!!

外れる前提か!!!


blogmura

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事