【2023年版】皐月賞馬が日本ダービーで1番人気になるか否かで成績激変のデータ
スポンサーリンク

人気から過去30年分の東京優駿を紐解く

皐月賞馬が日本ダービーに出走して1番人気に支持された時とされなかった時の成績の違い

データはTARGETで遡れる1986年からの過去37年分


1番人気に支持された皐月賞馬の日本ダービー成績

馬名人気着順
1991年トウカイテイオー1人気1着
1992年ミホノブルボン1人気1着
1994年ナリタブライアン1人気1着
2000年エアシャカール1人気2着
2003年ネオユニヴァース1人気1着
2005年ディープインパクト1人気1着
2006年メイショウサムソン1人気1着
2009年アンライバルド1人気12着
2010年ヴィクトワールピサ1人気3着
2011年オルフェーヴル1人気1着
2014年イスラボニータ1人気2着
2015年ドゥラメンテ1人気1着
2016年ディーマジェスティ1人気3着
2019年サートゥルナーリア1人気4着
2020年コントレイル1人気1着
2021年エフフォーリア1人気2着

1番人気に支持された皐月賞馬の成績は素晴らしい。
16頭が出走して【9-3-2-2/16】

勝率:56.2%
連対率:75.0%
複勝率:87.5%
馬券圏外率:12.5%

まさに馬券から外すは無謀とも言える好成績
1頭だけ盛大に馬券圏外へ飛んでいったアンライバルドは稀に見る極悪馬場に泣かされた所があって擁護すべき部分があるし、サートゥルナーリアは4着には来ている。
日本ダービーで1番人気に支持された皐月賞馬は信用していい。


1番人気に支持されなかった皐月賞馬の日本ダービー成績

馬名人気着順
1986年ダイナコスモス2人気5着
1988年ヤエノムテキ2人気4着
1989年ドクタースパート4人気14着
1990年ハクタイセイ2人気5着
1993年ナリタタイシン3人気3着
1995年ジェニュイン2人気2着
1996年イシノサンデー3人気6着
1997年サニーブライアン6人気1着
1998年セイウンスカイ3人気4着
1999年テイエムオペラオー3人気3着
2002年ノーリーズン2人気8着
2004年ダイワメジャー4人気6着
2007年ヴィクトリー2人気9着
2012年ゴールドシップ2人気5着
2013年ロゴタイプ2人気5着
2017年アルアイン4人気5着
2018年エポカドーロ4人気2着
2022年ジオグリフ4人気7着

皐月賞を勝ってダービーで1番人気に支持されなかった馬は過去30年で15頭と1番人気に支持された馬よりも実は多い。
それほど中山2000mと東京2400mでは求められている適性が違うという事

ではその不安があった皐月賞馬15頭の日本ダービー成績はと言うと

【1-2-2-13/18】
勝率:5.5%
連対率:16.6%
複勝率:27.7%
馬券圏外率:72.3%

ダービーで1番人気に支持されなかった皐月賞馬の3頭に2頭以上が馬券圏外に消えていく。

2番人気でも【0-1-0-7/9】なのでとにかくダービーで1番人気に支持されない皐月賞馬は信用できない。

オッズは周知の結晶と言うけれど、それも的確な表現かもしれない。

唯一の勝利馬が皐月賞馬の中では最低となる6番人気のサニーブライアンというのも面白い

blogmura

スポンサーリンク
おすすめの記事